2011年01月15日

講座「丹波学」第三回を受講

講座「丹波学」第三回を受講。
講師は民俗芸能学会評議員の久下孝史氏、テーマは「古道と信仰の道をゆく」である。

講座丹波学-三回

京から丹波を経て但馬に通じる山陰道は、亀岡、綾部、そして福知山から豊岡へと至る現在の国道九号線と重なっている。しかし、それは江戸時代以降ものであって、中世以前の古山陰道は亀岡より多紀篠山、氷上柏原を通って遠坂峠を越えて但馬へと通じていた。ところが、その正確なルートはといえば、必ずしも明確ではないのである。

源平合戦のヒーロー源義経といえば、三草山の合戦、つづく鵯越の逆落としが有名だ。京を発した義経は丹波多紀郡を走り抜けて播磨、そして摂津へと駒を進めたらしい。いまも、篠山市域には義経にかかる伝説が散在し、義経の落胤を称する旧家もある。丹波篠山に残る義経伝説が史実であろうとは思われないが、心浮き立つものではある。

多紀郡の北方にある多紀アルプスは、かつて丹波修験の山として栄えた歴史を有し、それもあってか平安期より丹波には観音巡礼が往来した。それは江戸時代にも絶えることがなく、数々の峠越えの道が整備され、巡礼道には石の道標が立てられていたという。いまも丹波には、石の道標が残り、荒れ果ててはいるが巡礼の道も残っている。

このように、丹波に残る歴史の謎、伝説の由来などなどを
古代の道、義経の道、観音参りの道 に分けて説明いただいた。
久下講師は丹南町史の編集にも関わられたという方だけに、
まことに分かりやすい講義で、実におもしろかった。
かつての風情を残しているという久下氏推奨の峠道は、
花の咲くころに巡礼の気分になって歩いてみたいものだ!と思っている。
posted by うさくま at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42638025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック