2011年05月21日

八上城−六度めの登城

丹波三大戦国山城の一つ八上城に登った。昨年、亀岡文化資料館のイベントにのっかって登山して以来で、通算して六回目となった。

今回の登城は日ごろお世話になっているPeruUさんのリクエストでガイド役を引き受けたもので、何人かの参加者も予定されていたが、結局、PeruUさんとウサクマの三人となった。

八上_登る
 おりから新緑の尾根道

北山麓の春日神社境内近くの駐車スペースに車を停め、もっともオーソドックスな主膳屋敷から取り付き、鴻の巣→茶屋丸→右衛門丸へと登って行った。登山道はよく整備されているのだが、滑り止めに設置されたのであろう模擬樹木階段は、まるでお寺に参拝するような按排で妙に疲れた。願わくは、素っぴん状態の山道に戻していただければ嬉しいのだが…。

右衛門丸が近付くと、城址が妙に明るい。見れば、涼御殿から三の丸、界隈に繁っていた木々が伐採され、曲輪や切岸、腰曲輪などの城址遺構がスッキリと見えているのだ。一方で、伐採された樹木が曲輪に山積みされていたりして、伐採効果はプラスマイナス零といった感じがしないでもなかった。

八上_三の丸
二の丸から整備された三の丸を見下ろす
八上_本丸
岡田丸より新緑に包まれた本丸を見る

主郭部に踏み込むと、二の丸から見下ろした三の丸方面の眺めは伐採効果もあってバッチリである。一方、本丸から岡田丸あたりは、おりから生い茂った樹木の若葉によって妙に暗い。とはいえ、城址そのものはよく手入れされていて、主郭切岸、虎口や石垣、主郭を北東から南側へと取り巻く腰曲輪など三大山城に数えられるだけの城址である。

主郭で弁当を使ったのち、蔵屋敷から池番所、堀切から朝路池をめぐり、北東尾根筋に連なる西南丸・馬駆場、芥丸を経て、藤木坂方面へと下っていった。要所に落とされた竪堀群は見事なもので、主曲輪部の手入れと併せて、こちらに茂る木々も伐採していただければ素晴らしい見どころとなるのだが。

八上_下る 藤木坂へ、模擬樹木階段が膝にくる

八上城の場合、主膳屋敷から山上の本丸、朝路池、北東尾根先の芥丸までは見るべきところも多く飽きさせないのだが、芥丸から藤木坂までの山道はひたすら下る一方で、加えて模擬樹木階段が疲労をいや増すのは辛かった。

総べて二時間超の山城行となったが、PeruUさんには満足いただけただろうか?これを機縁として丹波篠山に残る山城群登山を企画していきたいが、いかが相成るだろうか。それはそれとして、八上城東方の野々垣口から登る道、西山麓の松谷寺から登る道での八上城攻めにもチャレンジしたいものである。
 
posted by うさくま at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45343643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック