2019年11月04日

戦国倶楽部オフ会に参加するため、大山崎へ遠征。

戦国倶楽部オフ会に参加するため、大山崎へ遠征。
今日は山城登山、史跡めぐりというものではなく
大山崎歴史資料館で開催されている
企画展連携歴史講演会「織田権力の政策と明智光秀」
講師は館長の福島さん、聴きたいけれども遠いな・・・
と悩んでいたが、無料入場券もいただいたことでもあり
JR福知山線、阪急宝塚線、京都線と電車を乗り継ぎ出かけていった。
今日の参加者は佐吉さんと、初参加の澪さん、播磨屋の三人。

aIMG_8070.JPG

bIMG_8073.JPG

大山崎02.jpg

行ってみて嬉しかったのは、明智光秀に係る特別展示会が
催されていて、波多野秀忠・元秀・秀治三代の文書が
展示されていたこと。いずれも花押が書かれたもので
三代の花押を見るのは初めてのこと、思いがけぬ眼福を得た。
こういう展示があると知っていれば、早めに出て
もっとジックリ見ていたのに!と悔やまれたことだった。
(朝、洗濯をしたのが失敗だったか・・・!?)

c75450084_2367542716677627_539767571088408576_n.jpg

講演の開始時間が迫ったので、会場に入るとすでに超満員!
何とか三人そろって座ることができ、講座が始まった。
来年の大河を踏まえた講演会&特別展示会とはいえ、
ここまでの人気ぶりには館長も驚かれていたような。
いま、戦国トレンドは間違いなく明智光秀といえそうだ。
講演は予定の時間を超える、いつもの福島節。ではあったが
内容はいささか難解といおうか咀嚼に苦しむものだった。
とはいえ、講演後の質疑応答の内容は、おもしろく拝聴した。

富田丸満.jpg

講演が終わったのち、福島館長に講座内容、展示内容など
あれこれ話しをさせてていただきたいな〜と思っていたのだが
多くの方が館長を取り巻いて質問をされている状態。
お話をうかがうのはあきらめて、資料館をあとにした。
そのあとは、軽く飲み食いしながら歴史話をしようということになり、
澪さんの地元になる阪急富田駅まで移動、居酒屋に腰を落ち着けた。
かくして、呑みかつ食いながら、歴史話に花が咲き、
気がつけば六時半、明日はおもゼミ山城編の本番である。
一旦、清算して、後ろ髪を引かれつつ丹波へと帰還していった。

eIMG_8081.JPG



posted by うさくま at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186778249

この記事へのトラックバック