2011年01月21日

素晴らしい歴史ドラマ、イサン

いま、毎週金曜日に BS-Hi で二話ずつ放映されている韓国ドラマ「イサン」に嵌まっている。イサンは李氏朝鮮第二十二代国王であった正祖の実名で、ドラマはその波乱万丈の生涯を活写したものだ。
総合テレビで吹替え版を放映しているが、やはり、 「…ニダ」 「…シプシオ」 といった韓国語が飛び交う吹替えなし版の方が、断然!面白い。

二十一代英祖の孫に生まれたイサンは朝廷内の派閥争いで父を失い、後継者に目されたイサンの即位を阻止しようとする陰謀が渦巻き、苦難を乗り越えて王になったのちもイバラの道を歩みつづける。
そのイサンを幼馴染で親友のパク・テスとソン・ソンヨン、イサンが世継のころより仕え側近中の側近となったホンサンジらが支え、友情、恋、陰謀、謀略、政争が展開する、骨太な歴史ドラマとなっている。

イサンの写真
NHK イサン 公式サイトより

正祖が生きた時代は、日本では江戸時代の中後期にあたり、徳川家治・家斉が将軍職にあって田沼意次が側近政治を行なっていた。一方、朝鮮史を調べてみると、派閥争いの連続で、派閥が派閥を生み、そして争いが争いに連鎖して、政治史が紡がれている…。日本の政党抗争など児戯に思わせる凄まじいものである。
イサンはそのような朝廷内の抗争に相対し、旧習を改めて経済の発展を図るなど、みずからが理想とする政治に邁進する。さらに、人心を一新するために遷都を実行するなど、李氏朝鮮王朝末期に輝かしい足跡を刻んだ。もし、イサンがあと二十年長生きしていれば、日本の朝鮮併合などという不幸な歴史は起こりえなかったかもしれない。イサンと同時代に徳川将軍であった家治・家斉らに比べるのは無理があるが、イサンはまことに王(指導者)として傑出した人物であった。

いま物語は、イサンの側近ホンサンジが、イサンの側室に上がった妹の懐胎事件をきっかけとして、泥沼にジワジワと足をとられていくところである。朝鮮史によれば、ホンサンジはイサンの威光を背景に強権政治(勢道政治というらしい)を行い、最期は失脚、流刑されて死去している。
であるとはいえ、こののちドラマ−イサンがどのように展開していくのか−!
まことに金曜日の晩が楽しみな今日この頃である。
posted by うさくま at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2011年01月09日

大河ドラマ 「江−姫たちの戦国−」始まる

近江の戦国大名、浅井長政と織田信長の妹お市との
間にうまれた江をヒロインとした
2011年の大河ドラマ 「江−姫たちの戦国−」 始まった。

一昨年の大河「天地人」や、ゲーム・コミックなどから火がつき
世の中は、歴女・城女なども出没する山城、戦国武将のブームである。
年が明けると、驚くばかりの戦国時代本の創刊ラッシュとなった。

文字通り、出版界も歴史物の戦国時代といった様相である。
編集内容はといえば、それぞれ工夫が凝らされているとはいえ
やはり、似たり寄ったりのもので、なかには 『ほんまかいな!? 』 という
美形ぞろいの戦国武将イラスト集も競うように出ている。

今晩から始まった 「江−姫たちの戦国−」 も
いまの戦国・山城ブームを支えることになるのだろう。
三姉妹の地元である長浜市では
きたる十五日の土曜日から「江・浅井三姉妹博覧会」が始まるそうだ
それも年末の十二月四日までの長丁場だ。

gou_nhk.jpg
NHK 公式サイトから

周囲はおおいに盛り上がっているが、大河ドラマはといえば
第一回は、ドラマの時代背景を説明しようとしたのだろう…、
なんとも無理くりな戦国史ダイジェストで、そのあまりに目まぐるしい展開に疲れてしまった。
一方、登場人物を演じる役者の年齢が、あまりに老け過ぎ!
一年を通じて演じる役者の場合は仕方がないが、
最初のころだけしか登場しない人物は実年齢の近い役者を起用してほしかった。
二十八歳で死んだ浅井長政、三十歳後半で死んだお市 などは、
もっと若い役者でもよかったのではなかろうか。見ていてつらかった!

ストーリーに関しては、いまだ内容を云々する時期ではないが、
第一回目は、必要だったのだろうか?
時代説明のことは、歴史ヒストリアか、歴史スペシャルに任せておいて
もっと、ドラマとしてガツンとくるものが欲しかった、かも。

posted by うさくま at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2010年11月28日

龍馬伝が終わった。

2010年の大河ドラマ『龍馬伝』も今日の放送で最終回を迎えた。
むかしの大河ドラマは、12月中ごろまで放映していたように記憶しているが
最近は年末特番を放送するせいか最終回が早くなっているようだ。

さて、いまから143年前の慶応三年(1967)11月15日
坂本龍馬は何者かによって暗殺された。享年三十三歳、若い!
龍馬暗殺の犯人としては
 1) 新撰組説
 2) 京都見廻組説
 3) 薩摩藩説
 4) 紀州藩説
 5) 土佐藩説
などの説がなされているが、いまに至るまで真犯人は特定されていない。
 
今回の『龍馬伝』をみていると、ドラマの早い段階から
薩摩藩黒幕説に立ったストーリー運びになっているように思われる。
かくいうクマも龍馬暗殺の黒幕(下手人)は、
薩摩藩であろうとする説がもっとも腑に落ちる! と思っている一人だ。

今回の「龍馬伝」は、これまでにない竜馬像をつくったものだけに
新しい解釈をもって幕を閉じるであろうと期待していた。
ところが最終回、通説通り見廻組が犯人であった。
先週の放送まで新味をだしまくっていたが、
意外とノーマルな最終回だったな〜、ともあれ龍馬に合掌。

posted by うさくま at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2010年10月29日

街道テクテク旅が終わった。

街道テクテク旅熊野古道編が、今朝、
目的地の伊勢神宮下宮にゴールインして終わった。

街道テクテク旅は、一昨年、四元奈生美さんが
四国八十八ヶ所をめぐるシリーズを見たのがはじめで、
八十八ヶ所の旅は四元さんのキャラもあって、その面白いこと、
放送終了後の再放送、総集編まで見てしまった。

この春からは、元テニス選手の森上亜希子さんが旅人となって
熊野古道を踏破するシリーズがスタートした。
熊野古道は近い将来、歩いてみたいところだけに
げげげの女房→街道テクテク旅が毎朝の定番となった。

てくてく旅

はじめこそ、森上さんという人を知らなかったこともあってなんとなく見ていたのだが、
回を重ねるごとに森上さんのへタレでアッケラカンとしたキャラが爆裂!
春編、そして秋編とほぼ欠かさず見てしまった。
ウサクマのもくろむ 「熊野古道テクテク旅」 への、
いい旅のヒントとコースガイドをいただいた。

げげげの女房も終わり、街道テクテク旅も終わってしまった。
朝の楽しみが一挙に二つなくなってしまったのは、
なんとも寂しいことではある。
posted by うさくま at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2009年12月20日

ドラマ”仁”が終わった。

毎週、日曜日の晩九時から放映されていたドラマ”仁”が終わった。
昨今、低調なテレビ界にあって、視聴率も好調だったとのこと。
物語はタイムスリップした主人公が
幕末の日本で苦闘するというもので、
ややもすれば絵空事になりがちな話を
リアリティに溢れた世界に作り上げていた。
仁-最終回
村上もとか描くところの原作の面白さもあったのだろうが
大沢たかお演じる主人公をはじめ
内野 聖陽 の坂本竜馬
綾瀬 はるか の咲 などなど
出演者のひとり一人が素晴らしい演技で、
久しぶりに次回が待ち遠しい、上質のドラマであった。
最終回を前に放映された再放送もDVDに録画して見てしまった。

マンガのテーマでタイムスリップものは少なくないが
イージス艦が太平洋戦争真っ只中の時代にタイムスリップした
かわぐちかいじ氏描くモーニングの「ジパング」も面白かった。
戦後の新しいジパングを描くことなく
先月、終わってしまったのは残念であったが
マンガ史における傑作の一つであったことは疑いない。
ジパング-最終回
ドラマ”仁”は終わったが、マンガはまだ続いている。
”仁”もマンガ史に残る傑作となるものだけに
物語がどのような最期を迎えるのかおおいに楽しみだ。 
ところで、ドラマの最終回の最期に頭痛が主人公を襲ったが、
なにやら、 ”仁 -U” 制作への布石のようで、
続編が見られる日がくるのを待望している。 by kuma
 

posted by うさくま at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2009年11月03日

一押し!「となりの人間国宝さん」

月〜金までの毎朝、関テレでやっている「よ〜い、ドン!」の
冒頭のコーナーである「となりの人間国宝さん」が面白い!
ブッツケ本番で、街を「ブラ〜リ」する円ひろし(木・金は月亭八光)が
出会った人が持つ秀逸な技、生きざまに感動し
「となりの人間国宝さん」に認定して、シールをお渡しするというものだ。
人間国宝さん
今週、円ひろしが出あった人間国宝さんは出色の人々であった。

永年培った銅細工の技で虫づくりに励む銅版樋の職人だった人
見事な筆勢の扁額とユーモアに溢れた木工製品づくりは指物大工だった人
お二人の磨かれた技の素晴らしさ、人生への達観ぶりはすごかった。
それに対する家族(とくに奥さん)の、「元気で好きなことやってくれてたらえ〜んです」
という、いい意味での無関心ぶりも、身につまされて面白かった。

ほかにも、目玉のような模様の描かれた工務店をたずねると
目玉は弓の的で、そこの主人は国体にも出場した弓の名人で
家そのもを弓道場に改築して、地元の弓道会の会長さんを務めている、という方であった。
はては、大枚(●千万円!)をはたいて天文台を作り、奥さんに逃げられた人
と、なんともいえないペーソス溢れる猛者が勢揃い!。
 
みなさん一芸に通じた達人の方ばかりで
円ひろしとの会話のなかに意外と深い人生の教訓があったりする。
ひとつのことにコツコツと真剣に生きてきた人を神さんは見逃さない、
第二の人生という素晴らしい時間を褒美にくれるのだな〜。
思わず、自分のこれまでの人生を反省してしまう…。

とはいえ、取り立ててスゴイ!ということが起こるわけでもない。
円ひろしと人間国宝さんが、淡々と出会って別れる・・・それだけのことだが、
なんというか、「一期一会」の素晴らしさがユル〜ク 伝わってくる。
一度見れば、その ユルサ に癒され
知らない街を 「ブラ〜リ」 したくなってくる不思議な番組だ。 by kuma
posted by うさくま at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2009年04月13日

戦国時代はそんなに甘くはないで!

大河ドラマ「天地人」が人気を呼んでいるらしい。 
戦国時代好きのクマとしては、ストーリーにいささか承服しかねるところもあるが努めて見ている。時代劇は往時を再現できるはずもなく、現代風な解釈を加えつつ、虚実が取り混ぜられてできあがっていることは理解しているつもりだ。しかし、歴史ドラマと銘打った場合、主人公に為するあまり史実を曲げることはあってはならない。以前、直江兼続と上杉景勝のヘアスタイルがおかしい(月代でない)ことを指摘したが、あれは、コミケで流通しているマンガの延長と思えばそれだけのことだ。しかし、ここ数回のストーリー展開には、「え〜ッ、それはないやろ・・・!」と、いささか驚かされている。
謙信死後の上杉氏において最大の危機となった「御館の乱」が、昨日、玉鉄演じる景虎の死をもって景勝方の勝利で終わった。御館の乱において上杉家中は二分し、景勝方には上・中・下越の国人領主のほとんどと上田衆が味方した。一方、景虎方には上杉十郎、本庄秀綱、北条高広ら謙信在世中の有力者、実家の小田原北条氏会津の葦名氏甲斐の武田氏らの戦国大名が味方した。緒戦は本庄秀綱の先制攻撃、すぐれた外交手腕などもあって景虎方優位に展開した。その局面を打開して景勝方有利に転じるきっかけとなったのが、武田勝頼との和議の成功であった。
ドラマでは、武田氏との和議成功の立役者は直江兼続となっていた。当時、まだ十代の若造である兼続が交渉に行ったところで武田方が受け入れるはずもない。現代でもそうだが、外交は他国にも名の知られた大物が出て行かなくてはまとまるものもまとまらない。史実としては、上杉家中の大物国人で景勝に味方した新発田長敦の外交手腕の結果であった。また、長敦の弟五十公野重家、一族の竹俣慶綱らが軍事的に活躍したことで景勝方は次第に劣勢を盛りかえしていったのである。ドラマの構成上から仕方のないこととはいえ、兼続ら上田衆ばかりが活躍しているのは、見ていて「おい、それはないやろ!」と突っ込んでしまった。
武田勝頼が景勝と和議を結び、実家北条氏からの援軍も雪のため足止めをくったことで、景虎は追い詰められてしまった。そこに、景勝と景虎の和議を取り持とうと立ち上ったのが、前関東管領の上杉憲政であった。憲政は景虎の長男道満丸を伴い、和議仲裁のために春日山城へ向かったところを景勝方の兵に道満丸ともども斬殺されてしまった。ドラマでは和議を嫌う景虎方分子の仕業と描かれていたが、それによって景虎方が有利になるはずもなく、たとえ景虎方の勝利に終わったとしても長男を殺害した者が許されることなどありえない。しかも、犯人は景虎に付いて越後にきた遠山氏のように匂わせていた。景虎の一番の味方たる小田原からの随伴者が、そのような浅はかなことをするとは到底思われないことだ。勝利が見えてきたことで和議を避けたい景勝方が、本来なら主筋にあたる上杉憲政の介入を斥けると同時に亡き者にせんとして、道満丸と一緒に始末してしまったとみた方が自然だ。景勝方(景勝本人、兼続の思いはともかくとして)にすれば、乱が終わったのちのことを考えれば、障害となるものは少ないにこしたことはない。戦国乱世においては当然の思考というべきで、心に痛みはあったとしてもドラマのようにメソメソ泣くはずもない。泣いたとすれば空涙であろう。
さて、憲政の死で万事窮した景虎は小田原を目指して越後を脱出しようとし、シンパである堀江宗親が拠る鮫尾城に逃れた。ところが、宗親は景勝方の安田顕元の裏切り工作を受け入れており、ここに景虎は無念の自害を遂げることになるのである。文字通り、四面楚歌、袋の鼠状態のなかで最期を迎えた景虎、まことに残念無念なことであったろう。嫁さんの相武紗季を抱いて、心静かにあの世に旅立つなんてことはありうべくもないことである。
ドラマは面白くなければ・・・!ということはよく理解できる。より多くの視聴者をゲットしたいという制作側の思いもわかる。しかし、史実を曲げてまで主人公を際立たせ、ドラマを面白くしたいというのは「曲学阿世」に似たいやしい心持であろう!。天下のNHKなんだから、ビシっと史実を踏まえた骨太(月代もキチット剃った!リアリティのある)なドラマづくりをしていただきたいものだ。見るたびごとに史実が曲げられ、メソメソした小僧っ子の兼続が活躍する!戦国時代はそんな甘い時代では、おまへんで!大河ドラマの語る話を史実と思っている人が多いと聞くだけに、もっとチャンとしたドラマを制作、放映すべきではなかろうか! by kuma
posted by うさくま at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ

2009年01月05日

大河ドラマ「天地人」を見た…

大河ドラマ「天地人」が始まった。クマ待望の戦国時代を舞台にしたものだ。
昨年の「篤姫」は、幕末もの、大奥ものということで、大きな期待もなく見はじめたところ、見事に嵌ってしまった。歴史的なことはおくとして、宮崎あおいの達者な演技もよかったが、何よりもドラマとしての面白さが際立っていた。「篤姫」の描く世界は「テレビは面白くなくっちゃ」などというテレビ局制作の「大奥」と共通するところが多かったが、当然のことながら某テレビのドロドロ感はなくスッキリとした上質なものであった。

さて、「天地人」である。戦国ものということでおおいに期待し、番宣も見て、昨日の第一回を視聴した。結果は「いささかガッカリ」というものであった。冒頭の秀吉と直江兼続のやりとりはともかく、妻夫木くんのヘアスタイルに「びっくり」、それは上杉景勝役の北村一輝も同様で、両者ともに月代を剃っていない!ガイドブックで両者の髪型は知ってはいたが、それは青年時代のものと思っていた。先の秀吉と兼続の対面エピソードは秀吉が天下をとって後のことであり、兼続も景勝もひとかどの成人武将であった。それなのに、月代を剃っていないとは・・・!たしかに兼続と景勝の肖像画を見る限り、両者が月代を剃っているのか、いないのか・・・分かりにくい。が、当時の風俗から推して月代を剃っていない武将はまずいなかったはず(・・・景勝の肖像画は月代を剃っているように見える・・・)、このままではコミケに出回るバイセクシャルっぽい戦国マンガと変わらないではないか!!!NHKさんの時代考証はどうしたのだろう???

兼続 景勝 左:兼続 右:景勝

ついで、与六といわれた幼年時代のエピソードのなかで、父とのやりとりにおける「・・・じゃ」という喋り口調にも驚いた。あの時代、樋口家程度の武家の子供があのような言葉を使うことの違和感、父に対する言葉遣いとしての有得なさ、ここでもNHKさんの時代考証はどうしたのだろう???あまりのひどさに九時より「必殺」にチャンネルを変えてしまった。とはいえ、「天地人」は一回目のことではあり、これからのドラマ展開に期待したいものの、兼続と景勝の髪型があのままである限りガッカリ感は払拭できないだろうな〜。となれば合戦シーンに現われる旗指し物や甲冑に据えられるであろう家紋探しを楽しもうと思うが・・・、肝心のドラマそのものが盛り上がらないと見忘れることもあるかも知れないし、悩ましいことだ。

一方の「必殺」は緒方拳が藤枝梅安を演じた最初のシリーズ以来、好きなドラマの一つであった。ある時期、ドラマはマンネリに陥って終了してしまった。その後、スペシャルとして何回か新作が放映されたが、とりたてて見ることはなかった。昨日も見るつもりはなかったのだが、大河ドラマをスライドして見てしまった。「う〜〜ん!」・・・このドラマもひどかったかも。「晴らせぬ恨みを晴らす」という状況設定が弱いうえに、あの依頼金額の安さ、あれでは殺される方に同情してしまうな〜。エピソードには面白いものがあっただけに、残念!遠いむかしの時代を再現することに無理があることは承知しているが、もう少しリアリティのあるドラマ作りができないものでしょうか。・・・と、テレビ局各社に願うのはクマだけではないだろう!!!  by kuma
posted by うさくま at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(TV)を楽しむ