2019年05月02日

播磨の中世武家 三木氏の足跡を探しに英賀遠征

いま、某民俗誌に連載している
「播磨の中世武家の家紋地歴史を探る」の次回に
三木氏を取り上げるので西播の英賀保に遠征した。

IMG_3839.JPG

篠山口駅9時46分の快速に乗り、尼崎で新快速に乗り継ぎ
姫路駅で播州赤穂行きに乗り換え英賀保駅まで2時間10分
英賀保駅に降り立つのは30年ぶりのことであった。

続きを読む
posted by うさくま at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年05月01日

改元と即位、市名変更、時代は変わるが・・・

昨日、平成が終わり、今日から令和元年となる。
平成天皇は譲位して上皇となり新天皇が即位、
今日のマスコミはその話題で終始することだろう。
平成の幕開けは昭和天皇の崩御を受けたものだったこともあり
即位を心から祝うというムードではなかった。

今回の令和は憚ることない祝賀ムードとなり、ニュースでは
馬鹿騒ぎ、カラ騒ぎをする姿が報道されている。
いささか、浮かれ過ぎてはいないかと思ったのは私だけ?

続きを読む
posted by うさくま at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月29日

三田図書館で三田藩士の史料を見る

今日は曇り、相方と長女&孫ゲンの四人で三田図書館に出かけた。
播磨後藤氏の記述があるであろう「福崎町史」を目的に
出かけて行ったのだが、期待をしていた記事はなかった。
ついでダメ元で「西脇市史」を開いてみると
意外にもしっかり播磨後藤氏に関する叙述があった。
安田庄に拠った後藤氏の歴史が俯瞰できたが
福崎の春日山城主という後藤氏との関係への言及はなかった。

他には、「中町史」「八千代町史」に播磨後藤氏の記述が
あるようだが三田市立図書館の蔵書にはない。
引き上げようと思っていたところ三田藩にかかる資料を発見!

続きを読む
posted by うさくま at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2019年04月28日

母坪城跡、西側ルートを登る

先月登った母坪城跡、ディスカバーガイドの同人に
登り道があるよとの話を聞き、それは探らねばと登ってきた。

a58781536_2712807732123060_3109899060694220800_n.jpg
母坪城跡を東から見る
b58818421_2035270586571510_4454252931335585792_n.jpg
西側から登る、一種の枡形といえる曲輪

どこじゃろう?と探しながらあるいていると西側山麓の竹藪に
ウス〜イ道らしきものがあり、登ってみると西側斜面の曲輪。
そこからウッスラと道らしきものが続き北端曲輪へと登りついた。

c59203939_2712808688789631_2217969966907392000_n.jpg
登り着いた北の曲輪

続きを読む
posted by うさくま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2019年04月27日

たつの古城から城山まで縦走

今日はかねてよりの念願だった、たつの古城から
的場山経由で城山城までを縦走せんと、たつの市に遠征した。

城山城東麓の船渡交差点角のローソンに9時待合せ
1時間と少しで行けると踏んでいたが、10連休の初日!
いつもガラガラの国道も、中国道も、ローソンへの道も
交通量の多いこと、集合時間ギリギリにローソンに到着。

a58443179_2710654455671721_7082694632118681600_n.jpg
今日のトレッキングルートとなる山並み

今日の参加者は、いつものTさん、Sさん、タケさん、
そして相方と自分を含めた気心の知れた小グループである.

続きを読む
posted by うさくま at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2019年04月26日

竜胆車紋に翻弄される

帰省してくる長女と孫を亀岡まで迎えにいった帰りに、桜石(菫青石仮晶)があるという桜天満宮と積善寺に寄り道した。いい感じの古刹と古社、しかし桜石は見られず。今度、背後の山上にある山城登山を兼ねて探してみようかな。

58737402_2032342220197680_415605473924874240_n.jpg

58381531_2032342743530961_6167984988844195840_n.jpg

ところで積善寺は浄土宗の西山派禅林寺流に属し、寺紋は「竜胆車」であった。日本の仏教寺院で「竜胆車」紋といえば、道元を宗祖とする曹洞宗の寺紋として知られる。

続きを読む
posted by うさくま at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2019年04月25日

ディスカバーささやまグループ 総会

毎年、この季節恒例のイベントとなっている
ディスカバーささやまグループの総会に出席。

昨年度、親しかった三人のガイド仲間が退会、
新しい顔ぶれが増え、なんとなく気詰まりなような。

IMG_3567.JPG

IMG_3569.JPG

また、ガイドとして出役することが多かった
山イベントへの協力も見合わされることになるなど
いささか座り心地の悪くなった感も否めない。

続きを読む
posted by うさくま at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月21日

多紀郡の一角にあったという「消えた村」を探る

昨日の疲労が残った身体にムチ打って、
篠山の一角にあったという夙集落の名残という墓地探索に出かけた。
丹波新聞に取材記事が載って以来、気にかかっていた史跡だ。
行く前に、以前、丹波新聞社のアーカイブに上がっていた記事を
改めてチェックしようと思ったが既に削除されていた。
記事を見た時も「ありゃ、これは」と思ったが、やはりということか。

IMG_3464.JPG

ということで、記事の内容を思い出しながら場所を探したが
獣防柵に前途を遮られ行きつ戻りつしながら入り口を探すも見つからない。

IMG_3461.JPG

IMG_3463.JPG

ともあれ柵越しに潅木を掻き分け、汗みずくになりながら入口を探して
歩くことしばし、見つかった入口は老人ホームの裏側にあった。
目指す墓地は、入口より山中に伸びる山道の傍らに祀られていた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年04月20日

丹波、向山から譲葉山を縦走

IMG_1705.JPG
今日の丹波は見事な快晴。
予定通り、城友のSさんとヒカゲツツジ観賞と山城探索に出掛けた。
柏原と氷上と春日にまたがる向山はヒカゲツツジの名所であり
先週登られたSさんによれば山城跡らしき地形地形があったという。
「それは行かずばなるまい!」になったが、せっかく登るのならば
向山から清水山を経て、明智光秀の陣城がある譲葉山までの
縦走にチャレンジしようということになったのだ。

1_57277837_2022620441169858_7287431355137261568_n.jpg

午前9時前、柏原八幡宮の駐車場で落ち合い、登り口のある
水分れ公園まで移動。この水分れ公園は、日本で一番低い分水界。
向山に発した水は西流し、日本海、瀬戸内海へと分かれていく。
公園内に鎮座する いそ(山石)部神社で水を汲んでいた方に水分れについて
ひとくさりガイドをいただき、向山への登山を開始した。

続きを読む
posted by うさくま at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2019年04月18日

孫ウーが北欧へ帰って行った

3月のはじめにノルウェーから唐突に帰省してきた
次女と孫ウーが帰っていった。
今日明日、大阪に泊まって、20日の飛行機で
ノルウェーに発つらしい。

一ヶ月半の長滞在、最初は警戒していたようだが
次第に懐いてくると腕白ぶりを発揮
なんやかやと毎日燥ぎまわっていた。

続きを読む
posted by うさくま at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記