2019年03月11日

晴れ間を見計らって、孫らと野の花見。

今日は、なんとなく有休休暇をとってみたのだが
朝、外を見ると小雨模様の残念な天気。
どうしたものかな〜? と思い悩んでいたら
天気予報は「曇りのち晴」、そして陽射しがチラリと。

先週の日曜日に帰省してきた孫と次女を誘って
大山の里へ「野の花ウォッチ」に出掛けたのだった。
セツブンソウ、イチリンソウ、ニリンソウなどの
野の花が春を告げる大山は追手神社の境内へとドライブ。

53614365_1969864823112087_2776190779083718656_n.jpg

途中、パラパラと降ったり、陽射しが覗いたり
油断のできない天気ながら大山追手神社を散歩した。
目当ての野の花はユキワリイチゲ、アズマイチゲなどが
花を付けていたが、陽射しのないこともあってツボミ状態。

53593449_1967229980042238_7899726458405257216_n.jpg
ユキワリイチゲ
53744991_1967231050042131_8219200539791982592_n.jpg
民話「負けきらい稲荷」のひとつともいわれる お稲荷さん
53678159_1967230176708885_7771180668511322112_n.jpg
シキミ

そんな神社境内、里山の自然であったが、孫ウーには
面白かったようで、楽しそうに歩き回っていた。

53595904_1967230730042163_9192004589316997120_n.jpg
フキノトウ
53855841_1967230193375550_2567342247649476608_n.jpg
まだまだ小さい、孫ウー
54730125_1967230406708862_7333857589375008768_n.jpg
アズマイチゲ

振り返れば、昨年も二月のはじめに野の花を見に来ていた。
そのときは乳母車に乗っていた孫ウーであったが、
今年は、自分の足で歩いている。子供の成長は実に早い!

53430072_1967230533375516_3831406141393338368_n.jpg
ウメの花もチラホラ
53478312_1969864849778751_4589841797580062720_n.jpg
国内最大というモミノキ、神韻とした空気をまとっている

というか、遠いノルウェーに住みながら、子どもたちのなかで
実家滞在期間が一番長い。聞けば、長期休暇は取るものであり、
日本往来の交通費も出るとか。日本の労働環境との違いを
実感することだが、ヨーロッパを旅すると言う選択もあるだろうに。
とはいえ、老夫婦の暮らしに次女と孫ウーが混ざるのは
それはそれで楽しいものである。もう少し懐いてくれれば
いうことないのだが、それはこれからの楽しみということで。
posted by うさくま at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185705802

この記事へのトラックバック