2019年01月22日

恒例!車折神社で「一陽来復」の御札をゲット

我が家の恒例となっている「一陽来復」の御札をもらい、節分の日に恵方に向かってお祀りする。横浜時代は新大久保の穴八幡でいただいていたが、関西に帰ってからは京の車折神社でいただくことになっている。
毎年、相方と一緒に京都まで出掛けているのだが、今年は単独行となった。もう馴染みとなった車折神社、芸能神社の赤い瑞垣を奉納した芸能人の名前を見ながら本殿に参拝、今年も「一陽来復」の御札をいただくことができた(・・・って、1000円を払って購入したわけですが (^^) )。 

車折神社の神紋は「丸に一文字」と「唐花」、おもしろいのは一文字の書体がバラバラであること! 家紋を研究、調査する我々が思うほどには紋形へのこだわりはないのがおもしろい。

車折神社 神紋 丸に一文字
同じく神紋、丸に一文字と唐花

賽銭箱に打たれた神紋
嵐電 駅側の扉に打たれた神紋
狛犬の台座に打たれた神紋
桜がチラリホラリ
御札、節分に恵方に向けて貼ります


京都からの帰路、亀岡に寄り道して家紋ウォッチ (^^) 。まず国道傍らの宗蓮寺の新たに造成された境内墓地にお邪魔、なんでも新たになるのは世の趨勢ではあるが、なんというか残念なことだ。家紋調査を趣味とする一人としては、古墓がずらりと並ぶ墓地をそぞろ歩きながら、墓石に刻まれた戒名や年号、今様ではない個性的な家紋をウォッチするのは至福のひと時なのだが・・・。

亀岡市内では、形原松平氏の菩提寺 光忠寺 にお邪魔して境内墓地の家紋ウォッチ。丹波地域に多い塩貝家の「雁金」、藩主家一族であろうか松平家の「六つ丁子」が目を引いたが名字、家紋ともに総じてオーソドックスなものが多かった。
境内の一角に旧藩主形原松平家の墓所があったが立入禁止のようで、それを押してのあつかましい墓参は失礼と外から見るにとどめた。

ところで、形原松平家は青山家と入れ替わるかたちで篠山から亀岡(当時は亀山)に移封された大名。篠山には「負けきらい稲荷」の話が伝承されており、篠山藩 青山家に関わる話となっている。しかし、実は形原松平家にゆかりの話だったともいい光忠寺から歩いて10分くらいの街中に負けきらい稲荷の祠が祀られていた。篠山には遠く及ばない佇まいであったが、伝承の妙を感じることであった。

ひさしぶりの京都から亀岡、ちまっとしたドライブとなったが、街歩き寒かった〜!

posted by うさくま at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185501421

この記事へのトラックバック