2019年05月05日

光秀ゆかりの丹波の山城攻め2019 第一弾!

大河ドラマ「麒麟がくる」の決定を受けて、光秀を迎え撃った
丹波国衆の居城、八上城 → 八木城 → 黒井城 の丹波三大山城 と 
丹波平定後に光秀が築いた周山城 をめぐった 
戦国倶楽部 オフ会企画「明智光秀ゆかりの丹波の山城攻め」。 

引き続いて今年も「光秀ゆかりの山城攻め」を企画
その第一弾は京丹波町に残る須知城跡メーンで実行!
須知城は丹波国衆の須知氏が築いた山城で、周辺には上野山城、
上野館など須知氏ゆかりのの城館跡や菩提寺も残っている。

59305940_2043929832372252_6964355359557287936_n.jpg

今日の天気は快晴!絶好の山城日和(?)となった。
メンバーは総勢七人、メーンの須知城攻めの前の
足慣らしに選んだ中畑城跡に集合、オフ会がスタート。

中畑城は二度目の登城、無名の小さな山城だが登り口に設置された看板や城址への道標など、地元の皆さんが愛着をもっておられることは伝わった。

a60187294_2060214724077096_5731763697668325376_n.jpg

b60307607_2060214750743760_1215187256109694976_n.jpg

bIMG_4071.JPG

しかし、城跡そのものは主郭部以外は雑木、倒木が目立ち、城址説明看板も倒れているなど継続的な整備は行われていないようだ。城の造りも大味なものだが、街道筋を押さえる場所を占め、展望は素晴らしかった。

c59781645_2730760433661123_4700941722375421952_n.jpg

城址には「天守台」と書かれた曲輪があり、城史によれば関ヶ原合戦後まで城主が居住していたというから居館が営まれ、それを天守とよんだものだろうか? ちなみに光秀の丹波攻めに際して城主北道氏はおとなしく従ったという。

中畑城を下山したのち須知城に移動。今回で4度目の登城となるが、いつも道なき斜面を激登っていた。今日はHさんの先達で西側にある登山ルートから山上の城址へと攻め登った。天気もよく新緑も目にやさしい、いい感じの山道をひたすら登る。

d60244692_2060214980743737_2592685861820694528_n.jpg

e59842815_2730761556994344_3099198682252181504_n.jpg

これがキツイ!尾根筋に上がると急斜面に城道が伸びる、バテた身体にムチ打って登りきれば須知城跡の北端曲輪である。
最後の尾根登りは、むかし、はじめて登ったときの城道が歩行禁止となり、新たに設けられた登城ルートのようだ。山城の場合、そもそもの道があったはずで、そのルートこそ整備されて然るべきと思うのだが、それはそれで難しいらしい。

e60348509_2060215077410394_6923997669295652864_n.jpg

さて、二年ぶりとなる須知城は眼下に丹波インター、その向こうには奥丹波の山々が連なっている。要害の地である。
城主須知氏は丹波の中世史に登場しているが、その通史的な動向は不明なところが多い。明智の丹波攻めには抵抗はしなかったというがのちに粛清されている。心から服していなかったのか、在地に対する影響力を光秀が嫌ったものか、武家として近世に生き残ることはできなかった。とはいえ、いまも須知氏の子孫は須知一帯に続いていると聞く。

f59391826_2730761276994372_1466952612594057216_n.jpg

fIMG_4076.JPG

g60072598_2060215104077058_7509645678767767552_n.jpg

須知城の原形は須知氏が築いたもので、須知氏が除かれたのち光秀が修築、いまに残る石垣を用いた城となったようだ。遺構は南北に伸びる尾根筋に長々と残り、主郭部を石垣で固め、主郭後方に築かれた高石垣が最大の見どころとなっている。城そのものは、石垣を有した北曲輪群と堀切以南の南曲輪群とに区画されている。いわゆる石の城と土の城とが並存している。

光秀は丹波平定後、多くの山城のうち拠点となるものを石垣をもって改修している。八上城、黒井城、岩尾城などであり須知城もその一つであろう。福知山城、亀山城もそれらに含まれるもので、光秀は丹波の一郡ごとに一城を構え、それぞれに重臣を配し丹波支配を行おうとしていたのであろう。もし、本能寺の変が生じていなければ、光秀の構想になるおもしろい丹波山城ネットワークができていたかも知れない。

h60289391_2060215267410375_8519631865764642816_n.jpg

須知城を下山したあとは、グッと小振りな上野山城跡に登山。この山城は虎口、曲輪と切岸、二条の堀切など小さな城ながらおもしろい遺構がシッカリと残っている。ただ、山麓のお寺に関わる祠や貯水施設などがあり、幾許かの改変は受けているようだ。

i60146958_2060215404077028_5785844194987737088_n.jpg

iIMG_4073.JPG

上野山城の北山麓には上野館があり、おそらく、上野館が常の城でこちらは詰めの城で、上野館とは一体化していたのだろう。上野山城の後方は美女山が控え、その登山道が城址をかすめるように登ってきている。そのスタート地点は上野館と思われ、かつてのつなぎの城道ではなかったか? ひょっとして、美女山山上にも山城跡があるのでは!山の名と合わせて妄想が広がったことだった。

j60079317_2060215380743697_416115333787549696_n.jpg

k59765669_2730762810327552_7323226192402710528_n.jpg

l60336555_2060215547410347_2259021470480990208_n.jpg

今日のオフ会、最後の訪城先は上野館。美女山から伸びた尾根先に築かれ、大きな土塁と横堀が特徴的な城館である。惜しまれるのは、主郭部のあった西方部分が開発で失われたこと。また、後方の山麓部も別荘地として開発されており、よくぞ、城址遺構の全体が失われずに残ったことは僥倖であったといえそうだ。

m59350672_2730811183656048_7056807562850598912_n.jpg

中畑城 → 須知城 → 上野山城 → 上野館 と四つの城館を巡ったところで今日のオフ会はお開きとなり、上野館で現地集合組の二人と別れて丹波篠山に帰還。今日一日、運転と車出しでお世話になったTさんを見送り懇親会場へと乗り込んだ。あとは酒が入るほどに呵々大笑、歴史談義に盛り上がった。

次の第二弾企画は、宇津城あたりをターゲットにと思うが
プラスアルファの山城をどうするかが難しそう。さてどうしよう?

posted by うさくま at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185987114

この記事へのトラックバック