2018年12月09日

波々伯部氏の家紋探索

先週、再訪した墓所で心に引っかかっていた「舞鶴」紋の波部家。
その由来に関して、 丹波の祇園さんの神職 T さん に問合せると
北嶋集落の波部家の墓所といい、本家波部家の墓所ではない
別途、確認してみます。と嬉しい回答をいただき
その後、波部本家の墓所を確認したと連絡をいただいた。

ということで、今日、神職 T さんのお手をわずらわせて、
波部本家の墓所を案内いただいた。中世武家の系譜を引き
江戸時代は大庄屋として名を馳せた波部本家の墓所であれば
五輪塔や宝篋印塔が立ち並ぶ様子を想像していた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年12月02日

ふたたび大芋方面に出っ張る

朝、福井の風輪里でうどんを食べようということになり
出かけていったのが十時過ぎ、空いているだろうと
思っていたが、すでに満員。カレーうどんを注文して
待つこと・・十分、気長に待って美味しくいただいた。

47176361_1830758373689400_2851515344290316288_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年12月01日

おもゼミの取材、大芋地区は市野々へ。

今日は早起きして、作成途上にある 「おもゼミ 東部国人家紋編」の
レジュメづくり。一段落したところで大芋の取材に出かけた。

47296368_1829029733862264_6848903408825401344_n.jpg

畑に行きたいという相方を畑に降ろしたたあと
山上、山崎、山田家などの「菊に雁」紋の墓石がある
福井の墓地にお邪魔。ここにあるだろうと想定していた
宮林さんの墓石を発見、家紋は「折敷に林の字」紋だった。

続きを読む
posted by うさくま at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年11月24日

備前浦上氏の家紋探索に岡山に遠征

いま進めている「歴史民俗誌Sala」の次号原稿、
今回とりあげた浦上氏の家紋調査を播磨中心に続けてきたが
備前が調査できていないモヤモヤ感を排除するため
思い切って備前方面の取材に飛び出したのだった。

aIMG_9742.jpg
山陽道備前インターチェンジ

篠山口から372号線を西進、加古川北インターチェンジから
山陽道をひた走り、備前インターを下りてすぐのところにある
木谷の公民館傍に佇む浦上村宗の供養塔をウォッチ。

b46508770_1678986308874091_349660103680458752_n.jpg
浦上村宗の供養塔

続きを読む
posted by うさくま at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年11月11日

三田大原で家紋ウォッチ

三田のヒマラヤに出かけるも、求める品なく空振り!
ネットで買うと楽なのだが、
身につけるものはサイズが不安で躊躇する。
やはり梅田まで行くしかない、田舎は不便なことだ。

さて、せっかく三田まで出てきたことでもあり
三田大原城主だったという大原氏の菩提寺という
青原寺を訪問して大原家の墓地紋チェック。

IMG_9247.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年10月14日

市島町に遠征、家紋調査に汗を流す

今日も好天。
昨日に引き続いて、朝はやくから市島町竹田に繰り出し、家紋調査に汗を流した。

20181015_IMG_7547.jpg
栗柄峠を越えると左手に三尾山城
20181014_IMG_7582.jpg
石像寺山門

まず、重森三玲の庭で知られる古刹・石像寺近くの墓地にお邪魔する。市島に多い吉見、荻野、尾松さんらの墓石が並ぶ。石像寺は飛鳥時代の建立にはじまり明智光秀の丹波攻めで焼失、のちに曹洞宗寺院として再興された寺で境内一帯はなかなかよい雰囲気だ。紅葉のころに再訪、寺名と地域名のもととなった後方山中にある磐座にも登ってみたいところだ。ついで、段宿の井上家の株墓地、家紋は「井の字」と「違い鷹羽」とに二分されていた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年10月04日

稲美町で家紋講座を務める

今日は加古郡稲美町であたご大学歴史講座で「戦国武将の家紋と名字に探る我が家のルーツ」と題した講座を務めた。
会場となる稲美町文化会館コスモホールまで丹波の自宅から一時間ちょっと、渋滞もなく、約束時間に遅れることなく到着できた。

image1.jpeg

43087780_1754666497965255_3255211629817626624_n.jpg

事前打合せによれば、今日の参加者は500人と聞いていたが
会場は空席が目立ったものの今までにない大人数
ジワッと緊張感が押し寄せたが、もう俎の鯉である。

続きを読む
posted by うさくま at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年09月25日

丹波国氷上郡は市島竹田方面で墓地紋探索

朝、来週に予定されている家紋講座のレジュメ・プレゼン資料を作成、一作業終えて外を見ると雨が止んでいた。となれば、せっかくなので丹波氷上の市島町の竹田方面に出っ張って墓地紋ウォッチに精を出した。
竹田の最北、氷上郡と天田郡の境目に位置する法楽寺を訪問、境内墓地には土田姓が多くこぞって「二つ引」。

IMG_7061.jpg

その西方の村墓地も土田姓が多く「二つ引」、横江姓がこの地域らしい名字のようで「扇に三つ鱗」、吉見姓の「一文字に酢漿草」などが目にとまった。また、余田姓の「藤巴」、大槻姓の「結び雁金」、そして高見姓が多いのも市島町らしかった。

続きを読む
posted by うさくま at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年08月04日

またまたまたまた、春日町に遠征

赤井直正の居城・黒井城跡の東方の集落小多利、多利から
先週廻った野上野にある墓地を巡ってきた。
これで4週連続の春日町遠征、今日も相変らぬ酷暑
目的は家紋採取とはいえ、無謀な行動ではある。

IMG_9450.JPG
墓地より小富士山を見る

さて、一番目の小多利の墓地は黒井城を攻めた明智光秀が本陣を布いたという小富士山の東麓。遮るもののない墓地は噎せ返る暑さ、綾部に多い由良家の墓石が多く、家紋は綾部と同じく全て「三つ引両」紋。目にとまったのは高橋家、よく言われる竹笠紋ではなく「酢漿草に二つ引両」紋、三村家の「折敷に三文字」紋は信濃三村氏との共通性が感じられ心に残った。

1-set.jpg
由良氏の「三つ引両」紋と三村氏の「折敷に三文字」紋
1-004.jpg
市島町に多い吉見氏の「一つ引に酢漿草」紋

続きを読む
posted by うさくま at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

春日町は黒井城跡東方で墓地紋探索

赤井直正の居城・黒井城跡の東方の集落小多利、多利から
先週廻った野上野にある墓地を巡ってきた。
これで4週連続の春日町遠征、今日も相変らぬ酷暑
目的は家紋採取とはいえ、無謀な行動ではある。

さて、一番目の小多利の墓地は黒井城を攻めた
明智光秀が本陣を布いたという小富士山の東麓。
続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年07月30日

旧氷上郡春日町南部で家紋探索に汗を流す

昨日、予定されていた山城の整備作業が
東から西に進路を変更したおかしな台風によって中止となった。
溜まっていたドラマや映画などの録画をゴロンと横になって見続け
昨日は怠惰な一日を過ごしてしまった。

台風が通り過ぎた今日、なんとなく年休を取っていたことでもあり
晴れ間が出てきた十時過ぎ、先々週、先週と黒井城登山に汗を流した春日町に出っ張った。 三週目の今日は家紋と名字を採取しようと、 南部地域に散在する墓所を訪ね歩いた。 

38014711_1524508147655242_2746013819170979840_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年07月23日

暑さの中、懲りもせず家紋探索&城館ウォッチ

一昨日、黒井城跡で疲労困憊して下山したのち、喉を潤し
腹を満たし、チョッと体力を回復したところで
性懲りもなく陣城、属城をめぐりつつ、予め調べておいた
墓地を訪問、家紋探索に大汗を流した。(センテンスが長い・・・)

明智方の陣城である惣山城、茶臼山城の麓をめぐりながら
萬松寺の境内墓地にお邪魔した。車から降りると
思わず眩暈がするようなカンカン照り、暑さはピーク!である。

IMG_5033.JPG

続きを読む
posted by うさくま at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年06月23日

丹波国氷上郡青垣は遠阪で墓地紋をめぐる

昨年の秋より、丹波国氷上郡青垣町に散在する
お寺の墓地や村墓地にお邪魔して家紋探索を続けている。
青垣町で驚かされるのは「足立」名字の多さと
名字は違えながらも「五本骨扇」紋を使用する家の多さである。

先月、山城見学会に但馬に出っ張った帰り
遠阪峠を越えた青垣町遠阪の西方寺に十年ぶりに再訪。

IMG_4573.JPG 西方寺の石仏(2009.07.23)

続きを読む
posted by うさくま at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年04月30日

浦上・佐治・安保姓の家紋採取に神河町へ

一昨日、城崎温泉に1泊、 昨日、出石から氷上、そして
篠山の我が家までドライブして1泊 。3日間を一緒に過ごした
長男夫婦と金沢の義母さんとが帰っていった。駅まで送ったあと 
前から考えていた播磨は神河町界隈へ墓紋探索に出かけた。

探索の目的は、神河町の播但線新野駅近くに
散在する浦上、佐治、安保さんらの家紋採取である。

神河町へは通りなれた篠山川そいの道を走っていったわけで
丹波と播磨の境、小野尻峠を越え、さらに高坂トンネルを抜けると
神河町東部を東西に流れる越知川の三叉路である。 
続きを読む
posted by うさくま at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年04月14日

たつの市で家紋採取、町歩き

播磨の中世武家島津氏の家紋探索に たつの へ遠征、
併せて梶山城主肥塚氏の家紋採取、
室津の町歩き、神社、お墓巡りに精を出した。

天気予報では雨とのことだったが午前中は曇りとか。
善は急げと、朝、8時前に出発。
国道372号を西進、途中で嬉しいお日さんが出てきた。

30714974_1548891425209431_1525192523746639872_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年04月01日

丹波国旧氷上郡 家紋めぐり ― 市島町

一昨年の夏からおりおりに行っている旧氷上郡域の家紋採取
山南町から氷上町、柏原町のお寺、墓地をめぐり
昨年の秋は青垣町から福知山のお寺、墓地にお邪魔しながら
周辺の史跡を訪ねた。まことに地味な道楽だが
これがなかなか楽しいのである。今日は久しぶりに市島町にゴー!

黒井城跡北側、竹田川の支流美和川沿いに
散在する集落の村墓地をめぐり
ついで、山を越えた向こう前山川 沿いの
集落の村墓地、お寺の境内墓地をめぐった。

F067D1B0-5DB7-4EA5-AA2B-AFC7C77275F5.jpeg

続きを読む
posted by うさくま at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年03月02日

日本の名字・家紋大事典

一昨年の暮れ、突然、いただいた電話から始まった
家紋と名字事典、別冊の仕事が、やっと終わった。

本冊の執筆に忙しい日本家紋研究会会長高澤氏を
支援するかたちで取り組んだビジュアル版主体の別冊
家紋の歴史、寺社の紋、武将の紋、戦国合戦を彩る紋など
改めて勉強をしながら原稿執筆をやらせてもらった。

続きを読む
posted by うさくま at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月25日

綾部、由良川南岸で家紋探索

一週間の経つのは早い!あっという間の日曜日だ。
今日は、先日、訪問した大山の西尾家で拝見した「大山六景」を、一緒に訪問したKGさんが翻刻され、その最終版を預かった。
善は急げ!で、早速、プリントアウトしたものを西尾家に届けさせていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月17日

家紋研究会、丹波篠山家紋探索集会

今日の篠山は「曇り時々晴れ」の予報。
かねてから予定されていた日本家紋研究会の兵庫丹波の家紋調査行、当日。参加メンバーは T 会長をはじめ副会長のMさん、Kさん、そして自分の四人。
少人数だが、家紋に関していえば我が国において
最も濃いメンバーがそろったともいえようか。

朝九時半、篠山城跡石標前で集合。
篠山家紋の集いは、篠山城跡大書院からスタート。

a27972392_1496426443789263_2785803938085621625_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月11日

城下町の古刹に篠山藩士の家紋を探る

今週末に迫った家紋研究会の丹波集会、
その下準備のため篠山城下町のお寺を訪ね歩いてきた。
まず、中世土豪・小林氏が開基した小林寺さん、
お寺の後方の山は小林氏が拠った澤田城だ。

つぎは、波多野晴秀(秀治か)が開基したという観音寺さん、
ここの寺紋は曹洞宗の「桐」と「竜胆車」、そして
波多野氏の女紋という「丸に竪二つ引」である。

IMG_1505.JPG
境内墓地に篠山藩士・佐治家の墓所

続きを読む
posted by うさくま at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋