2018年09月09日

戦国セミナーを聞かんとて、雨のなか丹波市へ出動

朝から大雨。
予定通り、セミナー「明智光秀を学び、丹波の英雄 赤井直正を語る 
〜光秀を学び、直正を知る〜」の聴講に出かけて行った。
会場となる柏原住民センターの駐車場は雨だというのに満車状態、
参加者定員60名を大きく越える100人以上の人人人、
戦国人気と大河の決定が後押しする、明智光秀と黒井直正への
注目度の高さに驚いた。

IMG_6623.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴講録

2018年09月08日

講座「丹波学」第二講を拝聴。

講座「丹波学」第二講『応仁・文明の乱と丹波の情勢』
講師は武庫川女子大学古野貢准教授を聴講。
会場は自分も含めて、ほとんどがお年寄り! 

IMG_6608.JPG

IMG_6612.jpg

お題は呉座勇一氏のヒット著作で
世間から注目を集めた「応仁の乱」であり、
「丹波の情勢」とある。当然ながら、丹波にからむ話を期待した。
しかし「おお!」というほどの新味がなかったのが
なんとも惜しまれた、・・・かな( ´ ▽ ` )

posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

DSG 土曜会、石垣刻印の話を拝聴

月に一度のディスカバーささやまの土曜会に出席、
前半、恒例の連絡会がいつもの通りに行われた。
後半の勉強会は、いつもの会員による研究発表ではなく
篠山城石垣の刻印調査・研究を続けられている大森さんの講座。

大森さんの刻印調査の話は、昨年、拝聴する機会があり
その学究も及ばぬ調査精度とアプローチの素晴らしさに
感じ入ったことだった。先日も篠山市民文化講座で講師を務められ
好評を得たと聞いた。それを聞かれたDSG役員の一人が
ぜひディスカバーささやまでも講義をしてほしい
と依頼をされ、今日、改めてお話を聞く機会を得たのだった。

IMG_6639.JPG

昨年、聞いたときは事のついでであったが
今日はレジュメも配布され、さらに研究が進んだ大森さんの話は
熱を帯び、大変おもしろく聞かせていただいた。
講義は所定の時間を越えること20分、最後まで聞きたかったが
次の予定があることでもあり残念ながら中座したことだった。

大森さんの講座は座学を二回、実地見学を一回の
3回に分けて行われるとのことなので、
次の土曜会(ささやま味まつりとブッキングする気配)も
何とか出席して今日の続きを拝聴したいものだ。
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月06日

大河をにらんだ戦国ウォーキングツアーの準備

再来年の大河ドラマが明智光秀を主人公とした
「麒麟が来る」に決まって久しい。篠山も大河ドラマを受けて
光秀と戦った八上城主 波多野秀治を核とするPR作戦を
ボチボチというか、遅速というか、何となく進めつつある。

その一環として篠山市役所からの委託を受けて企画、運営する
『ささやまの「日本遺産」を周知するツアー』のコースに
「波多野秀治ゆかりの地歩き」を実施することになった。

続きを読む
posted by うさくま at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2018年09月05日

王地山陶器所でペン立て作り

久しぶりに王地山陶器所に出かけて
夏以来、ズッと作業を続けているペン立て作りに勤しんだ。
前回に引き続いて、素焼の表面を水洗いして釉薬工程、
プツプツできた穴を筆に付けた釉薬で埋める。

IMG_6568.JPG 焼きあがったペン立て

IMG_6569.JPG
素焼きのペン立てを釉薬に浸す

こねて、型に入れて、模様を捺して、素焼き
そして、拭いて釉薬に付ける、穴を埋める
その後に本焼きとなる。
たかがペン立てにこのプロセス、
手作業のモノづくりは骨の折れることである。
posted by うさくま at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月01日

家紋講座のレジュメを編集。 家紋講座のレジュメを編集。

今日は雨。
家に閉じこもって、10月に予定されている
家紋講座のレジュメを編集。

40455513_1719963448102227_4807637518985986048_n.jpg

内容はおなじみの鉄板ネタである
「戦国武将の家紋と名字にさぐる我が家のルーツ」
基本は変わらないが、講座を依頼していただいた自治体に
ふさわしいネタを盛り込むようにしているのだが、
今回うかがう町はおおいに難儀しているのである。

頭をひねりながらの資料づくり
作業のBGMはテケテケテケのベンチャーズだ。
posted by うさくま at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月31日

おもゼミ 東山城整備作業に出役

今日は夏休みを取得。
11月に予定されている「おもしろゼミナール 山城編」
に向けて、訪問予定地の一つ東山城の整備作業に出動。

朝九時、集合したのはガイド役のTさんサポート役のDさん、
そして自分の三人。天気予報では雨だったが、まずまずの天気
先日の台風で山道に折れ散った木の枝を排除しながら
主郭まで登っていった。久しぶりの東山城跡は思ったほど荒れていない
曲輪も土塁も切岸もいい感じの状態であった。

続きを読む
posted by うさくま at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年08月26日

戦国倶楽部 懇親会 に参陣 戦国倶楽部 暑気払い懇親会 に参陣

ひっさしぶりに大阪に遠征、
目的は戦国倶楽部 夏の懇親会への参陣。
会場は佐吉支配人の営む焼き鳥屋「とり秀」
倶楽部においては鉄板ともいうべき店である。

40086260_1713879282043977_2993828437103214592_n.jpg
丹波から一時間と十分、大阪駅で環状線に乗り換え。

丹波から最寄駅の杉本町まで2時間の道程
ちょっとしたミニ旅行である。

続きを読む
posted by うさくま at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2018年08月25日

講座「丹波学」2018、第一講を聴講

朝、淀山城跡整備作業で汗だくになった身体を
シャワーでサッパリしたのち、ビールを一杯!
といきたかったが、講座「丹波学」の開会式
そして第一講の聴講に出かけて行った。

今年度のテーマは「今に息づく丹波の遺産」
第一講は、あの福島克彦さんによる「黒井城と福知山城」
明智光秀が2020年の大河に決定したことで
丹波の戦国史にもスポットライトが当たることは必定
とくに八上城の波多野秀治、黒井城の赤井直正は
いろいろな形で取り上げられることになるだろう。

続きを読む
posted by うさくま at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

朝、辻淀山城跡整備作業に参加

台風の名残であろう小雨がパラつき湿気がまといつくなか
二ヶ月ぶりに淀山城跡整備作業(前回、雨で中止)に参加。

今日の参加者は、子ども一人を含む八人
予定されている作業は東南に位置する井戸曲輪の上部に
設けられた帯曲輪と城址西方の帯曲輪南部とを結ぶ道開け。
本来なら城道はないところだが、秋の見学会を踏まえて
参加者が移動できるコースを開こうというものだ。

39989491_2212420022161836_9045759625743302656_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城