2019年04月28日

母坪城跡、西側ルートを登る

先月登った母坪城跡、ディスカバーガイドの同人に
登り道があるよとの話を聞き、それは探らねばと登ってきた。

a58781536_2712807732123060_3109899060694220800_n.jpg
母坪城跡を東から見る
b58818421_2035270586571510_4454252931335585792_n.jpg
西側から登る、一種の枡形といえる曲輪

どこじゃろう?と探しながらあるいていると西側山麓の竹藪に
ウス〜イ道らしきものがあり、登ってみると西側斜面の曲輪。
そこからウッスラと道らしきものが続き北端曲輪へと登りついた。

c59203939_2712808688789631_2217969966907392000_n.jpg
登り着いた北の曲輪

そこから尾根筋に構えられた曲輪、堀切、竪堀、
見事な切岸、土塁などを二時間かけて走り回った。

d58543537_2712809115456255_6506019904544571392_n.jpg
北の堀切
e58419638_2712809445456222_3754250653103292416_n.jpg
西側から
f58441851_2712810118789488_5252627131925528576_n.jpg
二つめの堀切
g58445086_2712810615456105_5725473902746927104_n.jpg
東から見る
h58442038_2712811268789373_6051184852173062144_n.jpg
堀切を見下ろす曲輪
i58442185_2712811885455978_7039117563220983808_n.jpg
大竪堀が曲輪の東斜面を防御
j58671888_2712812178789282_4879884508196765696_n.jpg
主郭手前の曲輪、削平・切岸ともに残存度よし!
k58382998_2712813125455854_6175947720772026368_n.jpg
主郭から南尾根の曲輪群を見る
l58542738_2712813572122476_2632487388177235968_n.jpg
段上に連なる南曲輪
m58374195_2712813958789104_2639986796213043200_n.jpg
南端部に土塁、櫓台?
n59267380_2712814478789052_5773411673415090176_n.jpg 主郭部を防御する竪堀

o58444466_2712814998789000_5154390440908161024_n.jpg
扇状に開く南尾根に構えられた曲輪の西端を区画する大竪堀
p58761630_2712815675455599_4390345450058678272_n.jpg
南に構えられた削平地群の切岸と曲輪、母坪城跡の大きさが実感される
q58873534_2712816218788878_1093365228927713280_n.jpg
曲輪の東側を遮断する特大の竪堀
r59022842_2712816622122171_2961653600138297344_n.jpg
特大竪堀の東斜面にもう一条の大竪堀
s58543796_2712817315455435_5165401362665570304_n.jpg
城域の南端部を区画する堀切
t58441603_2712818062122027_223162729718874112_n.jpg
母坪城跡の南尾根出曲輪という妙見宮。地形と場所は城跡を思わせるが、果たして?

どこまでが城域か悩ましい城跡だが、赤井氏の本拠を防御する
有力な支城であることは改めて実感されたことだった。

先だって登ったばかりの母坪城だが
登るたびに見落としに気付かされる。
無名の山城ながら丹波に刻んだ歴史と
意外にしっかり残っている遺構は何度来てもおもしろい。
posted by うさくま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185948114

この記事へのトラックバック