2013年06月02日

白髪岳から松尾山を縦走

今日は白髪岳から松尾山を縦走。
以前白髪岳に登ったときは南矢代の方、いわゆる東方から登った、
今回は南方に位置するる住山から取りつくことにした。

道端に咲く花々を楽しみながら林道をのんびり歩いてくと、やがて登り口へ。

白神嶽-松尾山01

そこからは急斜面をひたすら登り、
白髪岳の左肩にあたる尾根をあるき、スリリングな岩場を越えて白髪岳山頂に。

白神嶽-松尾山02


白神嶽-松尾山04


二等三角点の石標と頂上からの展望を楽しんでのち、
右肩にあたる岩場を激下りして松尾山へ向かう。

白神嶽-松尾山03

白髪岳から松尾山へ続く道は植林がされていないこともあって
いい感じの山歩きが楽しめるところだ。
松尾山への登りも急斜面で、足が乳酸過多状態になるが
踏ん張って松尾山上に攻め上る、
松尾山上には明智光秀に抵抗した酒井党の山城群が散在、
以前に登ったときに茂っていた笹が枯れていて随分見やすくなった。

白神嶽-松尾山05

標識も新しくなっていたが、城址の説明版がかつてのままだったのが惜しまれた。

山頂から下った中腹には法道仙人が開いたという古刹高仙寺跡、
かつてそこで暮らした僧侶たちの墓である卵塔、
寺跡の平坦地の多さと石垣から往時の繁栄ぶりが実感された。

白神嶽-松尾山06

白神嶽-松尾山07

こちらも、整備の手が入れば素晴らしい歴史スポットになるのにと惜しまれる。
ともあれ、総て4時間半の山歩き、花々、山城跡、寺跡を堪能させていただいた。

下山したあとは、せっかく?なので、
住山の墓地を皮切りに今田町の墓地に家紋を訪ねて回る。
その成果は21日の講座で発表しようかな?などと
思っているのだが、さてうまく整理できるだろうか?。

posted by うさくま at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69876531

この記事へのトラックバック