2019年10月04日

眼科で検査、ついでに居館跡をめぐる

昼からにしき記念病院の眼科で白内障の手術に先立つ
諸検査を受けるため年休をもらった。
予約の十三時半まで時間があったため、病院と道路を隔てた
すぐ東の小山に残る西谷館跡に寄ってみた。

10041.jpg

71230119_3136445136425982_1114245139422773248_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年09月19日

おもゼミの下見で八上城に登山してみたが・・・

朝一番、先週、学会に出席ということで休診だった
丹波市の某医院に行って診療を受ける。

医院を出たあと薬を受け取り、一路、集合場所の
城東公民館へと車を飛ばした。丹波から篠山城東まで
約40分、何とか集合時間に間に合った。

0917image1.jpeg
0917 西方の乙女塚あたりから撮影

かくして、今日のメーンイベントである八上城登山。
おもしろゼミナール山城編に係る登山だが、ガイド役の
T さんが発熱により無念のリタイアをされたが、サポート組の
3人が城東公民館に集合して下見登山を決行した。

八月の後半より山上からの展望を確保するため
主郭部を中心に木々の伐採が進められている。
実際に現場に立ってみると、城跡にあった木々、バッサバッサと切られていた。

a70419484_2276941452404421_3584366704928489472_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年07月06日

相方のニュー山靴慣らしに八上城跡に登る

この土日、天気も芳しくないとの予報も出ており、
来週と八月に予定されている戦国講座の
レジュメづくりに頑張ろうと思っていた。
早起きしてレジュメ作りに励んでいたところが、
意外なことに陽の射す薄ぐもりとなってきた。

雨が降らないとなれば、どこかに行きたい気分となる。
では、今月末に信州に遠征するという相方が購入した新しい山靴の
慣らしに付き合って山に登ろうということになった。
さて、それではどこに登ろうか?まずは松尾山、ついで金山城跡、
唐櫃越え、そして八上城跡の四択から決めることになった。
唐櫃越に惹かれたが、その行程を考えれば悩ましい
ということで、来る講座を睨み八上城跡登山をチョイスした。

IMG_3578.JPG
暗雲におおわれた八上城跡
続きを読む
posted by うさくま at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年06月22日

辻の山城整備に、ひさびさに出動

週間天気予報では「曇り時々雨」であったが、
朝、外をみると薄日の射すまずまずの天気。
ということで、予定通りに辻の山城整備に出動。

ふりかえれば、昨年の秋ごろに参加して以来、
病気になったり、作業が見送られたり、雪が降ったりして
実に十ヶ月ぶり、超ひさしぶりな山城整備作業への参加となった。

64612677_2850407658363066_7745150108680847360_n.jpg

集合場所にはリーダー役のTさん、わたし、そして
地元の参加者三人、併せて五人という少人数。
はじめて参加したころは、いつも10人以上の参加者を
数えていたが、最近は高齢化もあって人数が減っているそうな。

続きを読む
posted by うさくま at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年05月12日

JR 駅からハイキングの先達で八上城登山

今日も暑い一日だった。
ディスカバーガイドとして、毎年、出役させていただいている
JR の利用促進を目的とした 駅からハイキング
来年の大河ドラマのPRを兼ねた明智光秀にゆかりの地を歩く
企画が組まれ、その一つである八上城登山の先達を務めた。

60131671_2055937511171484_2254812308041629696_n.jpg

aIMG_4180.JPG

募集人数は五十人、早々と定員を越える応募があったそうで
八上城はなかなかの人気ぶりである。
篠山口駅で受付、チャーターした神姫バスに乗合
朝10時に駅を出発。八上城へ向かう車中で城史の前説をひとくさり。

続きを読む
posted by うさくま at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年04月13日

五月の山城ウォーキングの下見で八上城に登る

午前中、八上城の北山麓に残る前田主膳時代のものであろう
曲輪群跡を経めぐり、寺跡、墓地などをうろついた。
同行諸氏と解散したあと、単独でブラ〜っと八上城へ登った。
五月に行われる「八上城登山 駅からハイキング」の下見を
しておこうと昼食抜きで登ったことだった。

IMG_3231maeda.JPG

前田主膳屋敷跡から鴻の巣まで、古墳を確認し、そこから
山麓に続く山道を下り、前田主膳屋敷への本来の大手道を
登り返すなど、行ったり来たりしたのち鴻の巣へひた登った。 

続きを読む
posted by うさくま at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年09月21日

おもゼミ、東山城整備、二回目に出動

おもゼミ山城編の整備作業の2回目に出動。
前日の雨、朝からの霧雨が気になったが
前回のメンバープラス公民館職員のMさんの
総勢四人で整備作業に着手した。

今日の整備作業は、北尾根の堀切から伸びる竪堀
上からと下からに分かれて作業スタート。
続きを読む
posted by うさくま at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年08月31日

おもゼミ 東山城整備作業に出役

今日は夏休みを取得。
11月に予定されている「おもしろゼミナール 山城編」
に向けて、訪問予定地の一つ東山城の整備作業に出動。

朝九時、集合したのはガイド役のTさんサポート役のDさん、
そして自分の三人。天気予報では雨だったが、まずまずの天気
先日の台風で山道に折れ散った木の枝を排除しながら
主郭まで登っていった。久しぶりの東山城跡は思ったほど荒れていない
曲輪も土塁も切岸もいい感じの状態であった。

続きを読む
posted by うさくま at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年08月25日

朝、辻淀山城跡整備作業に参加

台風の名残であろう小雨がパラつき湿気がまといつくなか
二ヶ月ぶりに淀山城跡整備作業(前回、雨で中止)に参加。

今日の参加者は、子ども一人を含む八人
予定されている作業は東南に位置する井戸曲輪の上部に
設けられた帯曲輪と城址西方の帯曲輪南部とを結ぶ道開け。
本来なら城道はないところだが、秋の見学会を踏まえて
参加者が移動できるコースを開こうというものだ。

39989491_2212420022161836_9045759625743302656_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年06月30日

淀山城整備作業に久しぶり出動

昨日から今朝にかけての雨があがり
予定通り、辻歴史を知ろう歩こう会の皆さんが
続けられている山城跡整備作業に出動した。
今日のターゲットは淀山城跡。

36345313_2096808387056334_8600037025095090176_n.jpg
道路の向こうに八上城跡

先日、戦国倶楽部のミニオフ会で登った時、
かねて整備作業を行った城跡には草木が繁り、
要所に設置された看板類は腐食し、主郭の説明板も倒れている
なんとも残念な状態になっていた。

せっかく整備をしても、ほんの三年とチョッとで荒れ気味となる。
山城整備は一度始めたら、厄介で面倒、地味で地道な作業を
腹を括って、倦まず弛まず続けるしかないのである。
続きを読む
posted by うさくま at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年06月24日

未だ、無名に甘んじている市内某所の山城再訪

朝一番に、一昨年の正月、確認した無名の山城に再訪してきた。
その所在地から、自分のなかでは仮に東浜谷城としている。
一昨年同様、村墓地跡の六地蔵かたわらに車を停め
前回、下ってきた尾根筋から城址へと登って行った。


IMG_8266.JPG
登り口より八上城跡を遠望
IMG_8276.JPG
うっすらと道らしきものはあるが、直登
続きを読む
posted by うさくま at 18:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2018年03月03日

清滝山で山城探索

戦国同人の三宅さんのお誘いで、城郭談話会の高橋さん発案の清滝山にあるという山城探索に出かけた。
清滝山の山頂は遠目に見て、いかにも何かがあったと思わせる形をしている。実際、中世以前において寺院があり、いまもその名残であろう清滝観音堂が山腹に祀られている。
以前、篠山の山に散在する三角点を歩き回っているとき、清滝山の三等三角点も小立より踏破した。そのときの印象では、山城かな?と思わせる地形に見えなくもなかった。その後、県守よりの参拝道であったと思われるルートで再登山、山城遺構はないかと歩き回ったが、確信をえないまま日が過ぎていった。

0303_IMG_4748.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年12月15日

篠山東部で山城探索行

今日は、先日の山城登山イベントの振替休日。
ガイド先輩のKさん、同僚のDさんの三人で、
予定していた篠山市東部にあると思われる山城探しに出動。
山城があると思われるのは、篠山市の最東部に位置する原山
天引峠、原山峠によって京都丹波へと続くところ
多紀郡の防御を考えると山城があってしかるべきところである。

25289217_1436761966422378_4759945602141489955_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年12月10日

日本遺産 山城ウォーキング

篠山は快晴。予定通り、丹波篠山日本遺産巡りツアー
"国史跡の二つの城をめぐる"に出陣。
篠山駅で駅集合組を拾い、三の丸駐車場で参加者全員集合。

02-24899689_1806331062770736_4619938540900947354_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年12月02日

旅ブロガーさんをアテンドして山城登山

1泊二日の篠山の旅「篠山の山城をめぐるツアー」の当日。大坂から来られた旅ブロガーさん夫妻をアテンドして八上城→土居の内→奥谷城を攻めた。

続きを読む
posted by うさくま at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年11月27日

山城整備に出動

今週末の「1泊二日・旅ブロガー山城編」、再来週の日本遺産歴史ウォーキング「二つの国指定の城めぐり」が近づいてきた。そのコースと城跡の下見と山城の状態チェックを兼ねて主担当の同僚Iさんと出動。

続きを読む
posted by うさくま at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年11月07日

丹波ささやまおもしろゼミナール山城編に出動

篠山市の公民館事業の人気コンテンツ「丹波ささやまおもしろゼミナール」
今田町域の中世領主・小野原氏の山城をめぐる「山城編」の
ガイド役T先輩のサポート役として出動した。

23172526_1758333467570496_3682104669956322316_n.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年10月18日

丹波木津城整備作業、いよいよ最終日

今日は年休をとって、丹波木津城跡の整備作業に出動。
三月に下見をして四月にスタートした
この作業も今日で一応の一段落となった。

22490074_1731226416947868_8307527630438743031_n.jpg



続きを読む
posted by うさくま at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年10月01日

丹波木津城の大手道を探る

先週、戦国倶楽部の面々で汗を流した丹波木津城跡。なんとなく気にかかるところがあって、相方を誘って登ってきた。気になっているのは、竪堀の中途半端な整備と主郭部の羊歯の伐採、それと、本来の大手と思われる南の堀切から延びる尾根筋の探査であった。

いつになくバテバテ状態で城址に登りつき、しばし小休止。まず、竪堀あたりの整備に取り掛かった。先日、切りっ放した雑木を取り除き、新たに購入した熊手を使って落ち葉を掻く。思い描いていたいい感じの竪堀が出てきた。

続きを読む
posted by うさくま at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2017年09月10日

木津城整備作業

六月末以来の整備作業。
城跡はこれまでの整備の成果もあって、スッキリした状態を維持している。
今日は主郭部の西端に生い茂る潅木を伐採して
西の帯曲輪と東北に続く曲輪群への見晴らし確保に努める。

IMG_3427S.jpg
作業前の状態

image1.JPG

image2.JPG
スッキリ

天気がよいこともあって暑さは半端ではなく、あっという間に汗だくでの作業となった。

一通り、主郭部の伐採が終わったのち昼食。
昼からは、主郭の南側に茂る雑木を伐採、南帯曲輪側の見晴らしを確保した。

image3.JPG

むかしなら伐採した木々を程よい長さの柴にして炊き付け用などに担いでおりる所だが、現代ではそのような作業をする必要もなく、伐採した雑木を曲輪の周囲などに積み上げてしまった。
これはこれで、城跡にあったであろう柵を彷彿させなくもないが、状態としてはスッキリ感を阻害していなくもない。さて、どうしたものか・・・?とりあえず課題に残して、今日の作業を終えたのだった。
posted by うさくま at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城