2018年11月02日

王地山焼のペン立て完成

久しぶりに王地山陶器所にお邪魔すると
六月ごろから、折々にコツコツと作っていた 
丹波青磁 篠山藩窯 王地山焼 のペン立てが焼き上がっていた。

45202462_1792882654143639_5925529515139792896_n.jpg


45195577_1793197050778866_5905590666339024896_n.jpg

受注数500個、単価はムニャムニャというもの
通常の作陶も忙しい陶工さんをサポートする形で
作業工程のいくつかをお手伝いさせていただいたものだ。
素人のやることとて、やったことは簡単な成型工程が
ほとんどであったが、アッサリと焼きあがっていた。
聞けば、発注先への納品も終わったとのことで、
ペン立て作りはなんだか拍子抜けする幕切れとなった。
posted by うさくま at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185017220

この記事へのトラックバック