2021年02月12日

三田へ。丹波市の春日・市島をぶらつく

今日は三田市民病院でポリープ除去手術後の検査結果をうかがいに。
手術で取り除いた14個のポリープはすべて良性とのことだった。
とはいえ、まだ小さいのが残っているとかで、
一年後の検査を進められる。下剤を飲むのが嫌だが予約。

a149050612_3551117524986801_2061892800971602807_o.jpg

bIMG_7351.JPG

思っていたよりサクサクッと事は終わった。
帰路、この前DMが届いていた狩場酒造に寄り道、
「秀月」の新酒を三本購入してサッサと帰宅。

時計を見れば11時前、山城に登るには中途半端な時間。
それなら、春日と市島に出かけて、春日資料館で黒井城の図録
市島図書館で久下氏、赤井氏に関する資料をゲットした。

c149363702_3551142888317598_9157103327280811695_o.jpg

dIMG_7369.JPG

図書館から出ると紅白の梅の花が満開!
近寄ってみれば、盛りを過ぎているような風情である。
が、春は着実に近づいていることが実感された。

e149171543_3551118534986700_8325222747454512314_o.jpg

さらに、路傍に山名酒造の「しぼりたて新酒あります」の看板
山名酒造は、立地をそのまま表現した「奥丹波」の銘柄で知られ
「開き扇に閉じ扇」の紋を用いている。せっかくなのでお邪魔すると
ショップの暖簾や工場の建物などに「開き扇に閉じ扇」紋。

f149055773_3551119454986608_7198922469689209444_o.jpg

gIMG_7376.JPG

家紋は「阿吽」を「扇」で現したものと思っている身としては
「家紋の由来を聞かねば」とショップに入り質問、
ショップの方は残念ながら家紋の由来はご存じなかった。
せっかくなので新酒を一本購入、レジの伝票にも紋が入っていた。

h150041738_3551121454986408_1801516270917857326_o.jpg

三田から春日、市島をさすらい、家に帰ったあとは
山名酒造でゲットした新酒「古丹波」に舌鼓を打つ。
ほぼ1ヶ月ぶりの飲酒、古丹波、ピリッといい味だった。

IMG_7390.PNG

今日のあんなこんなをウダウダとFBにアップすると
多くの皆さんから「よかったね」の暖かいお言葉をいただいた。
まことに有難いことです (*^_^*)
posted by うさくま at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188398993

この記事へのトラックバック