2019年02月18日

愛南町を愛で、十時間かけて丹波へ帰還

朝、町役場を表敬訪問。一昨日来、お世話になっている
愛南市役所のみなさんに挨拶がてら庁舎を見学させていただいた。
その後、役場職員さんの先導で愛南町をミニ観光。

IMG_2130.jpg
グラスボートで海中見学

まずは、旧西海町域の船越漁港に移動、
海の町−愛南らしくボートで海中見学へ。
月曜日ということもあって、乗客は
われわれ篠山市民である七人だけ。ありがたく、
ボートを占有して愛南町の海を堪能した。

海の次は、紫電改資料館である。
この資料館は、行きたいと思っていたところだけに
喜び勇んで入館、本物の紫電改と対面した。
子供のころに読んだ「紫電改のタカ」が思い出され、
なんとも懐かしい気分に包まれ柄にもなく燥いでしまった。

IMG_6931.jpg
さっきの湾を山上から振り返る
IMG_6932.jpg
紫電改資料館のビューポイントで集合写真
52392537_1938665896231980_2577278654488772608_n.jpg
紫電改と当時の飛行服を身に付けたガイドさん
IMG_2160.jpg
紫電改と記念撮影

資料館の紫電改は眼前の湾に不時着、沈没したものを
後世に引き揚げ、資料館を建築、展示したものという。
その背景には一筋縄ではいかない複雑な事情があるようで
当時の航空服を着用されたガイドさんが、
奥歯にモノのはさまった口調でお話されたことだった。

52653752_1938666092898627_565061861855199232_n.jpg
お土産にキャップを購入

歴史の伝承は、現代史でこれだから、
遡れば遡るほどに真偽定かならぬものであることを実感した。

IMG_6883.jpg
お世話になった役場のみなさんと記念の撮影

海、紫電改を案内いただいたのち、ふたたび役場に戻り
二泊三日の御礼をしたのち、遠い丹波への帰路についた。

1212 青い国ホテル前を通過
1454 伊予なだ サービスエリア
1526 石鎚山サービスエリア
1701 瀬戸中央道に入る

IMG_2245.jpg

1735 吉備サービスエリア
2018 加西サービスエリアで晩御飯
2115 丹南篠山インターチェンジ

IMG_2273.jpg

帰路は、昼ごはん、晩ごはんを摂ったこともあって
すべて九時間のドライブとなった。
10時、市民センターに荷物を下ろし、二泊三日の
愛南町への遠征は無事、終わった。あとは明朝
レンタカーを返せばマイミッションは終了となる。
posted by うさくま at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185588897

この記事へのトラックバック