2017年11月12日

秋の山歩きイベントの先達を務める

今日は恒例、秋の山歩きイベント「丹波篠山 多紀連山アルペンルート登山」の先達として出動。天気予報では、「晴れ時々曇り」とまずまず、冷えた空気のなか栗柄コースの集合場所に急いだ。


01_23517616_1407199482711960_3830353281813861963_n.jpg

1112_IMG_4000.jpg

集合場所の栗柄スポーツ公園、集合時間の九時時点で、すでに三十人以上の参加者の姿。さらに続々と集まってこられ、栗柄コースでは最多となる五十人越えとなった。これだけの人数になると、さすがにチョッと心配にならぬでもなかったが、大峰会のT修験者さん、市役所の担当者さんの三人で御岳の頂上を目指した。


続きを読む
posted by うさくま at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2017年05月05日

恒例、多紀連山山開きにガイド出役

昨年より五月五日にフィックスされた「多紀連山山開き」
ルーチンとなった栗柄コースからの登山ガイドで出役。

いつもは十数人という少人数での登山だが
今年はありがたいことに30人近い大人数となった。

山登りの注意事項、主催者の挨拶などのセレモニーと
山歩きの会の方による準備体操で身体をほぐしてのち、0915栗柄の公園をスタート。

0505_01.jpg

まずは、修験道に係る伝承をもつ愛染窟までひた登り、小休止。
愛染窟からは滑りそうな山道をゆっくりゆっくり、途中にビューポイントで
疲れを癒しながら登っていく。どうしてもバラついてしまう参加者を
ポイントポイントで待ちながら、西の覗きを経て御嶽と西ケ嶽の
分岐点となる尾根に登り着いた。あっぷあっぷの登りであったが
ツツジやシャクナゲの花、若葉が匂い立つ木々の緑など、いい感じだ。

0505_04.jpg
愛染窟で小休止
0505_05.jpg
ビューポイントから春日町方面を見る
0505_06.jpg
鼓峠を見る

尾根に登ると、一気に視界が広がる。
右手に篠山盆地、左手に西紀から本郷に抜ける谷を見ながら
御嶽までの尾根歩きを堪能、天気も好し、いい山歩きであった。

0505_02.jpg
分岐に到着
0505_03.jpg
ツツジが鮮やか
0505_07.jpg
吹く風もサワヤカ

予定の時間を大幅に超えたが、全員、無事に御嶽を踏破。
ここで火打岩コースを登ってきたグループと合流。

0505_08.jpg
御嶽山頂に到着

昨年までなら御嶽山頂で弁当を使い、大タワまで下山したところで
一年の無事を祈る護摩焚きが行われるところだが、今年は中止とのこと。
理由は様々にあるのだろうが、一度、止めると再開するのは難しいのではないか。
色々な意味で残念なことというしかない。
御嶽山頂で弁当を使ってのち、1230西ケ嶽経由での下山をスタート。
案内役は、DSG山ガイドの先輩M氏。

0505_09.jpg
分岐を越えると若葉の尾根を歩く
0505_10.jpg
振り返ると、さっき踏破した御嶽
0505_11.jpg
岩場を登る、修験の山だ

尾根筋をアップダウンしながら1340西ケ嶽に到着。
山頂付近には石楠花、つつじなどの花々が見ごろ
360度の展望は望めないが、下界ウォッチを楽しむ。
みんなで記念撮影をしてのち1354栗柄へ下山開始。

IMG_4730.JPG
山頂で記念撮影
0505_12.jpg
いい感じの斜面を奥だって行く。

ひたすら下っていくこと一時間余、
1508栗柄集落に無事下山。そこから集合場所・運動公園まで最後の一踏ん張り
運動公園に帰着したのは1530、約六時間の山歩きを楽しんだ。
参加者にけがもなく、今日のガイドミッションを無事に終了できた。
posted by うさくま at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2017年04月20日

高校生をガイドして三岳登山

今日は高校生の皆さんをガイドして、篠山の最高峰で修験の山・御嶽に登った。

0420_mitake01.jpg

今年で三回目の出役となるこのガイド、昨年は雨の中、大タワで登って行った。今年はまずまずの天気で、三岳会館より火打岩より尾根に登り、そこから大岳寺を経由して岩場を登り山頂へ。

0420_mitake02.jpg

0420_mitake03.jpg

0420_mitake04.jpg


そこから大タワをめざして危険な岩場を経て下山するというコース。ワイワイ、ガヤガヤ、楽しい山歩きができた(と思う)。

0420_mitake05.jpg

0420_mitake06.jpg

0420_mitake07.jpg

怪我人も落伍者もなく無事に下山。高校生、チョッとおっちょこちょいな子、やんちゃな子もいましたが、おおむね素直な良いお子たちでした (*´?`*)
posted by うさくま at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2017年03月18日

早春の丹波金山城に同僚と登る

今日は快晴。かねて予定していた職場の仲間と丹波金山城に登山。
朝、TY子さんが家族ともども迎えに来てくれはり、柏原から参加するSY子さんとの待ち合わせ場所大山の追手神社に向かった。追手神社は山野草の撮影ポイントとしって知られたところで、境内を散策したところユキワリイチゲが、わずかに咲き残っていた。

さて、全員そろったところで、追入神社側の登り口より金山を目指して登山をスタート。まず、誰が付けたのか「パワーツリー」を撫でなでし、赤坂観音で行程の無事を祈って、尾根筋に通じる山道を登っていった。

0318_IMG_7606.jpg

尾根筋からは緩やかな登りとなり、途中、地元の方の手入れになるビュースポットより大山の里から遠く八上城の眺望を楽しむ。山腹のお寺跡で一服し、金山城跡へと踏み込んだ。思えば、金山城跡は、もう何回めの登山だろう?

0318_07.jpg

今日のメンバーは山歩きが目的だが、山城である金山跡のガイドをやらせていただきながら、名勝・鬼の架橋に到着。ここで、記念撮影をし、岩山に登ったりして、いよいよ山頂に残る金山城跡に攻め込んだ。おりから天気がよいこともあって、北に黒井城跡、東に夏栗山・黒頭峰・三尾山、その向うに御岳が見える。南には篠山盆地と八上城が一望であった。

0318_IMG_7630.jpg

0318_04.jpg

0318_03.jpg

眺望を楽しんだのち、ワイワイがやがやと弁当を使う。一休みしたのち、せっかくなので城址を案内。石垣跡をじかに見い、虎口や切岸といった曲輪のことなどを話したが、面白かったかどうかは分からない。

0318_01.jpg

0318_05.jpg

下りは大乗寺コースを休みやすみしながらたどり、全員、怪我することもなく無事下山できた。いつも、山城登りはせわしなく展開するが、こういう緩〜い山城登山(山登りだが)も悪くない。

posted by うさくま at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年11月12日

駅からハイキングのガイドに出役

篠山観光協会がJRと連携して実施されている「丹波篠山 駅からハイキング」のガイドの一人として出役。
今日のハイキングは篠山北西部に位置する大山の里がフィールドとなる。
篠山口駅で参加者のみなさんをピックアップして、明治・昭和・平成の三世代のトンネルがある鐘が坂にバスで移動。地元の歴史グループの方お二人を道案内の先導役として明治のトンネルよりハイキングをスタート。

1112_WALK01.jpg
鐘ヶ坂、明治のトンネル
1112_WALK02.jpg

普段は鍵の掛かっているトンネルは氷上側の協力を得て、篠山から氷上までをウォーク。通り抜けたことで、このトンネルが篠山と氷上をつなぐ掛け替えのないルートだったことが実感される。
鐘が坂は氷上の柏原へ下る峠だが、ハイキングはすぐ東どなりに春日方面に下る亀割峠へと分け入った。山道はシッカリとしていて峠まで迷うことなく到着、峠にはこの山道の改修に力を尽くした人たちの名前を刻んだ石碑が残っている。この峠を下っていけば春日・国領温泉へ通じているそうだが氷上春日側には道らしきものは見えない。機会を見つけて、篠山側から春日側まで歩いてみたいものだがチョッと不安材料ではある。

1112_WALK03.jpg
亀割峠を登る
1112_WALK04.jpg

峠で思い思いに弁当を使ったのち、ゴールとなる高蔵寺へとハイキングというよりは山歩きを開始。高蔵寺への道は、案内役もしていただいている地元の皆さんが地元の村おこし活動で切り開かれたそうだ。たしかに、山道としては未成熟な状態で、気を抜けば滑り落ちそうな所もあった。

1112_WALK05.jpg
高蔵寺への新たなルート
1112_WALK06.jpg
高蔵寺の旧跡

これから、多くの人が利用されれれば山道としてシッカリしていくのだろうが、このコースを歩く人は少ないのではなかろうか。そんなことを考えつつ黒頭峰の中腹を過ぎ、夏栗山へのルートを経て、高蔵山の旧跡であろう数段の平坦地で一休み。そこから高蔵山までは細尾根を下っていくことになったが、こちらも山道としては分かりにくい状態にあった。
ドキドキするところもあったが、無事、高蔵寺の登り口に到着できた。振り返ってみて高蔵寺側からのルートは初心者には分かりにくいのではなかろうか。ハイキングコースとするには、要所にカンバン設置が必須と思われた。

1112_WALK08.jpg
おりから紅葉が真っ盛り
1112_WALK09.jpg

ともあれ、鐘が坂から踏破してきた高蔵寺は折りから紅葉が真っ盛り、境内では紅葉祭りが行われていた。紅葉と祭りを楽しんだのち、参加者の皆さんはバスで帰っていかれ、今日のハイキングは無事に終了した。
今日のハイキングコース、悪くない山道だが、山歩きを楽しむにはチョッとリスキーなところも少なくなかった。今後、整備作業などが進められるのであれば参加させていただきたい。 

IMG_2363.JPG
天台宗のユルキャラくんと記念撮影



posted by うさくま at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年06月04日

山椒とり、金山城登山

早朝から原稿整理をしつつ、なかなか上手く仕上がらない「梛」紋清書と格闘した。

ひと段落したので、山椒取り、with 金山城攻めにでかけることに決定。


0604_monkaki.jpg

山椒をゲットしたあと、金山城へ氷上側ルートで登山。



山に登ると、鳥の声、いろいろな花や木が疲れを癒してくれるが、ほとんど固有名称が分からない。覚えても、すぐに忘れてしまう。残念なことだ。


今日の山椒取りの収穫成果。いい匂い (*^_^*)



posted by うさくま at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年05月21日

相方と娘と三人で鹿倉山登山

先日、先輩 T さんと鹿倉山登山ルートの一つ河谷コース探索で登ったとき、時間と体調の都合で無理せず途中下山した。今日も快晴、その先を登って鹿倉山の頂上を目指してみようと思う。


 

鹿倉山登山、無事達成。ルートが若干分かり難いところや、急斜面の登りもあったが、気持ちのよい山歩きができた。山のガイド本やネットの情報などでは、山頂からは素晴らしいパノラマ風景が楽しめるとあったが、残念、木々が成長したのだろう、まったくの展望ゼロであった。三和町からのルートには名水「轟水」や寺院跡、熊野神社があるとのことなので、そちらからもアタックしてみたいが、実現は・・・?
●ルートタイム:
09:32
スタート →09:40 稲荷・氏神 →10:05 分岐
10:39
炭焼き窯跡(お堂跡か?) →10:41 尾根の分岐
11:00
急斜面を登る →11:06 多紀連山を見る...
11:26
いい感じの雑木林 →11:41 頂上に到着 2時間10分の山歩き
下りは 1212 下山スタート →登り口に 1310 到着 58分でした。



posted by うさくま at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年05月07日

相方と娘と三人で三岳クリンソウ鑑賞登山

天気もよさそうなので、相方と娘と三人で三岳クリンソウ鑑賞登山に汗を流した。火打岩から取りついて、クリンソウ群生地、水呑場を経てヨートギ谷コースを下山。しめて四時間の山歩きだった。


この土日でGWもおしまい。前から気に掛かっていた「Look 篠山」のタブレットにおける文字化けを解消するため、朝早くからシコシコとhtmlファイルと格闘!なんとか、作業完了!

posted by うさくま at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年05月05日

「丹波篠山-山開き」のガイド、無事に任務終了

「丹波篠山-山開き」のガイド、無事に任務終了。暑すぎもせぬ好い天気で、総勢20名の参加者の皆さんと快適(途中へばりそうになったが)な山歩きができた。

posted by うさくま at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年04月30日

山開きを前にした登山道チェック登山に同行

早起きして、来たる五日(木曜日)に開催予定の「丹波篠山 山開き」を前にした登山道チェック登山に同行。当日の担当は「栗柄から三岳」なんだが、大タワから小金ケ嶽のルートチェックとなった(山開きの登山ルートではなかったような・・・?)。天気も快晴、吹く風も爽やか、いい山歩きができた (^^)/


 

山から帰宅したら誰もいない(*^_^*) 迎えてくれたのは久々に登場したヤモリ。爬虫類は苦手だが、唯一、ヤモリだけは許せます (^^)



posted by うさくま at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年03月28日

綾部、和藤合戦史跡ツアーに参加

戦国末期の八木城主・内藤宗勝が何鹿郡に進攻、甲ケ峰城主和久左衛門佐との間で合戦が行われたという。その合戦に活躍をしたのが、和久氏の被官・白波瀬肥前守で、計略をもって内藤宗勝を討ち取ったと伝えられる。その顛末を記したという『和藤合戦記』などの軍記物では永禄六年(1563)のことといい、合戦そのものについては史実かどうか「疑問が残る」というしかない。
地元の歴史研究会のお誘いを受けて、和藤合戦史跡ツアーに参加。内藤宗勝が陣を布いたという禅定庵跡、白波瀬肥前守の計略によって敗戦、討死したという宗勝の墓所をめぐった。史跡めぐりというよりは、山歩きというべきイベントだったが、よい汗を流させていただいた。
(蛇足ながら、内藤宗勝が討死したのは永禄八年の黒井城主・赤井荻野直正との戦いであったことが古記録から知られる。何鹿郡から天田郡の支配をめぐる内藤宗勝と赤井荻野直正との前哨戦があり、内藤氏の一族某が討死したことを伝えたものであろうか?)

posted by うさくま at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年01月10日

かねてから気にかかっていた三草山に登った。

三草山、篠山から東条社インターチェンジに向かう途中、
372号線の左に三草山古戦場、三草山登山口の標識があり、
気に掛かっていた。しかし、歴史はともかく、
城跡としてはピンと来るものがなく、なんとなくホッタラカシていた。

mikusa_map.jpg
国土地理院二万五千分一地図

続きを読む
posted by うさくま at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年12月13日

和田寺山登山、古寺跡探索

かねてより参加を予定していた「篠山で楽しく暮らしたい(隊)」さんの
和田寺山登山イベントに混ざって山歩き。

参加した大きな目的は、山名となっている和田寺の旧跡地の探索。
この春にも和田寺旧跡探索の山歩きがあり
別の予定が入っていて参加できなかった。
あとで、寺跡を発見できなかったと聞き、
リベンジのときは「ぜひ、参加したい」とお願いしていのだった。

Mt_wadenzi.png

続きを読む
posted by うさくま at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年11月01日

篠山アルペンガイドに出動

今日は、多紀連山アルペンルート登山
超!ひっさしぶりのディスカバーの山歩きガイドで出動。

体調がいいのか悪いのかよく分からないながら
春の山開きに続く栗柄コースの先達を担当。

p_1101-1.jpg

参加者は山登りになれた年かさの方々十人ほど
もう一つの火打岩コースに比べて相変わらず少人数。
ともあれ、九時過ぎに栗柄をスタート
まずまずの天気のもと、ゆっくりペースで御嶽を目指した。

IMG_0022.jpg
集合地、栗柄健康公園
IMG_0046.jpg
修験者の歩いた道をひた登る
IMG_0081.jpg
眺望ポイントより三尾山を遠望
IMG_0085.jpg
紅葉が目を楽しませてくれる
IMG_0089.jpg
御嶽山頂より北方、本郷方面をパノラマ見する
IMG_0106.jpg
大タワで丹波大峰会の方々による護摩焚

約二時間の山歩きで御嶽に、無事到着。
ひとまず解散したのち、オオタワに下山
今日のミッションは無事完了した。

実際に歩いてみて、体調はまずまずだが
やはり、運動不足は覆うべくもないという感じだった。

posted by うさくま at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年06月13日

深緑の虚空蔵山から丹波焼の里を訪ねるハイキング

「深緑の虚空蔵山から丹波焼の里を訪ねるハイキング」、
事故も、怪我人もなく無事ガイド役を終了。

20150613-1.jpg
さわやかな青空とまっすぐな道がいい感じ

20150613-2.jpg よく踏まれた山道

20150613-3.jpg
中腹の虚空蔵堂、ここKら急斜面となる

20150613-4.jpg
虚空蔵山山頂に到着

山頂からの見晴は少しもやっていてスッキリとはいかなかったが、天
気もよくよい山歩きを楽しめた。

20150613-5.jpg
ささゆりも咲いていた

また、FBともだちのSさん、同僚のEくんのお母さんなど、
まさかの意外な出会いもあったりして、おもしろい一日だった。


家に帰ると
山名城研の西尾会長から「香美町の城郭集成」が届いた。

20150613-NISIO.jpg

先に出た豊岡編(1・2)と比べると町域が小さいこともあって縄張り図は少なめ、
だが、歴史叙述と資料が充実している。
しかも、一冊献本いただいた(ありがたいことだ (^^) )。
今度、お会いするときサインをもらおう。
posted by うさくま at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年05月10日

丹波篠山 山開き

今日は「丹波篠山 山開き」、
多紀連山 栗柄コースのガイドで出動。

9:00 栗柄健康公園集合。栗柄コースの参加者の総勢は14人、
そのうちわたしを入れたスタッフが五人。

20150510.jpg

もうひとつの火打岩コースは七十人とのことで、
やはり栗柄コースはきついのか、まいど、少人数とのこと。


続きを読む
posted by うさくま at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年05月03日

御嶽登山、栗柄コースをふたたび

来週の十日に迫った「多紀連山山開き」
その栗柄コースのガイドを拝命
先週に続いて下見行で栗柄から御嶽に登った。

今日は、地元の方々による道開け作業に交じるかたちで
当日も一緒していただける地元のT議員と二人で頂上を目指した。

IMG_6898.jpg
07:56 登山スタート

続きを読む
posted by うさくま at 08:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年05月02日

綾部、三郡山から廃村大成を目指す

今日からGW!初日は見事な晴天。
かねて予定していた神河町のKTさんと、
綾部にある三郡山越え、廃村大成訪問にチャレンジ。

 
3kori_01.jpg

三郡山は何鹿郡と天田郡、そして船井郡の
郡境に位置することから名づけられ、かつては
三郡をつなぐ山越えルートが通じていたという。

廃村大成はKTさんのお祖母さんの里だったが
40年くらい前に村人は離村、廃村になったそうだ。
三郡山、大成廃村、KTさんには懐かしい思い出の地といい
その話を聞かせていただき、おおいに心動かされたのだった。

続きを読む
posted by うさくま at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年04月26日

御嶽、栗柄からアタック

先日の土曜会で、思ってもいなかった
「多紀連山の山開き」のガイド役を仰せつかった。
担当するのは御嶽登山の栗柄コース。

このコースは先輩ガイドのMSさんが定番担当者であったが、
諸般の事情で今年はダメになったとのこと。
引き受けたものの栗柄からの御嶽登山は数えるほどしか登っていない。
ということで、天気も好いことだし下見登山に出かけてきた。

IMG_6553.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2015年04月25日

「ヒカゲツツジの咲く多紀連山ハイキング」のガイド

一昨日に続いて山登りガイドに出動。
今日は丹波篠山観光協会とJRの合同企画という
「ヒカゲツツジの咲く多紀連山ハイキング」のガイドで
篠山北東部に位置する八ケ尾山への登山だ。

ガイドのオファが来てから、相方をはじめ
先輩ガイドTさん、Mさん、観光協会のスタッフの方々と
おりを見て何回か下見で歩いてきたところだ。

篠山口駅の観光案内所かたわらで受付。
ハイキングの参加者は40人、最高齢者は80歳!
欠席者もなく全員が揃ったところで、
チャーターしたバスに乗り登り口となる篠見四十八滝に移動。

IMG_6322.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き