2018年04月30日

浦上・佐治・安保姓の家紋採取に神河町へ

一昨日、城崎温泉に1泊、 昨日、出石から氷上、そして
篠山の我が家までドライブして1泊 。3日間を一緒に過ごした
長男夫婦と金沢の義母さんとが帰っていった。駅まで送ったあと 
前から考えていた播磨は神河町界隈へ墓紋探索に出かけた。

探索の目的は、神河町の播但線新野駅近くに
散在する浦上、佐治、安保さんらの家紋採取である。

神河町へは通りなれた篠山川そいの道を走っていったわけで
丹波と播磨の境、小野尻峠を越え、さらに高坂トンネルを抜けると
神河町東部を東西に流れる越知川の三叉路である。 
続きを読む
posted by うさくま at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年04月14日

たつの市で家紋採取、町歩き

播磨の中世武家島津氏の家紋探索に たつの へ遠征、
併せて梶山城主肥塚氏の家紋採取、
室津の町歩き、神社、お墓巡りに精を出した。

天気予報では雨とのことだったが午前中は曇りとか。
善は急げと、朝、8時前に出発。
国道372号を西進、途中で嬉しいお日さんが出てきた。

30714974_1548891425209431_1525192523746639872_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年04月01日

丹波国旧氷上郡 家紋めぐり ― 市島町

一昨年の夏からおりおりに行っている旧氷上郡域の家紋採取
山南町から氷上町、柏原町のお寺、墓地をめぐり
昨年の秋は青垣町から福知山のお寺、墓地にお邪魔しながら
周辺の史跡を訪ねた。まことに地味な道楽だが
これがなかなか楽しいのである。今日は久しぶりに市島町にゴー!

黒井城跡北側、竹田川の支流美和川沿いに
散在する集落の村墓地をめぐり
ついで、山を越えた向こう前山川 沿いの
集落の村墓地、お寺の境内墓地をめぐった。

F067D1B0-5DB7-4EA5-AA2B-AFC7C77275F5.jpeg

続きを読む
posted by うさくま at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年03月02日

日本の名字・家紋大事典

一昨年の暮れ、突然、いただいた電話から始まった
家紋と名字事典、別冊の仕事が、やっと終わった。

本冊の執筆に忙しい日本家紋研究会会長高澤氏を
支援するかたちで取り組んだビジュアル版主体の別冊
家紋の歴史、寺社の紋、武将の紋、戦国合戦を彩る紋など
改めて勉強をしながら原稿執筆をやらせてもらった。

続きを読む
posted by うさくま at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月25日

綾部、由良川南岸で家紋探索

一週間の経つのは早い!あっという間の日曜日だ。
今日は、先日、訪問した大山の西尾家で拝見した「大山六景」を、一緒に訪問したKGさんが翻刻され、その最終版を預かった。
善は急げ!で、早速、プリントアウトしたものを西尾家に届けさせていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月17日

家紋研究会、丹波篠山家紋探索集会

今日の篠山は「曇り時々晴れ」の予報。
かねてから予定されていた日本家紋研究会の兵庫丹波の家紋調査行、当日。参加メンバーは T 会長をはじめ副会長のMさん、Kさん、そして自分の四人。
少人数だが、家紋に関していえば我が国において
最も濃いメンバーがそろったともいえようか。

朝九時半、篠山城跡石標前で集合。
篠山家紋の集いは、篠山城跡大書院からスタート。

a27972392_1496426443789263_2785803938085621625_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月11日

城下町の古刹に篠山藩士の家紋を探る

今週末に迫った家紋研究会の丹波集会、
その下準備のため篠山城下町のお寺を訪ね歩いてきた。
まず、中世土豪・小林氏が開基した小林寺さん、
お寺の後方の山は小林氏が拠った澤田城だ。

つぎは、波多野晴秀(秀治か)が開基したという観音寺さん、
ここの寺紋は曹洞宗の「桐」と「竜胆車」、そして
波多野氏の女紋という「丸に竪二つ引」である。

IMG_1505.JPG
境内墓地に篠山藩士・佐治家の墓所

続きを読む
posted by うさくま at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年02月04日

出石の古刹、宗鏡寺を訪ねる

今日は出石の古刹・宗鏡寺さんを訪問。
宗鏡寺さんは山名氏清の開基に始まり、但馬山名氏の没落後、
小出氏の招きを受けた沢庵禅師が再興したお寺だ。

昨年、有子山城跡が続百名城に指定されたとき、
山名城跡会の方が幟作成を企画、そこに描く家紋について
協力をさせていただいた。それがきっかけとなって、
山名氏、小出氏、そして仙石氏とゆかりのある
宗鏡寺さんを訪ねて出石ゆかりの大名家の位牌、そこに打たれた
家紋を拝見させていただこうということになったのである。

続きを読む
posted by うさくま at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年01月21日

東播磨の有力国人・依藤氏の家紋を探る

昨日に引き続いて、播磨の中世武家にゆかりの名字と家紋探索に出動。同行者は昨日と同じく相方、次女と孫ウーである。
今日のターゲットは、中世、依藤が勢力を張った小野市小田をメーンに、西脇にある墓地を歩き依藤さんの家紋を採取すること。小野一帯は依藤氏の城跡が散在し、本流であろう依藤さんの家紋に出会える可能性が高いところだ。

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年01月20日

東播磨、中村氏・安積氏の家紋探索

東播磨で家紋探索。
家紋コラムを連載中の「歴史民俗誌Sala」63号は、中世を生きた播磨武士の家紋と歴史を探ってみた。取り上げたのは、宍粟北部に勢力を張った中村・安積・田路の三氏。原稿はすでに校了しているが、東播磨に散在する中村家、安積家の家紋が心に引っかかっていた。そこで、あらかじめチェックした加西の牛居・両月の中村家、加西の安積家、小野の中村家の家紋探索、併せて、加東の依藤家の家紋採取に駆け回ったのだ。

higasiharima_kamon.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年01月12日

淡路文化会館で家紋講座を務める

今日は「いざなぎ学園講演会」で淡路文化会館に遠征。
話をいただいてから一年、まだまだ先の事と思っていたが本番当日!
時の経つのは、ホント?に早い ( ̄▽ ̄)
同行するという相方と次女&孫ウーの四人で篠山を出発
先月、下見したコースをたどって淡路文化会館に九時過ぎに到着。

01_26239448_1461848577247050_2070087682770748127_n.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2018年01月07日

丹波船越氏の家紋を探る

昨年末、淡路の船越氏の家紋探索に出かけてきた。
船越氏の場合、丹波、とくに日吉町域にも多く、家紋は三つ巴が多いようだ。ネットで日吉町域における船越姓の分布を探ると、志和賀、生畑方面に集中している。そういえば、日吉の船越姓にゆかりのある篠山住の方より、お寺に「九曜巴」を彫った墓所があり、地名と同じ神社、城跡も残っていると聞いた。目前に迫った淡路での家紋講座の調査も兼ねて日吉方面へと出かけた。

続きを読む
posted by うさくま at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋

2017年12月09日

亡母の一周忌で帰省、ついでに家紋調査

一年、経つのが本当に早い。母が鬼籍に入ったのが昨年の十二月七日、一周忌はどうするのか?と確認したところ七日にお参りしてもらうという。一周忌ならばキッチリと法要するものと思い、土曜日あたりかな?と思っていたが平日の七日とは! 流石に兄といおうか堅すぎるへんか〜、しかも田舎だけですますとは!
ともあれ、一周忌を放っておくわけにもいかない、アマの姉と連絡を取り合って参りに帰ろうということになったのだ。

01-24862657_1431824036916171_7744800333211744627_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年12月04日

孫をむかえに亀岡へ、ついでに家紋ウォッチ

先月、帰日した次女と孫、昨日から城陽市にある相方の実家に帰省。
ちょうど通院日だったこともあって、福住の山鳥病院によって亀岡駅まで移動。
約束の時間まで間があったので、どうしたものかと思っていると
道端に墓地を発見、早速家紋をウォッチ。

続きを読む
posted by うさくま at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年11月23日

Sala 取材、但馬から播磨をめぐる

ずーっと連載を続けている歴史民俗誌「Sala」の新しい原稿は「播磨の中世武家と家紋」、ということで、宍粟郡の中世武家、安積氏、田路氏、中村氏にゆかりがあるであろう家々の墓地を訪ねて但馬から播磨北部で家紋探索。まずは但馬朝来で安積家の家紋を採取。

01-23795541_1416750285090213_2000896517338722185_n.jpg
和田山町桑原、和田山の安積家

02-23795922_1416750281756880_6713349279128297091_n.jpg
和田山町桑原、和田山の安積家

03-23722741_1416750291756879_1458225715091687449_n.jpg
朝来市老波の安積家

続きを読む
posted by うさくま at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年11月19日

いまや恒例、青垣に家紋探索行

予定されていた「山名氏城跡保存会」のオフ会が中止になった。
時間がぽっかり空いたので、先週に引き続いて
青垣町の墓地をめぐって家紋探索に出かけた。

続きを読む
posted by うさくま at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年11月13日

青垣から福知山を家紋探索ドライブ

今月に入ってから、青垣町の家紋ウォッチに勤しんでいる。

かつて西遷御家人として佐治荘に入部した足立氏、信濃から移住してきた芦田氏が拠った芦田荘を中心にお墓を訪ね歩いている。

01_23517415_1408542332577675_6422723471928092909_n.jpg

足立、芦田ともに旧氷上郡の北部に集中する名字であり、青垣町から峠を越えた福知山市側にも足立姓と芦田姓が分布している。自動車のなかったむかしは、峠を挟んで人・ものが往来、婚姻も多かったことに由来するのだろう。また、両氏とも戦国期の負け組みに属しながら、よく名字が残っているのは一種、壮観ではある。

10_23473032_1408542735910968_5582071769246597851_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 14:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋

2017年11月12日

青垣町で家紋ウォッチ

先達役を終え、一旦帰宅、墓ウォッチに出動。今日は、日本海の塩が運ばれてきたことが由来するという「塩久」地区の墓を訪ねて紋をウォッチした。先日訪ねた東芦田地区とは、小室城跡が残る山をはさんだ西方の谷筋の集落だ。

01_23471901_1261016007337792_3880934816041943017_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年11月05日

氷上へ家紋探索行

今日は、ついにダウンした洗濯機を買い換えるため、
丹波国氷上郡へでかけた。せっかくの氷上行きなので
早目に出て青垣町南部の墓地を訪ねて家紋ウォッチ。

氷上郡に越える手前、鐘が坂峠手前の大山に鎮座する追手神社に道草。

01_23131618_1401743156590926_4188172547395317545_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2017年06月11日

摂津三田の村墓地で家紋探索

朝、ディスカバーガイドに出役。
篠山城跡・大書院から城下町を歩き
いま注目を集めているNIPPONIAまでご案内。

IMG_5228.JPG

ガイドを終えた後、いったん家に戻って昼食をとったあと、
先月、神戸のイベントに行ったとき
三田の四辻で目にとまった墓地に出かけた。
どうも、墓地を見ると、家紋を確認しないと落ち着かない。

続きを読む
posted by うさくま at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋