2019年05月02日

播磨の中世武家 三木氏の足跡を探しに英賀遠征

いま、某民俗誌に連載している
「播磨の中世武家の家紋地歴史を探る」の次回に
三木氏を取り上げるので西播の英賀保に遠征した。

IMG_3839.JPG

篠山口駅9時46分の快速に乗り、尼崎で新快速に乗り継ぎ
姫路駅で播州赤穂行きに乗り換え英賀保駅まで2時間10分
英賀保駅に降り立つのは30年ぶりのことであった。

三木氏が拠った英賀城跡は英賀保駅の南を走る山陽電鉄との間に広がる一帯にあった。しかし、明確な遺構があるわけではない、というより「何もない」という方が現実的なようだ。
ともあれ、目的は三木城跡の範囲を実際に歩いて見ること、三木氏の家紋を採取すること、プラスアルファだ。あらかじめ用意した英賀城跡の概略図を見ながら町歩きを開始した。

a59332279_2721798094557357_647891276821168128_n.jpg
公園内にナンチャッテ天守台もどきがあった (^^)

三木氏は四国から流れてきたという伝承を有し、水軍としての側面を持つ武士であった。やがて、一向宗との結びつきを持つようになり本願寺の連枝を迎えて本徳寺を建立、播磨灘に面する港を支配下に収め勢力を拡大した。英賀城は三木氏が暫時拡張したが、城下は本徳寺の門前町でもあり、三木氏は港湾都市で門前町の英賀長衆として戦国乱世を生きた。

羽柴秀吉の播磨平定戦が始まると、本願寺と結んで抵抗した。英賀城と本徳寺を核とした英賀の町はその頃が最盛期であったろうが秀吉の攻勢に押されて開城、三木氏は英賀から去って行った。

b59491866_2721798541223979_3586929318640484352_n.jpg 英賀神社後方に残る土塁跡

c59705219_2721799411223892_5522684676814143488_n.jpg
英賀神社の神紋。亀甲に巴は英賀大神、梅鉢は菅原道真公をあらわすような。あと八幡さんと春日さんも祀られているが、祭神としては格下扱いなのだろう。
d58870272_2721799367890563_1265624294017204224_n.jpg
英賀神社、拝殿の改築中でちゃんと参拝できなかった。

そういう歴史を有しながら、英賀城跡は地上から消え本徳寺も英賀から亀山へと移転され、英賀の地に往時を偲ぶものはないといわれる。とはいえ、英賀城跡一帯を歩いてみると英賀城 主郭部(領主)、本徳寺(仏)、英賀神社(神)を三角形の3つの頂点にして城域(町)を形成、それは南の播磨灘、東西を南流する夢前川、水尾川を自然の堀とし、北方を水堀で防御する惣構の城郭都市であったことを体感できた。


e59079081_2721800061223827_2873600989544316928_n.jpg
英賀城の一方のシンボル、亀山本徳寺跡の碑。寺院跡は夢前川の水の下になってている。
f59387596_2721800597890440_3786966578638094336_n.jpg
英賀城本丸跡、往時を偲ぶ遺構は何もない!
i59556241_2721802561223577_7883422135484416000_n.jpg
要所に立てられた英賀城入口の石標

ズーッとスッキリしない右膝を気にしつつ英賀城跡界隈をブラブラと歩くこと2時間余、英賀神社後方の土塁、いまは夢前川の河床と化した本徳寺跡の石碑がある明蓮寺、三木氏にゆかりという法寿寺跡の英賀薬師、惣堀跡であろう水路、十ヶ所あった城門跡を示す石標など見どころは少なくない。

g57382371_2721801114557055_7707338745615220736_n.jpg
三木一族墓地の暮石に刻まれる「折敷に三文字」紋
h58831676_2721801801223653_6846994038164291584_n.jpg
同じく大正三年の銘がある三木家墓所の家紋

英賀薬師の一角には今日のメーンターゲットである旧城主三木氏の墓所があり、お邪魔するとズバリ河野一族の代表紋「折敷に三文字」が彫られていた。

瀬戸内海の流通の一端を掌握し、本徳寺と連衡して播磨の小大名化した三木氏、実際に歩いてみると三木城の大きさと三木氏の力のほどが体感できた。アスファルトの道歩きは、起伏に富んだ山城を歩くよりは倍以上疲れたが、期待通りの成果が得られ実におもしろかった  (^^)
posted by うさくま at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185948637

この記事へのトラックバック