2018年12月09日

波々伯部氏の家紋探索

先週、再訪した墓所で確認、心に引っかかっていた「舞鶴」紋の波部家。
その由緒に関して、 丹波の祇園さんの神職 T さん に問合せると
北嶋集落の波部家の墓所といい、本家波部家の墓所ではない
別途、確認してみます。と嬉しい回答をいただき
その後、波部本家の墓所を確認したと連絡をいただいた。

ということで、今日、神職 T さんのお手をわずらわせて、
波部本家の墓所を案内いただいた。中世武家の系譜を引き
江戸時代は大庄屋として名を馳せた波部本家の墓所であれば
五輪塔や宝篋印塔が立ち並ぶ様子を想像していた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年12月08日

木内さんの展覧会、国宝・鶴林寺を訪問

かねて予定して通り、加古川に遠征。
目的は木内さんの「中世播磨250の山城」展。
ひさしぶりにお会いして、親しく話しを拝聴しようと
思っていのだが、加古川城跡見学会で外出中だった。

47573503_2407024869368016_8435232404028784640_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2018年12月04日

来年度のおもゼミ会議に参加

今日は昼から年休をとって「おもしろゼミナール」
来年度の企画打ち合わせミーティングに出席。
場所は、いつもの中央公民館と思い込んで
出かけると、「なんと!」今日は城東公民館だった。

遅れること十分、恐縮しながら会議に参加。
今日の出席者は公民館担当者のKさん、Mさん
辻のTさん、植物のエキスパートHさん
そしてDさん、田中の六人であった。

おおむね、今年、好評だったテーマを踏襲、
あらたにDさんの旦那さんが研究、発信されている
狛犬を加えることになった。
田中が担当する「国衆と家紋」も継続となったが、
さて、何を取り上げるか?やはり大河に絡む話かな〜?
とは思うのだが、来年のテーマ、難儀しそうだ。
posted by うさくま at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月02日

ふたたび大芋方面に出っ張る

朝、福井の風輪里でうどんを食べようということになり
出かけていったのが十時過ぎ、空いているだろうと
思っていたが、すでに満員。カレーうどんを注文して
待つこと・・十分、気長に待って美味しくいただいた。

47176361_1830758373689400_2851515344290316288_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年12月01日

おもゼミの取材、大芋地区は市野々へ。

今日は早起きして、作成途上にある 「おもゼミ 東部国人家紋編」の
レジュメづくり。一段落したところで大芋の取材に出かけた。

47296368_1829029733862264_6848903408825401344_n.jpg

畑に行きたいという相方を畑に降ろしたたあと
山上、山崎、山田家などの「菊に雁」紋の墓石がある
福井の墓地にお邪魔。ここにあるだろうと想定していた
宮林さんの墓石を発見、家紋は「折敷に林の字」紋だった。

続きを読む
posted by うさくま at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年11月26日

来月に迫った おもゼミ の行程チェック行

いよいよ来月に迫った公民館事業の
おもしろゼミナール「国衆と家紋 東部編 again」。
ゼミツアーの行程チェックと追加取材にスタッフの方々と
訪問予定地のある旧丹波国多紀郡東部を回った。

a47007550_1823191697779401_3238066171911602176_n.jpg
波々伯部神社 からスタート

続きを読む
posted by うさくま at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2018年11月25日

波多野秀治ゆかりの地歩き ガイド役を務める

市から受託した「日本遺産・創造都市めぐりツアー」
その一つ『波多野秀治ゆかりの地歩き』を担当。
担当&ガイド役として下準備、見学先との交渉を進め
今日、いよいよ本番当日を迎えた。天気は晴れ
参加者は定員20人を越える27人、ツアーは
篠山城天守台から高城山上に残る八上城跡遠望からスタート

bDSC_0167.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2018年11月24日

備前浦上氏の家紋探索に岡山に遠征

いま進めている「歴史民俗誌Sala」の次号原稿、
今回とりあげた浦上氏の家紋調査を播磨中心に続けてきたが
備前が調査できていないモヤモヤ感を排除するため
思い切って備前方面の取材に飛び出したのだった。

aIMG_9742.jpg
山陽道備前インターチェンジ

篠山口から372号線を西進、加古川北インターチェンジから
山陽道をひた走り、備前インターを下りてすぐのところにある
木谷の公民館傍に佇む浦上村宗の供養塔をウォッチ。

b46508770_1678986308874091_349660103680458752_n.jpg
浦上村宗の供養塔

続きを読む
posted by うさくま at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年11月23日

篠山城大書院、第九回 戦国祭に参戦

篠山城大書院、秋の恒例イベント「戦国祭」
振り返れば、第一回目は一入館者として講座を拝聴した。
翌年から、一職員として戦国祭に家紋講座の担当として参加。
以後、家紋に関わる出しものの担当を務めている。

sengoku2018_A.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月19日

大阪キタ、グランフロントを楽しむ

昨晩、鷺洲のマンションにみんなで宿泊、
うるさいと想像していたが、静かな夜だった。

今朝、梅田に出ようとJR福島駅まで歩くこと10分。
駅までの道筋にはマンションやビルが林立しているが
その一方で古い町並み、商店街も残っている。

46489708_1814495091982395_1110252374615654400_n.jpg

なんとも不思議な雰囲気をまとっている町だ。

二十代のころ、海老江、福島に勤めた時期があり
福島駅は相変わらないが、当時は国鉄、いまはJR、
思えば四十年近く前のこと、時の流れを実感する。
続きを読む
posted by うさくま at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き