2019年08月09日

朝、医者をハシゴ、昼から校務員さん研修

朝、先月より通い始めた丹波の泌尿器科で受診。
症状はよくなっているようには見えず、心配していたが
先生いわく、チョッとづつよくなっていますよとのこと。
患者としてはその言葉を信じるしかないわけで、塗り薬を調合して貰った。
一度、家に帰ったのち、先日の健診で指摘された高血圧の
要検査のため掛かりつけの栖田内科にでかけた。

前立腺炎や通風の状況を聞かれ、尿の出が気になるが
今日は高血圧の健診結果を踏まえて来院した旨を話し
検査結果票を提示、血圧を測定した。健診では165/109だったが
こちらでは153/100という数字、低いとはいえ高い数値である。
すぐに降圧剤の服用かと思ったが、前立腺、通風、
そして高血圧などの検査をするため採血され診療は終わった。

いつもの前立腺炎、通風の薬を調合してもらい職場へ。
外の暑いこと、暑いこと、わずか300mほどの距離を
歩いただけなのに、熱中症かと思える眩暈を感じた。
なるほど、この暑さで外を歩いたり、冷房のない部屋で
過ごすのが自殺行為というのを体感したことだった。

なんとなく体調に不安を感じてはいたが
今日の昼からは学校校務員さんの研修である。
無理しない程度に研修を済ませたものの体調はいまいち
帰宅して熱を測ると微熱状態、やはりプチ熱中症のようだった。
ともあれ、一週間後の検査結果を拝聴するまで
血圧を測定して、体調管理に努めることになる。
明後日の西脇めぐりはなんとか行けるようにせねば!
posted by うさくま at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186435236

この記事へのトラックバック