2019年02月03日

一陽来復の御札を貼る

2019年の節分、我が家の恒例となった行事
「一陽来復」のお札を今年の恵方(東北東)に向けて貼り
鬼は外、福は内!と豆まきを無事執り行った。

これで、我が家も「一陽来復」、
陰から陽、冬から春、陽光に包まれることになる(はず)
正直、どのような幸運に恵まれているのか、実感はない
大金持ちになってもいない、健康そのものでもない
とはいえ、平穏無事に生きていることだけは実感できる。
ともあれ、また一年、息災に暮らせることだろう。

とりたてて信心深い性質でもないし
「一陽来復」の御札に捉われるわけでもないが
ずーっと続けてきたことを止めるというのも心がひける
ま、身体が動く限り「一陽来復」は我が家にあり続ける(はず)
posted by うさくま at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

MRI 検査を受ける

先日の血液検査の結果のあまりの数値の悪さをふまえ
予約していただいたMRI 検査を受けた。

筒状の検査装置に入る、「五月蝿いですので」とヘッドフォンを
渡され装着、MRI 検査装置に入っていった。
その五月蝿いこと? 騒音の嵐の中で、時折に突き上げるショック
続きを読む
posted by うさくま at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月27日

ささやま市民センターまつり

今朝起きると外は雪、五cmくらいは積もっていたろうか。
一昨日より準備を進めてきた
ささやま市民センターまつり の当日となった。
今年で第九回を数えるイベント、
振り返れば入社して以来、8回の参加となった。思えば
これほど長く勤めることになろうとは・・・。

今年の担当セクションは、昨年に引き続いて
音楽発表会場となる二階の多目的ホールである。
朝の十時にオープニングセレモニーが行われたあと
午後四時まで センターまつり参加団体の発表が行われた。
朝の雪にも関わらず出足は好調で
盛況のうちに今年度の市民センターまつりも無事に終了。

まつりが終わったあとは片付けである
明日は朝から借用品の返却、各部屋の掃除が待っている。
まつりはそれまで終わらないのであった。
posted by うさくま at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月24日

パナソニック アプライアンス社の見学会に滋賀へ

今日は滋賀に出張、パナソニック アプライアンス社の工場見学。
ひっさしぶりの工場見学! 
いまはむかし、某社の仕事をやっていたとき
いわゆる製造業主体とした異業種交流会の裏方を担当した。
交流会の人気イベントは他社の工場見学会と取組事例セミナー
裏方としてはクライアントの担当者の方とタッグを組んで
工場見学会の下見、当日の運営補佐、記録係を務める
セミナーに関しては発表者との下打ち合せから当日の懇親会終了まで
息の抜けなかったことが思い出される。
続きを読む
posted by うさくま at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月20日

光秀が主人公の大河ドラマをにらむ講演会

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」を受けた
丹波地域ビジョン委員会のグループ「つなぐ」さんの企画
『時空を超えて―光秀がつなぐ丹波』 。

その一環として、昨年は金山城跡登山会が行われ
ついで八上城と波多野氏、黒井城と赤井荻野氏の歴史講演会が
行われることになり、その講師をつとめることになった。
続きを読む
posted by うさくま at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月18日

前立腺炎の精密検査結果を聴く

昨年末以来、苦しめられている前立腺炎(膀胱炎とも)
仕事始めの日にかかりつけの医院で受けた採血検査。
今日、結果を聴きにいったところ検査はPSA検査といい
前立腺がんの可能性がある人を見つけるための検査であった。

65歳くらいの基準値は3.5ng/mL以下!

それがお医者さんも驚く「50!」という異常に高い数値!
「それって・・・がん?」と言い掛けたが、
「MRI で精密検査を受けましょう」との先生の診断。
ともあれ、最悪の結果は不明として精密検査を受けることになった。
二十代のころより付き合っている前立腺の不具合
いよいよ、最終ラウンドに差し掛かったのだろうか?
posted by うさくま at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月16日

職場の新年会に参戦

いま籍を置いている職場の新年会に出席。
今年は二度目の幹事役(といってもサブだが)を拝命、
参加募集チラシの作成とビンゴゲームの賞品買出に
一役かわせていただいた。賞品のチョイスは
まず自分が欲しいものをメーンに選ばせていただいた。

参加者は全職員の七割ぐらいだったろうか?
お決まりのセレモニーで会は始まり、
簡単な自己紹介などで座を和ませる。本来なら
まだ禁酒を守らなければならぬ身ながら、注がれるままに
ついついビールを何杯か!酒好きはダメですね。

さて、ビンゴゲームはおおいに盛り上がり、
選んだ賞品は次々ともらわれていき
結局、ビンゴ!となったときは欲しかったものはなし!
駄菓子の詰め合わせ福袋をゲットしたが
いつもお世話になっている同僚にもらっていただいた。

役得を行使して欲をかいた身には、
当然というべき結果となった。
posted by うさくま at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月12日

こども狂言 発表会

今日は「篠山こども狂言」早春発表会当日。
昨年の6月に稽古を開始して以来、8ヶ月、
こどもたちが一所懸命の演技を披露したのだった。

今年の参加者は十人、
これまでで最少人数での発表会となった。
番組は「土筆」「狐塚」「以呂波」「附子」の四番、
そして、指導者である大蔵流狂言方のY氏と
同じく大蔵流狂言師の二人による番外狂言「棒襷」を一番。


続きを読む
posted by うさくま at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月04日

未だ残る熱っぽさ!医者で診療を受ける

今日は2019年の仕事始め。
昨年末より患った持病の再発による高熱、頻尿も何とか落ち着き
ボーっとした状態ながら出社したことだった。

恒例の式次第が終わったのち、かかりつけの医者へ。
「やはり」前立腺炎、もしくは膀胱炎であろう?という診断。
それは想定内であったこと、このままダラダラというのはスッキリしない。
それなら精密検査をしましょうということで採血、
二週間後に検査結果を聞きに来ることになった。
さて、さて、齢を重ねると経年劣化がドンドン進行することだ。
posted by うさくま at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月03日

寝正月ならぬ寝たきり正月

暮れの30日に再発したと思われる持病(おそらく前立腺炎)
結局、31日の大晦日から新年の1日にかけては39.5度の高熱!
20分もしない間にトイレに走る頻尿の嵐
ほとんどウトウト状態、熱で足元もおぼつかないフラつく身体で
ひたすらトイレを往復する、これがキツかった!

昨日から今日にかけては熱も38度前後を推移、
夕方になってホボホボ平熱の36度に下がった。
頻尿もなんとか落ち着いたようだが残尿感がいやらしい。結局、
年末年始は想定外の持病再発で寝たきり正月を強いられた。
気付けば明日は仕事始めではないか!
頑張って出社して、かかりつけのお医者さんに行かねば。

これで二年連続の不本意な年末年始休みとなった。
当然ながら酒はご法度、高熱の身には食事もうまくない。
六十歳を越えてから持病の再発間隔が短くなった
身体も気持ちも元気なのだが、この持病、根治はならぬものか!
酒を止めるのが一番なのは分かっているのだが、それが難しい
さて、今年も持病を騙し騙しいくしかない、面倒なことだ。
posted by うさくま at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月29日

講座「波多野氏と八上城」パワポ作成

今日から年末年始の休みがスタート。
来月の20日に予定されている
丹波地域ビジョン委員会 グループつなぐ 主催の
講演会「時空を超えて〜光秀がつなぐ丹波〜」

その第1部になる「波多野氏と八上城」の講師を依頼され
当日、講演に使用するパワーポイントを編集、作成した。

委員会との打合せでは、知られることの薄い波多野氏のルーツ
波多野氏が丹波の戦国大名に成長するプロセス
そして、織田信長の上洛から丹波攻めに至る間の波多野氏
その間における八上城の整備、拡充、光秀との籠城戦
波多野氏の滅亡とその後・・・ といった内容を歴史に詳しくない
聴講者にも分かるように話してほしいというもの。

D277E196-7C68-4EF1-BDE5-BC5DB0950ADB.jpeg

それに加えて第2部の「荻野(赤井)氏と黒井城」の内容と
ダブルところが少ないようにとのリクエストだ。

ともあれおおよその骨子は出来ているわけで、
系図を主体に前半を構成、後半は波多野氏を旗頭とした旧多紀郡の
国衆らの勢力範囲と彼らが拠った山城群をマップ化して構成した。
朝から始めて夕方まで、黙々と一気に作り上げた。
とりあえず Trial  Ver 1 としてはマズマズとしよう。
この年末年始の休みの間にぼちぼち見直し、完成させねば。

posted by うさくま at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

来年度のおもゼミ会議に参加

今日は昼から年休をとって「おもしろゼミナール」
来年度の企画打ち合わせミーティングに出席。
場所は、いつもの中央公民館と思い込んで
出かけると、「なんと!」今日は城東公民館だった。

遅れること十分、恐縮しながら会議に参加。
今日の出席者は公民館担当者のKさん、Mさん
辻のTさん、植物のエキスパートHさん
そしてDさん、田中の六人であった。

おおむね、今年、好評だったテーマを踏襲、
あらたにDさんの旦那さんが研究、発信されている
狛犬を加えることになった。
田中が担当する「国衆と家紋」も継続となったが、
さて、何を取り上げるか?やはり大河に絡む話かな〜?
とは思うのだが、来年のテーマ、難儀しそうだ。
posted by うさくま at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月23日

篠山城大書院、第九回 戦国祭に参戦

篠山城大書院、秋の恒例イベント「戦国祭」
振り返れば、第一回目は一入館者として講座を拝聴した。
翌年から、一職員として戦国祭に家紋講座の担当として参加。
以後、家紋に関わる出しものの担当を務めている。

sengoku2018_A.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月17日

大阪福島のマンション、初入室

前から行こう行こうと言いつつ、やっと今日
次女と孫ウー、相方の四人と一緒に鷺洲のマンションに入室した。
長男が有するコンパクトなワンルームマンションだが
梅田にも近い、なかなかよい立地にある。
田舎に暮らす者にとって、都会の町なかは便利でよい。

46470444_1812167355548502_1491109986862891008_n.jpg


20181117_image2.jpeg

布団などなど、いろいろ運んできた荷物を部屋に入れたあと
次女と孫ウーを連れて相方の実家 がある鴫野へ。
この九月に亡くなりはったお義母さんにお参りだ。
お墓は和歌山にあるため、今日は仏壇に祀られる
位牌に次女・孫ウーともども手を合わせたことだった。

結局、鴫野の実家に泊まることになり
明日の高取城登山会、準備万端とはいえないまま
出かけることになった。山城とはいえ、ほとんど
近世城郭、藪漕ぎや尾根踏破などはないだろうが、さて?
posted by うさくま at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月16日

波多野秀治画像、高城山合戦図を展示

来週の日曜日に迫った
波多野秀治ゆかりの地歩きの目玉となる
秀治肖像画三幅と合戦図三幅の展示をお手伝い。

画像は歴史美術館蔵のもの三幅
秀治の菩提寺である誓願寺さん蔵が三幅
一堂に展示されるのは、初めてのことだろう。

20181116_image3.jpeg


20181116_image1.jpeg

誓願寺さんから借用した三幅に、
美術館蔵のもの三幅を併せて六幅
美術館の第二展示室に一堂に展示した。これだけ揃うと
なかなかどうして見ものであった。

明治以降に画家の手になる馬上の秀治像一幅以外のものは
由来などに不明なところ(考証的にも)が多いが
秀治という人物と八上城合戦に思いを馳せるに十分な展示!
ツアーの目玉となることは間違いないだろう。
posted by うさくま at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月02日

王地山焼のペン立て完成

久しぶりに王地山陶器所にお邪魔すると
六月ごろから、折々にコツコツと作っていた 
丹波青磁 篠山藩窯 王地山焼 のペン立てが焼き上がっていた。

45202462_1792882654143639_5925529515139792896_n.jpg


45195577_1793197050778866_5905590666339024896_n.jpg

受注数500個、単価はムニャムニャというもの
通常の作陶も忙しい陶工さんをサポートする形で
作業工程のいくつかをお手伝いさせていただいたものだ。
素人のやることとて、やったことは簡単な成型工程が
ほとんどであったが、アッサリと焼きあがっていた。
聞けば、発注先への納品も終わったとのことで、
ペン立て作りはなんだか拍子抜けする幕切れとなった。
posted by うさくま at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月31日

「つなぐ」プロジェクトの打ち合わせに参加

この夏より、丹波地域ビジョン委員会さんが
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」を睨んで企画される
明智光秀に関わるいろいろなイベントに参加している。
今日は、メーンメンバーの高橋京子さん、伊勢さん、
「つなぐ」プロジェクト事務局の中原さん、
郷土史家の村上正樹さん、丹波新聞荻野社長らと。
来年1月20日に予定されている講演会の打ち合わせ。

続きを読む
posted by うさくま at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月27日

義母の四十九日に大阪へ

先月の15日に旅立たれたお義母さんの
四十九日の法要に参列するため大阪に出かけた。
きっちり日数通りに数えれば11月2日に
なるのだろうが、俗説に言われるところの三月またぎは
縁起が悪いということもあったのだろう
チョッと前倒しになる今日の法要となった。

法要などで悩むのが服装である。
礼服か黒っぽいスーツで出かけるのがよいのだろうが
Gパン着用はさすがに「あかんやろ」と常識が働いたが
普段着で「え〜やろう」と呑気に出かけていった。

続きを読む
posted by うさくま at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月25日

古民家ホテルNIPPONIA

高齢化、過疎化が加速するなかいま、
大きな課題となっているのが増加する空家問題。
数多ある空家のなかでも、注目されているのが古民家の再生。
その最先端事例といえるのが古民家ホテルNIPPONIAだろう。

篠山城下町に残る古民家再生からスタートした
古民家ホテルNIPPONIAが、先年、重要伝統的建築物保存地区に
選ばれた篠山市東部の福住にもオープンした。

続きを読む
posted by うさくま at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月09日

味まつり などなどに出動

10月の6日、7日、8日の3日間
篠山のビッグイベントのひとつ「味まつり」が開催された。

tanbasasayama-ajimatsuri-2018-1.jpg

例年、現職場がシャトルバスの運行サポートを受託。
篠山口駅と会場近くの市民センターとの往復のチケット販売
味まつり会場の地図、特産品の当たる応募用紙の配布などに
いわゆるアルバイト扱いで職員が対応。 

続きを読む
posted by うさくま at 16:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記