2018年08月13日

歴史民俗誌 Sala 64号 が届いた

連載がスタートして7年、
ダッチロールしながら14回を数えた。
62号より播磨の中世を生きた武家の歴史を
家紋を切り口に書かせてもらっている。

5AB6764C-6659-406F-A35C-25D1DE892D7A.jpeg

今号では揖保郡の島津氏、
赤穂郡の海老名氏の歴史と家紋を
資料調査と現地踏査から書いてみた。

記事は僅か5ページのことだが

調べる過程が実に楽しい。さて、次号は・・・

posted by うさくま at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月28日

「市名の名づけ親になろう会」発足式にお邪魔

いま、取りざたされている我が住む町「篠山」の市名変更問題 。
隣の氷上郡が「丹波」市を名乗ったことで、篠山市の特産品である 黒豆、山芋、栗、米など「丹波篠山産」と謳っていたのが 、いずれも丹波市の特産品に誤解され、「丹波篠山」も 商標的に問題があると県が言い出したとかで、このままでは篠山の特産品がジリ貧となってしまう。その解決策として 市名を「丹波篠山」に変更しようという話が降って沸いたのだった。 

昨年より市名変更推進派の皆さん(団体)が幅を利かすようになり、変更にかかる費用として一億円が寄付される、外部の調査会社による調査の結果「これだけ損失が出る」、さらにアンケートの結果、市名変更に賛成する市民が一万人などと、話はドンドン市名変更に傾いた。

続きを読む
posted by うさくま at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倉庫の工事が進行中

倉庫の増築工事が、なんとなく進んでいる。 
7月9日の月曜日、北側に生い茂っていた無花果、枇杷、山椒、
茗荷などの 木々が切り払われ、翌10日基礎づくりが始まった。 

IMG_4754.JPG
九日、木が払われ整地が完了
IMG_4764.JPG
10日、基礎工事に着手

以後、遠く京阪方面から大工さんが通ってこられ 
記録的な暑さの中、こつこつと工事が続けられている。 

続きを読む
posted by うさくま at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月11日

王地山陶器所で、踊って喋って土を捏ねた

篠山の夏といえば「デカンショ祭」、
いま、篠山市役所の某課が市内の事業所を回って
日本遺産のまち篠山をPRする目的で
デカンショ踊りの撮影を続けている。

yuotube_dekansyo.jpg

今度、王地山陶器所が撮影の対象となったことを受けて
陶器所の陶工たちがデカンショ踊を練習する流れとなり

続きを読む
posted by うさくま at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月09日

倉庫工事着工、荷物の整理は?

かつて、大阪から奈良、奈良から篠山、
篠山から横浜、横浜内の移動、さらに横浜から京都
とどのつまりが京都から篠山と
まるで枯葉が舞うように引越しを繰り返した。

面倒くだいことではあったが
引越しは否応なく様々な荷物を整理することになり
一時はやった「断捨離」を知らず知らず行っていたのだった。
続きを読む
posted by うさくま at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月07日

大雨台風、西日本はらいことに!

ここ数日、台風の影響を受けた雨が続いている。
そして、昨晩から大量の雨となり
テレビのニュースは九州から中四国、そして近畿が
えらいことになっていると姦しく報道している。

20180707_02.jpg

わが家は山を削った造成地にあり
水害の心配はないが、雨風のスゴサには驚かされた。
昼過ぎには、雨も風も収まってきたが
テレビのニュースは土砂崩れ、堤防の決壊などなど
被害がドンドン広がり、死者も出ているという事態となった。

20180707_01.jpg

こういうときにあれだが 篠山川の状況が気になり、出かけていった。
よく言われる川を見に行って流されたと報道されるが
きっと、こういう風に出かけていった結果なのだろう。
ともあれ、今週末は家でおとなしくしているしかない。 
posted by うさくま at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月03日

節目の65歳を迎える

ついに、というべきか、フル年金受給年齢を迎えた。
あたりまえといえばあたりまえのことだが
なんら変わるところはない。
65年目の誕生日というだけのこと・・・

と思っていたのだが、とんでもない
誕生日プレゼントをいただいてしまった。

続きを読む
posted by うさくま at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月02日

引き続いて、ペン立て作りに励む

先週の月曜日、篠山市城下町の東部にある
王地山陶器所が受注した「王地山焼筆立」づくりの
手伝いに悪戦苦闘した。一週間経った今日、
だいにかいめのお手伝い作業に出っ張った。

前回、作ったもののうち、約 1/3 にヒビ割れが生じた
と聞いただけに悪戦苦闘は必至と意気消沈しながら
陶器所に行ったところ主任陶工氏が
これなら上手くいくという道具立てをしてはって
作業を進めたところ何と形も揃い作業も捗るではないか!

続きを読む
posted by うさくま at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月25日

王地山焼「筆立て」つくりに励む

いま、勤めている法人が管理・運営している王地山陶器所。
いわゆる「丹波青磁 篠山藩窯」で知られる王地山焼を復興
その伝統技術の継承と普及に努めているところだ。

その王地山陶器所が記念品「筆立て」作成を受注
秋ごろに開催されるイベントに配布されるとのことで
総数500個、受注価格は伏せるが、サービスプライスである。

ということでおよばずながら
日常の作陶に忙しい陶器所の陶工をサポートすることになり
朝から陶器所入りして終日「筆立て」づくりに励んできた。

続きを読む
posted by うさくま at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月06日

丹波篠山観光ボートの片付け

昨年の春より、現職場が管理・運営をしている
篠山城跡北堀を池に見立てた丹波篠山観光ボート。

やや早めに満開となった桜前線に
若干、遅れ気味な4月1日に営業をスタート
4月の土日から五月の連休、そして土日と続けてきた。

26196114_1746806542032015_4654018693971093054_n.jpg

お世辞にも満員御礼になる日はほとんどなかったが
春の観光アイテムとしては注目されたようではある。

続きを読む
posted by うさくま at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月03日

篠山子ども狂言 2018年度 稽古スタート

今年も、篠山子ども狂言 2018年度の取組が
文化庁「親子教室事業」に採択され、
その初回として参加者の顔合わせを行った。

今年の一月に2017年度の発表会を開催してのち
早くも五ヶ月が経過。その間に子どもたちは中学生、高校生に成長
果たして何人の子どもたちが参加してくれるかと気をもんだが
蓋を開けると十人の子どもたちが参加してくれた。

続きを読む
posted by うさくま at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月24日

手づくり甲冑の贈呈式

篠山市内で甲冑製作をつづけていらっしゃる時本昭男氏が
篠山藩主・青山家の家紋「無文銭」をモチーフとした甲冑を製作、
青山家ゆかりの篠山城大書院に贈呈された。
その贈呈式が、篠山城大書院虎の間でプレスを呼んで行われた。

DSC_0017.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月14日

篠山市NHK大河ドラマ推進準備委員会 発足

2020年のNHK大河ドラマが明智光秀を主人公とした
「麒麟がくる」に決定、主役は長谷川直己が演じるらしい。
かねてより亀岡市・福知山市など明智光秀にゆかりの
京都側の自治体が大河誘致運動を続けていた。
その運動に、兵庫側の篠山市・丹波市も参画、
大河ドラマ誘致にこぎつけたのだった。

31045299_1990983517638822_6779447725625502869_n.jpg

もっとも、原作はなくオリジナル脚本というから
ドラマのシナリオはまったく不明ということで
どれだけ、丹波のことが取り上げられるのか? 
続きを読む
posted by うさくま at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月13日

中井権次のパンフレットをゲット

丹波は、ひさしぶりの雨。
昨今の天気予報は恐ろしいほどよくあたる。
気象衛星の存在は、まことにすばらしい。

ここ最近の気がかりは Sala の次の原稿
たつの、相生方面に取材に出かけ、
あれこれ史料、家紋を調べている。しかし、
続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月12日

ディスカバーガイドな一日

朝、いい天気のなか
ディスカバーガイドグループ土曜会に出席。
いつもの連絡事項がサクサクと終わったのち
恒例のガイド研修。今日の御題は「伊能忠敬と篠山」
講師は、伊能忠敬の会の重鎮・加賀尾氏。

6781E85C-AAFD-4C13-9775-1B548EDC4AA5.jpeg

昼からは、NHK京都の歴史講座ガイドに出役
先日、2020年の大河ドラマ決定を受けて
光秀にからむ丹波の城・史跡をめぐる講座である。 
続きを読む
posted by うさくま at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月26日

ディスカバーささやまグループ総会

ディスカバーささやまグループの第三十六回総会に出席
振り返れば、節目の三十周年記念の年にディスカバーに入会、
七年目を迎えたことになった。感慨無量というより
未だ、ガイドが板についていない駆け出しの身である。

180426_1003~01.jpg

総会は予定された式次第通りに
市長はじめ来賓のみなさんのあいさつ、以下、次第にそって
議題通りにシャンシャンとすすみ、波乱もなく終了。

180426_1033~01.jpg

新たに作成された法被型のユニフォームを着て
記念撮影をすまし、恒例の昼食会を終えて解散となった。

180426_1159~01.jpg

今年の総会では、先日、決定した
明智光秀を主人公とした2020年の大河ドラマへの
取組が話題となり、何やら忙しくなりそうな気配。
個人的には、光秀の大河を期待していたことでもあり、
光秀にからむ丹波の山城攻め、戦国スポット歩きなど
おおいに「やらかしていただこう」と思ったことだった。

posted by うさくま at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月23日

青山歴史村 屋根葺替え工事終了

昨年の台風で被害を被っていた、
旧篠山藩主青山家別荘を史料館に転用した青山歴史村。
とくに茅葺屋根の長屋門の被害は深刻で
長く見学禁止であったが、今日、やっと葺替え工事が終わった。

aoyama_IMG_7973.jpg 昨年の台風被害

もともと経年劣化で葺替の話は出ていたのだが
台風被害が工事着手の早期化を後押しすることになった。

続きを読む
posted by うさくま at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月13日

大書院のサポートガイド

今日は十三日の金曜日。
だから、でもないだろうが四月中ごろとは思えぬ寒さ
いつもいる事務所を離れて篠山城大書院に入る。

団体さんが集中したそうで、及ばずながら
ガイドのサポートと受付の応援に頑張らせていただいた。

30708667_1977182112352296_6358159572829078724_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月07日

次女と孫ウーがノルウェーに帰った

昨年の十一月の後半に帰日して以来
約四ヶ月半、篠山に居候していた
次女と孫ウーがノルウェーに帰っていった。

帰って来た時は赤ちゃんだったのに
ハイハイをはじめ、離乳食を摂り、自我も芽生えるなどなど
孫の成長する姿をジックリ見させてもらった。

B5E80629-5202-4B7F-A8D6-34424B65227D.jpeg 11月25日
帰日四日目、まだ旅の疲れが残っているような
続きを読む
posted by うさくま at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

次女の講演を拝聴

2018年度の社員研修が終了。
例年なら秋も深まったころに実施するものを
今年は、珍しく年度早々に行われたのだった。

お題はインバウンドで、講師には、なんと
ノルウェー在住の次女に依頼があった。

30582402_1544987522266488_4212869704806563840_n.jpg

上司からオファがあったときは気軽に受けたわけで
昨年から我が家に滞在している次女に話すと快諾。
続きを読む
posted by うさくま at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記