2019年06月22日

辻の山城整備に、ひさびさに出動

週間天気予報では「曇り時々雨」であったが、
朝、外をみると薄日の射すまずまずの天気。
ということで、予定通りに辻の山城整備に出動。

ふりかえれば、昨年の秋ごろに参加して以来、
病気になったり、作業が見送られたり、雪が降ったりして
実に十ヶ月ぶり、超ひさしぶりな山城整備作業への参加となった。

64612677_2850407658363066_7745150108680847360_n.jpg

集合場所にはリーダー役のTさん、わたし、そして
地元の参加者三人、併せて五人という少人数。
はじめて参加したころは、いつも10人以上の参加者を
数えていたが、最近は高齢化もあって人数が減っているそうな。

辻では淀山城、南山城、そして今日の東山城の
三つの山城を整備されてきた。いずれも一通り整備が終わってのちは
再整備をするということになり、参加者も減ったのだろう。
しかし、山は時間をおくと、すぐに雑木、雑草が生い茂り
アッという間に整備前の状態に舞い戻ってしまう。

65257681_2850408008363031_28430076454371328_n.jpg

一度、手を付けると状況を見つつ生まず弛まず整備作業を
続けることが肝要となる。辻では、人数は減ったとはいえ、
その流れがうまく機能しているようにみえる。しかし、さらに
先のことに思いを馳せると若者の参加が不可欠なのだが・・・。

それはそれとして、今日の作業は本来の大手道とされる
南西山麓から山上へ続く山道の道開け。山に分け入ると、
むかしはなかった獣防柵が設けられている。ありゃりゃと思ったが
城道部分にはちゃんと扉があり、まずは一安心である。

64764931_2850408598362972_8765076799915819008_n.jpg

64840618_2850408858362946_3321931331125903360_n.jpg

山道は傾斜部分が難儀するが、概ね、山上まで迷うことなく
登っていくことができる状態だ。山上での整備作業は
南の六段曲輪の雑木伐採、倒木の排除に時間を費やした。
全体としてきれいな状態が保たれていたが、折からの暑さ
あっという間に汗だらけになる。が、伐ったり、はったりの
整備作業はなかなか楽しい。アッサリと二時間近くの作業時間が経過、
参加者は高齢者ばかり、無理せずほどよいところで作業を終了。
曲輪の一角で記念撮影をすまして、下山することになった。

7月と8月は諸般の事情で作業はなし、次回は9月になるという。
いつもの年なら、辻の作業とおもゼミの山城編の整備作業が
あるのだが、今年は、山城編の整備もなし。なんとなく
物足りないような、いや、昨今の暑さを思えば、それもよしとしよう。

posted by うさくま at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186191066

この記事へのトラックバック