2019年08月05日

西京街道ツアーモニター2019 夏の回、2日目

ツアーモニターの2日目。
裏方スタッフは朝の七時半に職場をスタートして
朝ごはんの場となる女性参加者が宿泊した福住の宿に急いだ。

01_67618232_2199240356841198_4730306576986931200_n.jpg

02_67566911_2199240390174528_6731063928723341312_n.jpg

朝ごはんは、宿の近場にある宿主の畑で野菜を収穫
そして、ご飯を炊き、みそ汁をつくり、
シシャモを焼きなどなどの準備を
宿主、スタッフがサポートしするものの、参加者らが
自分たちでつくり食べるというスタイル。

今日も暑さを予感させる好天気、広がる青空の下で食べた
日本らしい朝ごはんは美味しかったようだ。

さて、今日のツアーは篠山の城下町歩きである。食後の片付けを済ませたのちバスに乗り、河原町へと移動する。
参加者が河原町界隈をブラブラ歩きをしている間、別の所用が出来、そちらをすませたのち、篠山城跡三の丸で参加者たちが河原町より移動して来るのを待つ。

03_67671815_2199240313507869_8190931434416898048_n.jpg

04_67597602_2199240603507840_6220320677174444032_n.jpg

05_DSC_0370.JPG

三の丸で合流したあと、篠山城の堀、石垣を見ながら大書院に入館、日本のサムライ文化を感じてもらった。
大書院に飾られる特殊紙製の甲冑、かつて屋根に乗っかっていた瓦、江戸時代に描かれた狩野派の絵師による屏風、大書院で一番格式の高い部屋である上段の間などを館スタッフがガイドした。甲冑、狩野派の絵画など、ニッポン文化への食いつきはよかったような。

06_67760608_2199240613507839_5647732297449865216_n.jpg

07_68553001_2199240576841176_3559661889833140224_n.jpg

大書院を出ると、昼ごはん。
今回は城下町の食堂、レストランなどをランダムに選んだ地図を参加者に渡し、自由に食べるところを選んでもらった。いわゆるフリースタイルであり、自立したツアーを体験することでこのツアーの目的を明確化しようとしたということだ。すなわち、パックになったツアーではなく、篠山にフラッときて自由な旅を楽しんでもらえるか?という検証である。

08_67615279_2199240843507816_8153613837971488768_n.jpg

09_67824083_2199240903507810_3431319741518577664_n.jpg

みなさんがフリーに城下町を散策されている間、スタッフ一同も城下町をブラッと歩いた。そして入ったのが西町の「ブレス&ロイ」という喫茶店。古民家を再生した店で、可愛らしい小物なども並べてある。なかなか、小洒落た店であった。ふわふわカキ氷を頼み、店の奥にある中庭がよい感じな和風喫茶スペースでひと時の涼を楽しんだ。

10_68544223_2199240830174484_6840375721194422272_n.jpg

集合時間前に三の丸に戻り、全員集合を待つ、ここから福住に移動して解散。参加者の皆さんは福住発園部行路線バスに乗り換えて、帰路に就くという予定であった。しかし、時間がちょっと余りすぎているということもあって、オプションとして「ほろよい城下町」を見学、さらに市民センターの冷房の利いた部屋でアンケートを書いてもらいフリーディスカッションの時間をとることになった。

11_67720285_2199240990174468_4928451066372030464_n.jpg

12_DSC_0440.JPG

一泊2日のツアーモニターは、城下町での時間配分に難が残ったが、一応の予定はこなすことができた。かくして、福住発のバス時間に間に合うように、福住に移動。参加者の皆さんは帰路に就かれたことだった。さて、皆さんが残していかれたアンケート、どのようなことが書かれているのだろう?
posted by うさくま at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186435226

この記事へのトラックバック