2013年06月29日

戦国倶楽部オフ会で安土城攻め

昨日はエルマガジン社のみなさんと丹波篠山金山城を攻めたが、
今日は戦国倶楽部のオフ会で近江安土城攻めである。

倶楽部の佐吉さんと三宅さんらと大阪駅で待ち合わせ
ワイワイと戦国話をしながら安土駅まで行くことになった。
ところが、三宅さんは電車に遅れたとのこと、他にメンバ―は見当たらず
ともあれ、約一時間半の電車の旅となった。
京都駅で明石から参加のI女史と合流、
話はさらに盛り上がりアッというまに安土駅到着。

改札を出ると、参加者らしい人たちが
さらにこれまで何度かご一緒した面々も続々と集合して全部で13人!
ここ一年ばかり、細々と二〜三人で城めぐりをしていたことが嘘のような人数
やはり、安土城と織田信長の人気は別格なのだな〜と、実感。

戦国倶楽部_安土01

ともあれ、駅前でレンタサイクルを借りて、まずは安土城考古博物館で安土界隈と安土城の歴史を再勉強。ついで信長の館で、実物に近いのではと思わせる安土城天守を見学、金箔づくしの模型の要所に捺された織田木瓜、桐の紋をウォッチ。館内の土産物屋も、これは面白い!と思わせるものがあり、やはり信長に関わるものは見ていて面白い。

戦国倶楽部_安土02

考古博物館で遅れていた三宅さんと合流、つぎは、本日のメーンデッシュというべき安土城攻めである。大手門に自転車を停め、ワイワイ言いながらチケット売り場で500円を払い、一筋に伸びる大手の石段に踏み出す。珍しく、ヒトのいない光景で素晴らしい大手道の写真を撮ることができた。
これは幸先がよいと思ったものの、おりから快晴の空から照りつける陽光は半端ではない暑さである。フーフー言いながら、大手を登り、いま論議を呼んでいるクロガネ門から信長廟所を巡っていく。やはり安土城の縄張りとそれを形づくる石垣群は、戦国時代の山城群のなかでは一頭群を抜いたものというしかない圧倒的な迫力である。

戦国倶楽部_安土03

御殿跡を経て天守台、天守台は地下蔵式の跡をとどめ、礎石、周囲の石垣が往時の姿を彷彿とさせる。周囲の石垣に登ると、天守の大きさが想像される。天守から北方を見ると、第二次大戦後の干拓事業で農地と化した内湖跡が広がっている。その事業の良し悪しを問うものではないが、内湖が残っていればと思わざるをえない。いやはやなんとも残念なことである。
天守からの下山は、旧総見寺経由の道をたどった。総見寺跡から西方を眺めると、かつての内湖の名残りである西の湖が往時の景色をわずかながら見せてくれる。その向こうの山並みには近江八幡城跡、さらにその西方には水城と呼ばれた水茎岡山城が見える。安土城、近江八幡城、水茎岡山城のラインは戦国時代における節目を画す象徴的城砦群であり、見ていて飽きることがない風景である。

戦国倶楽部_安土04

安土城を堪能したあとは、近江八幡に移動して近江八幡城攻めとなった。近江八幡駅で遅めのランチを食したのち、タクシーに分乗して八幡山ロープウェイの駅へ。こちらはお手軽に城跡なでサクッと攻め上る。ロープウェイの駅を降りると、すぐに石垣群が目に飛び込んでくる。
八幡山の頂上には豊臣秀次の母が秀次の菩提を弔うため京都に建立したことに始まる村雲御所瑞龍寺があり、同寺は江戸時代に門跡の地位を与えられたという日蓮宗唯一の門跡寺院であると知った。本堂の傍らにあるお稲荷さんに参ってみると、三階菱の紋が打ってある。たしか、秀次の父は三好氏の養子となって三好氏を名乗っていた、三階菱紋はそれを伝えたものか!と思ってのちに調べてみると、瑞龍寺が京都から八幡山に移されたときの住職さんが小笠原氏出身の方だったという。三階菱紋はその方に因んだものとも思われ、いまだ答えを得ていない。

戦国倶楽部_八幡02

ところで、ロープウェイを下りて目に飛び込んだのは石垣群と書いたが、もうひとつ「おぉー!」と興奮したのが立沢瀉の紋であった。豊臣氏といえば「桐紋」というのが一般的だが、豊臣氏になる前の秀吉はどのような紋を用いていたのか?というのはよく議論されるものだ。いまは「立沢瀉」紋であっただというというのが、受け入れられているが、八幡山に登って秀次の紋は「立沢瀉」としているところが中途半端に桐紋を用いるより潔く思えたのであった。

戦国倶楽部_八幡01

近江八幡城を攻めたのち、近江八幡の由来でもある山麓の日牟礼八幡宮に参り、かつて朝の連ドラの舞台ともなった近江八幡の水郷をそぞろ歩き、ほどよく腹も減ったところで懇親会場へと繰り出したのであった。参加したメンバーは10人、いずれも歴女、歴史好き、城好きなどなどであり、歴史話がおおいに盛り上がったことはいうまでもない。かくして梅雨を追っ払った真夏を思わせる快晴の下、戦国倶楽部オフ会はワイワイガヤガヤと終焉を迎えたのであった。

posted by うさくま at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70986672

この記事へのトラックバック