2018年06月24日

未だ、無名に甘んじている市内某所の山城再訪

朝一番に、一昨年の正月、確認した無名の山城に再訪してきた。
その所在地から、自分のなかでは仮に東浜谷城としている。
一昨年同様、村墓地跡の六地蔵かたわらに車を停め
前回、下ってきた尾根筋から城址へと登って行った。


IMG_8266.JPG
登り口より八上城跡を遠望
IMG_8276.JPG
うっすらと道らしきものはあるが、直登
続きを読む
posted by うさくま at 18:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年06月23日

丹波国氷上郡青垣は遠阪で墓地紋をめぐる

昨年の秋より、丹波国氷上郡青垣町に散在する
お寺の墓地や村墓地にお邪魔して家紋探索を続けている。
青垣町で驚かされるのは「足立」名字の多さと
名字は違えながらも「五本骨扇」紋を使用する家の多さである。

先月、山城見学会に但馬に出っ張った帰り
遠阪峠を越えた青垣町遠阪の西方寺に十年ぶりに再訪。

IMG_4573.JPG 西方寺の石仏(2009.07.23)

続きを読む
posted by うさくま at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年06月17日

恒例、但馬此隅山城跡の整備に参加

今日は梅雨間の快晴。
予定通り、但馬守護職に任じた山名氏の此隅山城の整備作業に
ボランティア参加するため但馬は出石に遠征。

35414595_2071050599632113_1517545235691864064_n.jpg

但馬古代学習館に九時集合、事務局の川見さんから挨拶
参加者の軽い自己紹介をすませてのち、主郭へと登って行った。

IMG_8128.JPG
今日の参加者は、大阪、鳥取、尼崎、西脇、姫路などから約20人

続きを読む
posted by うさくま at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2018年06月16日

摂津・丹波・播磨、三国の境目に位置する蒲公英城跡

先日、戦国同人のM氏より、神鉄道場駅すぐにある山城
蒲公英城跡(松原城跡)が宅地造成で消滅するという情報をもらった。
十年以上前にきたときは、雑木と笹竹が生い茂る、あまりな
藪状態を前にして城域に踏み込むのがためらわれたことだった。

IMG_1305.JPG
2006.03.19  神戸電鉄道場駅方面より撮影
         ↓↓↓↓

81445716-DB69-43B4-B846-5320916B23EF.jpeg
2018.06.16 同方向より見た今日の蒲公英城

蒲公英城跡は赤松円心の四男で南朝に味方した氏範が南北朝期に築城、
その後、同じく赤松一族の松原氏が城主となって戦国時代を迎えた
最後の城主松原義富は別所氏に属し、羽柴秀吉の播磨攻めに抗戦、
小さな松原城跡は、あっけなく落城したという。
神戸市の文化財指定は受けていないようだが、城址にはチャンとした
説明カンバンもあり、史跡と認識されているのに乱暴なことである

続きを読む
posted by うさくま at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 摂津の山城

2018年06月13日

戦国仲間と丹波篠山の山城をめぐる

明智光秀の大河ドラマにかけた丹波篠山ミニオフ会
「八上城跡中心に、波多野氏ゆかりの戦跡を歩く」に汗を流した。
メーンの八上城跡をネッチリ探索したのち、奥谷城跡 →野間砦跡 →
畑氏館跡(土居の内)→大上西ノ山城跡 →般若寺城跡まで
波多野氏と明智方陣城群をめぐり、おまけに淀山城跡を踏破した! 

今日の参加者は、総勢5人と少人数。
篠山口駅で集合して車に乗り合わせて八上城跡へ。

34788469_2055090734561433_7047453081130237952_n.jpg

春日神社口で全員集合、今日のレジュメを配布
それぞれの自己紹介もそこそこに登山開始となった。
前田主膳屋敷の切岸を横目に本来の大手ルートから踏み込み
主膳屋敷と主膳供養塔を写真に収め、
北西尾根筋を登っていった。もう何度も登ったルートだが
相変わらずの急斜面、踏ん張って鴻ノ巣曲輪まで。

続きを読む
posted by うさくま at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2018年06月10日

青垣町で梅花藻、家紋ウォッチ

昨日の地元紙に「梅花藻」の開花情報が掲載されていた。
梅花藻は「バイカモ」は「鴨」の一種かと思っていたのだが
静岡県にある柿田川に行ったとき「藻」の一種であることを知った。
いわゆる「知らぬが恥」を地でいったことが思い出される。

さて、新聞に掲載された梅花藻は丹波市青垣町にある
古刹、高源寺すぐのところにある清水川に咲いているという。
早速、行ってみようと、高源寺へと出っ張った。
どこかな?と探したが見つからない、地図を見ると
高源寺すぐのところに梅花藻自生地があるではないか。

20180610_image1.jpeg

続きを読む
posted by うさくま at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2018年06月08日

篠山市歴史美術館の企画展を鑑賞

5月29日からはじまった
篠山市立歴史美術館で開催中の企画展
「人々に描かれし篠山城」を鑑賞。

34778690_1598577586907481_72225892331421696_n.jpg

旧篠山藩主青山家に伝来した篠山城絵図を中心に
明治、昭和のころに描かれたり、模写された城絵図
さらにありし日の篠山城を描いた絵画や古写真、
などなどが展示されている。

34671542_1598577753574131_8580974495651594240_n.jpg

34745860_1598578093574097_4508733367419666432_n.jpg

歴史美術館の第三展示室のみを会場とした
展示品も派手さのない地味なものばかりという
小粒な企画展ではあった。しかし、ジックリ見ると
当時の姿が彷彿とされてきておもしろかった。
posted by うさくま at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2018年06月06日

丹波篠山観光ボートの片付け

昨年の春より、現職場が管理・運営をしている
篠山城跡北堀を池に見立てた丹波篠山観光ボート。

やや早めに満開となった桜前線に
若干、遅れ気味な4月1日に営業をスタート
4月の土日から五月の連休、そして土日と続けてきた。

26196114_1746806542032015_4654018693971093054_n.jpg

お世辞にも満員御礼になる日はほとんどなかったが
春の観光アイテムとしては注目されたようではある。

続きを読む
posted by うさくま at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月03日

篠山子ども狂言 2018年度 稽古スタート

今年も、篠山子ども狂言 2018年度の取組が
文化庁「親子教室事業」に採択され、
その初回として参加者の顔合わせを行った。

今年の一月に2017年度の発表会を開催してのち
早くも五ヶ月が経過。その間に子どもたちは中学生、高校生に成長
果たして何人の子どもたちが参加してくれるかと気をもんだが
蓋を開けると十人の子どもたちが参加してくれた。

続きを読む
posted by うさくま at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月02日

駅からハイキングのガイド出役

白髪岳から丹波茶の里ハイキング、DSG として出役。
四人出役と聞いていたが二人リタイア。
あれ?!と思ったが、好天に恵まれたなか
最後尾についてウォーキングをスタート。

不来坂手前から住山集落、前方に白髪岳の山容を望みながら
登り口になるワン谷林道なかばの四阿まで一時間の歩き。

a34193739_1593274594104447_7426178525582852096_n.jpg
前方に聳える白髪岳へ。参加者はスタッフ入れて44人

続きを読む
posted by うさくま at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き