2017年10月15日

春日神社の秋祭り

昨日から春日神社の秋祭りが行われている。
行く予定はなかったのだが、仕事で付き合いのある某社の
「春日神社の祭礼ツアー」企画に乗っかるかたちで
祭礼で賑わう城下町に出かけた。

22490130_1384376944994214_5074124711700404635_n.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2017年08月16日

篠山の夏といえばデカンショ祭

篠山市四文化施設を館管理しているいまの職場に勤めて七年、二年目より四館の事務方を担当するようになってのち、四館を主体に行われるイベントに出動するようになった。

デカンショ祭の両日も、入館者増と篠山の町ピーアールを目的にミュージアムカフェを開催。そのカフェ一員として、ビールやつまみの販売、客さんの呼び込み、裏方として材料などの運び屋などに汗を流すのが恒例となっている。

例年、歴史美術館において店開きをしてきたが、今年はデカンショの小径とデカンショ館へ観光客を誘うため北の堀端に位置する地方門から青山歴史村までをカフェ化、デカンショ観光客のおもてなし(呼び込みと販売)に努めたのだった。

0816_DSC_0004.jpg

一昨日に下準備を行い、昨日の初日はまずまずの人出、続く2日目の今日もいい感じのおもてなしができた。ここ三年、デカンショ祭が雨にたたられ、途中で中止になるということもあった。今年も雨がぽつぽつするという不安な空模様のときもあったが、まずは中止になることもなくデカンショ祭は滞りなく終わった。

20767992_1335981833167059_6316907119937510172_n.jpg

0816_DSC_0071.jpg

20768063_1335981823167060_3966989333540347955_n.jpg

20770024_1335981939833715_7553979066158216261_n.jpg

今年は両日ともに平日で観光客の出足も鈍いのではと心配されたが、デカンショ祭のメーン会場に通じる一等地にカフェを構えたこともあって、カフェ企画をはじめて以来の活況を呈した。目的であったデカンショ館の入館者も昨年を大幅に上回る成果が得られたそうで、おおいに満足できる結果となったようだ。

明日は後片付けに忙殺されることになるだろうが、まずはトラブルもなく無事イベントを終えてよかった。とはいえ、スタッフの高齢化が進んでいることを思えば、このカフェ企画も曲がり道になっていると思わざるをえない。

posted by うさくま at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2017年08月06日

波々伯部神社の夏祭を楽しむ

丹波の祇園さんと呼ばれる波々伯部神社の夏祭りの本宮、久しぶりに楽しんだ。昨日、神社を訪ねて宮司さんにお話しをうかがい、今日、京都から遠征されてきた勇矢氏と一行、ウイズささやまが企画・実行する祭り見学ツアーと一緒になって祭を堪能した。

hokabe2017_01.jpg

hokabe2017_02.jpg

hokabe2017_03.jpg

神社の氏子集落から山車が続々と集まり、神社境内に勢ぞろいした姿は、賑々しくも、華麗で勇壮。そして、ハイライトの御旅所渡御へと祭礼は盛り上がっていく。緑の山、田畑のなかを御旅所へと山車が渡御する光景は何度みても飽きることのない素晴らしいもの。丹波篠山に祀りは数々あれど、波々伯部神社の夏祭りの渡御は別格というしかない。

hokabe2017_04.jpg

hokabe2017_05.jpg

hokabe2017_06.jpg

hokabe2017_07.jpg

波々伯部神社のお札「藤鯛」を宮司さんからいただき、早速、我が家の玄関に貼らせていただいた。これで、いろいろな厄を「封じたい」と願う。

IMG_3427.JPG

posted by うさくま at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2015年11月22日

戦国祭2015に参陣

今年で六回目を数える「戦国祭」に参加した。
そもそも篠山に引っ越した翌年に、戦国イベントをやっていることを知って
入館者として第2回目の祭り見たときは、
まさか自分が観光客を迎える側になるとは思いもしていなかった。


20151122_flyer.jpg


翌年の戦国祭に「家紋講座」と自作の紙製甲冑を着用して
甲冑体験をされた入館者の盛り上げ役を勤めた。
以後、毎年、家紋講座と甲冑武者を担当、昨年は
模造陣太刀とたっつけ袴を購入、マイ甲冑もと目論んだが
見積額を見て、マイ甲冑は思いとどまったのだった。


2015_1122_0814-01.jpg

篠山の甲冑師・時本氏の作品群


続きを読む
posted by うさくま at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2012年11月11日

篠山城大書院戦国祭に出陣

日本百名城のひとつ篠山城、そのコアとなる建物が大書院。
その大書院を舞台として一昨年より
「戦国コスプレ大会」 が催されている。
今年は観光客ではなく、主催者側の一人としてイベントに参画
コスプレを外して、ズバリ「戦国祭」と銘打って企画のお手伝いをさせていただいた。

篠山城戦国祭2012_01
姫を守るように甲冑武者が勢ぞろい

続きを読む
posted by うさくま at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2009年10月22日

京都三大祭りの一、時代祭を見る。

葵祭、祇園祭と並ぶ京都三大祭りの一つ、時代祭を見てきた。
時代祭は明治二十八年(1895)に京都遷都1000年を記念して始まったもので
歴史も浅く祭りとして熟成していない感じがしていたことと
すでに見物しているウサが「大掛かりな仮装行列や」と言っていたこともあって
なんとなく「見たい!」というほどのものでもなかった。
しかし、行列の衣装群、とくに室町から戦国時代における甲冑は見たかった!
ということで、時代祭を見物してきた。
 
時代祭-列頭
 
時代祭は明治28年(1895)に平安遷都1100年を記念して、 平安京を創始した桓武天皇を御祭神として創建された平安神宮の秋祭りとういうべきものである。京都の誕生日というべき10月22日に、平安神宮創建を祝して京都市民をあげて始められた。

To Be Continued
posted by うさくま at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2009年05月16日

晴天の下で繰り広げられた葵祭

京都三大祭りの一とされる葵祭を見物してきた。葵祭は山城国一ノ宮であるカモ神社の伝統神事であり、葵紋ゆかりの祭だけに一度ならず見ておきたい祭りだ。カモ神社のある洛北まで京都に住んでいたときならちょっと出かけるという感覚であったが、いまの住まいからは車で早くて一時間半、電車ならゆうに三時間は要してしまう。ちょっとした小旅行である。昨年の葵祭の斎王代は娘の友人だったこともあって、ぜひ、行きたいと思っていたのだがクマのスケジュールミスで断念した。それから一年、ウサを誘って朝一番に京都へと車を走らせた。
 
葵祭−下鴨へ
おりからの晴天に恵まれた祭当日
 続きを読む
posted by うさくま at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り

2008年12月17日

若宮おん祭に行く

奈良の春日大社最大の祭りである若宮おん祭りに、有給休暇を取って行ってきた。昨年に続いて二度目、天気は生憎の雨模様だったが、奈良町から興福寺界隈の散策も併せて楽しんできた。昨年は、大和の戦国時代を調べ歩いていたこともあり、中世、おん祭りの担い手であった大和武士らの足跡を訪ねる意味での祭り見物であった。しかし、その意外な楽しさに、今年は「お渡り式」をたっぷり見物しようとウサッチを誘って出かけたのである。まつりのメーンイベントである「お渡り式」は、さまざまな時代の衣装を着た人たちが行列し、王朝時代の雅さ、中世大和武士の厳しさ、江戸時代の大名行列の豪快さを十分に堪能できるものだ。
 
waka0801waka0802waka0804
大宿所から出発する稚児流鏑馬ら
行列の中心的な存在といえる、藤の造り花を冠に挿した日使 
松の下の行事を検知する重要な役目を持った頭屋児

お渡り式の参加者の多くは地元の人々であり、参加者と見物者が挨拶を交わしながら談笑するシーンがあちこちに見られる。まことにアットホームな雰囲気で、観光化されてしまった京都の祇園祭りなどにはない長閑さがあり、見ていて心和むものがあった。また、結構な人出があるものの、行列の舞台が広い奈良公園ということもあって、祇園祭のような身動きもままならないギューギュー詰め状態ではなく、行列を追っかけてスムーズに移動できるのもいい。今年で873回という伝統と格式をもつ有名な祭りだが、総じて、ゆったりとした雰囲気で式次第が進んでいくのが好ましい。お渡り式のあと御旅所で神事が行われたあと、奉納される神楽・猿楽・田楽などの演舞も見物したかったのだが、強くなってきた雨脚と、狭い御旅所に見物客が集中したことで断念、後ろ髪を引かれつつ春日大社をあとにした。

waka0805
waka0803waka0806
稚児流鏑馬  競馬  御旅所祭

相方は演舞を見るのが楽しみだったようで、このまま帰ることに何やら不満の態である。かといって、すでに近鉄駅の地下改札口、雨の降るなかを御旅所まで引き返すのはいささか面倒、ということで嵯峨野で開催中の花灯路に行くことにした。かくして、近鉄電車 → 竹田駅で京都地下鉄 → 四条で阪急電車 → 桂で乗換て嵐山 へ。駅前から続く灯籠の道を渡月橋へ、野宮神社からトロッコ嵯峨野駅までをそぞろ歩く。灯籠に照らし出された竹林の道は、幻想的な美しさと、妖が現われるのではと思わせる不思議さとが入り混じった光景をつくり出していた。

hanato01

おん祭りと花灯路、どちらも日常にはない「雅ワールド」を堪能でき、十分に楽しめた。とはいうものの、奈良公園から嵯峨野までの小旅行はさすがに疲れた・・・。帰って熱燗を飲んだら、その美味い事・・・すぐに酔って、すぐに寝入ってしまった。 by kuma
posted by うさくま at 20:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 祭り