2013年10月05日

能勢を経由して大阪へ

今日、予定されていた講座丹波学の三講が延期となり、
トレッキングの下見と思ったが天気がいまいち。ということで、
大阪行きを早め、天王の吉良城跡を再訪し、
倉垣にあるらしい九曜紋を用いられるという
吉良家の墓所を探索しつつ大阪に向かったのだ。
天王は摂津の北端に位置し、多紀郡との境目となるところ。吉良城跡は丹波と摂津を結ぶ街道(173号線)沿いにあり、山城というより居館というべきつくりだ。 
大手にあたる谷筋を抱くように伸びる尾根に曲輪が数段、要の位置に主郭が構えられている。主郭は大手谷筋に土塁を設け、曲輪部分は削平も丁寧、後方山側の切岸も高い。

能勢吉良城-01
吉良城跡主郭部 大手側の土塁が見事!

主郭部は獣防柵が取り巻き踏みいることができない。入口をさがしつつ後方に続く尾根筋を探ったが、入口はなく期待した堀切もなかった。吉良城は防御力としては段状の曲輪と切岸くらいで、やはり居館であったようだ。となれば、詰めの城の存在があるのではと思ったがそれもないらしい。

能勢吉良城-02
尾根先の曲輪、左手に土塁があり古い墓所が存在する

吉良城主は吉良氏だったというが、どれくらいの勢力を有した武家だったのか何ともこころもとなく思われたのだ。
城跡曲輪の一角に古い墓所があり、見れば吉良の名字が刻まれているではないか!城主の子孫にあたる家なのかどうかは知り得なかったが正面の古苔を取り払うと「日を打った檜扇」紋があらわれた。紋も往時のものか判然としないが、なんとなく吉良の名字にふさわしいものに思われたのだった。

能勢吉良城-03
墓所の古墓に刻まれた家紋

天王より倉垣に移動する間、吉良家にゆかりの何物かがないものか?とうろうろしたが、らしきものはなく倉垣にある日蓮宗寺院の境内墓地に立ち寄ってみた。と、墓地の一角に真新しい吉良家の墓所を発見、家紋を見ると「角九曜」であった。

能勢吉良紋
倉垣の寺院墓地で見つけた吉良家の角九曜紋

吉良家の角九曜には、能勢一体を治めた能勢氏の定紋「切り竹十字」が隠れている。その起こりには諸説あり、吉良の名字発祥に関する伝承と併せて家紋と名字にまつわる興味深い話となっている。
北摂に中世以来の香りを残しつつ存在する吉良家の中世城跡再訪、墓石に刻まれた家紋との出会いは、なかなか面白い収穫であった。能勢経由大阪コースはよく利用する道なので、次の機会には天王、倉垣の吉良家の墓所を探りたいものだ。
posted by うさくま at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史探索
この記事へのコメント
私の実家、吉良家の墓地がと思われます。
祖父が存命の時にはまだその地に住んでおりましたが、今は能勢に残るものはおりません。私自身は子供の頃、屋敷跡と墓を訪れた事がある程度です。
久しぶりに能勢の事を読み知り懐かしい思いでした。ありがとうございます。
Posted by 藤本浩美 at 2016年03月03日 15:04
能勢一帯は、清和源氏の氏神多田神社にゆかりの
多田御家人の流れを汲む家が多く
能勢の吉良氏もその一家ではと思われるのですが
いまだ、確証は得られません。
家の歴史とそれを語る家紋、奥が深すぎます。
Posted by うさくま at 2016年03月05日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77798324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック