2018年12月15日

西京街道ツアー 第三回に出動

いま、巷で取りざたされているインバウンド
外国人観光客に人気なのが京都、その京都から篠山へ、
いかにして外国人観光客に足を伸ばしてもらうかを模索するツアー。
そのツアーを社会実験と位置づけ、京都と篠山を結ぶ道を
「西京街道」と名づけて、昨年度にプレツアーを実施。
それを受けて今年度、三回のモニターツアーを実施した。

SAIKYO_LEAF20181215Ae.jpg

主体は市役所の担当部局だが、委託というかたちで
いま勤める職場が企画、運営したものだ。
今日、三回目となるツアーが行われ、その裏方として出動、
福住から篠山城下町の間を走り回った。

A48356460_1848470615251509_4442802097552883712_n.jpg
川原住吉神社、日本の神さんについて学びました。
B48269363_1848470911918146_3867698009454149632_n.jpg
重森三玲作庭になる「住之江の庭」。後方の山上には籾井城跡。

西京街道ツアー、このネーミングに対してダメダシが
出ているそうだが、京都の西方に位置する篠山とを結ぶ道と
解釈すれば当たらずとも遠からずであろう。もっとも、
歴史的な背景を云々されると聊か心元ないところではあるが。
このツアーの目的に重伝建の選定を受けた福住の町を
外国人の方にアッピールすることがある。ということで毎回
福住の町での滞在プランが重視され、今回は味噌玉ワークショップを企画
自分で作った味噌玉で味噌汁を作り、むかしながらの
田舎ごはんを再現するメニューでランチを演出した。それなりに
盛り上がったようで、食事のあと篠山城下町へと移動した。

C48362264_1848471211918116_6663412790742482944_n.jpg
味噌玉づくりワークショップ
D48375665_1848471455251425_1060875768428494848_n.jpg
篠山城跡をウォーキング
E48370967_1848471808584723_3808648913578098688_n.jpg
安間家武家屋敷で江戸時代の武家の暮しを体感する
F48407359_1848471971918040_5058109519083601920_n.jpg
石垣を見ながら篠山城大書院へ。
H48409622_1855175004581070_4914202151590297600_n.jpg
篠山のパワースポット? 王地山稲荷神社

今日のツアーの参加者は20人の募集枠に19人、
京都から園部駅まで自力で来る、そこで主催者側でチャーターしたバスで
出迎えるというスタイルながら、まずまずの人数であった。
寒い一日だったが、天気が崩れることはなく
英語が話せない身としてはコミュニケーションはならず!
しかし同行している限り楽しんではったように見えたが・・・
今日を含めて三回のツアー、はたして外人さんに受けたのだろうか?

posted by うさくま at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185234724

この記事へのトラックバック