2019年09月19日

おもゼミの下見で八上城に登山してみたが・・・

朝一番、先週、学会に出席ということで休診だった
丹波市の某医院に行って診療を受ける。

医院を出たあと薬を受け取り、一路、集合場所の
城東公民館へと車を飛ばした。丹波から篠山城東まで
約40分、何とか集合時間に間に合った。

0917image1.jpeg
0917 西方の乙女塚あたりから撮影

かくして、今日のメーンイベントである八上城登山。
おもしろゼミナール山城編に係る登山だが、ガイド役の
T さんが発熱により無念のリタイアをされたが、サポート組の
3人が城東公民館に集合して下見登山を決行した。

八月の後半より山上からの展望を確保するため
主郭部を中心に木々の伐採が進められている。
実際に現場に立ってみると、城跡にあった木々、バッサバッサと切られていた。

a70419484_2276941452404421_3584366704928489472_n.jpg

b70381193_2276942465737653_8041250260783202304_n.jpg

c70478182_2276950849070148_7137814992560062464_n.jpg
伐採前の城址

その切られた木々が曲輪に転がっていたりして、
伐採後の城址景観への配慮が感じられず、城址に来る戦国ファン、
あるいは登山者への「これが戦国史跡八上城です」と語りかける
伐採プランのようなものがまったく感じられなかった。

d70511854_2276944602404106_5640823949928431616_n.jpg

e70480556_2276942925737607_1510892176731537408_n.jpg

加えて、登山者のオアシスになっただろう大木なども
無残に切られていて、文字通り、切った、見えるようになった、
というもので、色んな意味で「やんぬるかな 」であった。

f71665526_2276943965737503_6990645051944599552_n.jpg

g71247469_2276943522404214_4157232668389408768_n.jpg

早速、現状をフェースブックやラインにアップしてみると、
山城や歴史好きの方からシビアな反応が続々と・・・

藤原さん)あらあ、ずいぶん大胆にやっちゃいましたね。
◆整備前にどのように城跡を形づくるかの計画を立て、現場をチャンと監督したのだろうか? 業者に丸投げだったのではなかろうか? 大きな切株を見てこれは残すべき木だったのでは? などなど、様変わりした城跡に立って多くの疑問にとらわれたことでした。

杉本さん)ちとやり過ぎ感が…! 城の遺構が崩れない事と定期的な整備に期待したいですね!
◆おっしゃる通り、やり過ぎちゃう!というのは実感としました。ここまでバッサリやってしまうと、これからの城跡景観維持するため整備、きっちり計画を立て真面目にやっていかないと大変なことになりそうですネ。

三宅さん)絶対にやってはならない整備のしかた
◆はじめて登った人には喜ばれるのでは?でも、整理が不完全、篠山の山城への感性が、よく分かった結果でした。

三宅さん)ひとつだけ救いは、一応、国指定史跡ということで、無茶苦茶な状態で放置できないことと、乾燥しやすくなりジメジメしなくなることかと
◆日本遺産じゃ?、重伝建の町じゃ?、市名変更したし大河も決まったし観光に力を入れるぞ? などといってはるだけに、せっかくの八上城跡の樹木伐採のチャンス!キチンと対応されるものと期待していましたが・・・、地元に暮らす戦国and山城好きとしては残念な現状でした。

様変わりした主郭部をあとにして、蔵屋敷跡、朝路池、
東尾根の曲輪群をめぐると、大河ドラマをターゲットにした
整備をするなら、ここも手を入れるべきではというところが
あちこちにあった。今回の城址における作業は、とにかく木を切るだけで
八上城を見せるための計画を立てた上での整備ではなかったことが
よ?く呑み込めたことだった。ま、行政にあれもこれもと望んでも
仕方のないことではあるが、せめて、山道をふさぐ
倒木などは排除しておいてほしかった。もっとも、大河向けに
これからも八上城跡の整備が続けられることを期待したい。

・八上城址伐採に関する地元紙の記事
h70093659_3074591359278027_6221979878875463680_n.jpg

下山したあと、今日の登山結果を踏まえて軽く打ち合わせをして解散。
一旦、帰宅して着替えをしたのち市民センターで「青い鳥講座」の打合せ
視覚障害者の方々向けの講座となることから
手元資料作成のポイント、講座の進め方への迷いを相談。
分かったような分からないような結果ではあったが、引き受けた以上
よりよい結果に結びつくように、頑張るしかない。


続いて、誓願寺さんにお邪魔して、こちらもお話会の
内容に関する取材と進め方について相談予定だったが
住職さんの急用により、明日に順延となった。
posted by うさくま at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186583037

この記事へのトラックバック