2020年10月28日

医者をハシゴ、家に籠って原稿の推敲

今日は休日、午前中は医者をハシゴ、
内科の方は、大病院での精密検査をいわれる。
前から敬遠していた検査だが、数値が悪いらしい。
経年劣化の速度はいよいよスピードを増しているようだ。

昼からは一昨日取材した成果を踏まえ
Sala69 の原稿「香山氏」と「肥塚氏」の
草稿の推敲と文字数合せに格闘した。
両氏に関しては兼ねてより家紋や居城を訪ねている。
しかし、小勢力の在地武士の歴史と家紋を
史料から探るのは実に難しいのである。

そこで、現地を訪ねてあちらこちらを歩いてみるのだが、
分からないことは、なかなかゆるがない。
でも、現地の空気を吸うと何か分かったような気分になる
その気分が盛り上がったところで原稿を書くのである。

IMG_4040.JPG

しかし、いざ原稿に落とし込むと
文字数は予定の文字量を越えてしまう。
そこで、とりあえず書くだけ書いて、さらに取材を重ね
モヤッとした気分が晴れたところで
改めて原稿をにらみ、文字量削除に格闘するのである。

自分の書きたいことを書いた原稿を削るこの作業は
なかなかに手強いものであるが、才能の乏しい者が
ダラダラと書き連ねる愚を避ける上でも欠かせない工程。
頭をふりふり、あ〜だ、こ〜だと悩む、得難い時間なのだ。
posted by うさくま at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188095817

この記事へのトラックバック