2013年06月01日

篠山の南方にそびえる大野山に登る

ここのところ家紋採取の日々が続いていたが
今日は気分を変えて、篠山と猪名川の境に位置する
大野山に登ることに決定、(^-^)/

大野山山頂

大野山は篠山と猪名川にまたがる山で
山上近くにゴルフ場があり、山頂には天文台、野外活動施設などがあり
地図を見れば猪名川側からは林道が通じている。

われわれは篠山側にある「渓谷の森公苑」に車を停め(駐車料金500円)
キャンプ場の最奥部にある登り口から分け入った。
山道はよく整備され、要所に標識も設置されていて迷うことはない。
谷川の流れ、爽やかな緑、おりおりに現れる奇岩、大岩を楽しみながら
ブラブラと山上を目指した。

山頂近くのところで、突然砂利が敷かれた駐車場あらわれる。
頂上付近のことは承知していたつもりだが、その俗な光景には流石に驚かされた。
ま、あれはあれで「あり」なのだろうが、山の風情を残して置いて欲しかった。
緑のあふれた山道を登ってきて山上がこれでは
登り甲斐が薄れるかもと思ってしまったことだった。

ともあれ、天文台のあるピークからの展望は抜群、
北方には篠山の山々、後川の風景、西方には三田の山々が間近に見えた。
眼下すぐのところにあるゴルフ場は興ざめではあったが、
今日は生憎の曇り空で見えなかったが、快晴の日には大阪湾までも見えるという。
また、白いニワゼキショウの花が、いい感じに揺れていたのが印象的だった。
大野山頂で弁当を使い、小休止をしたのち、味気ない山上を後にして
木々の若葉、谷川の流れを楽しみつつ、渓谷の森へと下山していった。

posted by うさくま at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69877328

この記事へのトラックバック