2010年07月20日

鎌谷城から井尻城・三宮城に登り、質志鍾乳洞に潜る

しばらくサイトの更新に熱中していたが、久しぶりの外出、
京丹波方面の鎌谷城址、井尻城址、三ノ宮城址をめぐり、京都府下唯一のも鍾乳洞である質志鍾乳洞に潜ってきた。

丹波篠山を起点として、本郷経由で鎌谷城址を目指す。
鎌谷城は紀氏から出た細見氏が拠った城で、細見氏は鎌谷あたりから篠山の本郷あたりまでを支配していた鎌谷城は京丹波方面から兵庫丹波へと通じる道を押さえる格好のところにあり、南方向をみると京丹波と兵庫丹波を隔てる八ヶ尾山が正面にあった。
農作業中の地元の方に道を聞くと、山上の神社に通じる道があり、ちょうど、祭りの準備でわかりやすい下草刈りをやったばかりだという。よく踏み固められた山道を登りきると、神社のある主郭を中心に帯曲輪、腰曲輪が築かれ、尾根先は堀切で区切られている。まことにコンパクトな縄張の城址で、戦国山城のモデルプランのようなところであった。
下山すると先ほどの方が、「暑かったやろ」と、冷えたジュースを振舞ってくださった。その美味なこと、まことに感謝感激!世の中まだまだ捨てたものではない。
 
鎌谷城址s
神社の祀られた主郭切岸と南曲輪の鳥居
 
つぎに訪れた井尻城は、水原交差点より国道9号線を京都方面へしばらく走り、井尻交差点を右折したすぐ右手の小山にある。

 北方を東西に横切る山陰道を押さえる格好の位置にあり、城主は谷垣氏といわれるが城史などの詳細は不明である。
以前に丹波の山城に詳しい天々さんからいただいた縄張り図によれば、三つの枝尾根に城址があり、北方のものが主郭となっているようだ。取り付き地点に迷ったものの、登り始めると道は明確で、東曲輪の虎口へと至る。
主郭部は東曲輪群、主郭部、主郭北の腰曲輪で構成され、それぞれ堀切、横堀によって区画されている。切岸、竪堀、土塁、櫓台と思しき土壇な、遺構の残存状態は良好で、なかでも主郭と北曲輪との間に穿たれた横堀は見事なものである。
南の枝尾根に築かれた曲輪群へ続く尾根にも足を伸ばしたが、季節がら樹木が生い茂り、今回は断念!次の機会を期すことにした。

井尻城址s
主郭と北腰曲輪 を穿つ見事な横堀

三ノ宮城は摂津池田から丹波阿篠山を経て綾部に通じる国道173号線の三ノ宮交差点を包囲するように、「西の城」と「東の城」がある。
西の城は発掘調査もされ、登り道や案内板など好演としても整備され、<山上の主郭部からは173号線が眼下に見下ろせ、改めて要所にあることが実感される。主郭を中心に腰曲輪が数段、北方の尾根には堀切が切られたコンパクトな縄張ではあるが、あまりの藪化に登城を断念した東の城と合体すればなかなか堅固な構えとなっている。
残された記録などによれば山内氏が拠った城で、主郭の説明カンバンを見ると土佐山内氏の祖は、この三ノ宮城址に生まれ、尾張に移ったものの子孫だという。略系図も書かれていたが、そのままに受け止めるのは躊躇するものであった。とはいえ、いまも山麓には旧家の佇まいを残した山内家があり、近在のお寺にあった山内家の墓を見ると土佐山内氏と同じ「細三つ柏」紋が刻まれていた。よくあるところのこじつけ話とは思われない、歴史的な背景があるように思われたが、残念ながら、そのことをを確認するこ史料と出会うことはできなかった。

丹波の山城の場合、明智光秀の丹波攻めに抵抗して落城した歴史を有しており、落城に際して記録が失われた、あるいは辛うじて残ったものでも史実を隠したケースが多く丹波の戦国史を分かり難いものにしている。歴史は勝者のものといわれる所以であり、まことに残念なことである。
 
三ノ宮城址s
主郭には山内氏の家紋を描いた看板が立っていた
 
三宮城址からすぐ北のところに、京都府下唯一の鍾乳洞という質志鍾乳洞がある。
以前より、一度は潜ってみたいところと思っていたが、なかなかチャンスがなかった。入洞料500円を払って、潜ってみたところ外界のとんでもない暑さは一気に吹き飛ぶ涼しさであったが、ばらく歩いて、鉄の急階段下ると、そこで終わり・・・まるで井戸に潜ったかのような・・・!呆気ないものであった。
 
質志鍾乳洞
垂直に設けられたハシゴを降りたその先が鍾乳洞の終点だった
 
期待が大きかっただけに、ちょっと残念な気持が膨れ上がってきた。とはいうものの、一度入ってみないと、それも分からなかったことだし…。ま〜、それで良しということにして帰路についた。
by kuma 
posted by うさくま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39728520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック