2018年09月29日

多紀郡と氷上郡を結ぶトンネルウォーク

今日は早起きして台風24号が接近するなか
かねて予定されていた金山城跡登山をメーンとする
丹波地域ビジョン委員会さん主催の「1578 the 金山」に参加
ひょっとして中止になるか?と思っていたところ
金山は登りませんが雨天決行との連絡をいただいた。

42795976_1749332845165287_3031386487292690432_n.jpg

image123.jpeg

集合地となる大山の大乗寺に9時前に到着
雨の中、参加者が続々と集まって来られる。
大乗寺の本堂で開会、メーンとなる金山城跡登山は
中止となり、その他のスケジュールが実施された。

大乗寺住職さんの講話を拝聴、大乗寺の起こり
和泉式部、金山、鐘ケ坂にちなむ説話などなど。

image1.jpeg

おもしろかったのは、顕密系の山寺の御本尊は
薬師如来 ・不動明王 ・十一面観世音が定番との話。
すなわち、山は境となるところであり、禍を止める、
封じ込めるという意味合いが込められた。その結果、
薬師如来 ・不動明王 ・十一面観世音が祀られ、
仏様の霊験を保つため秘仏にされることが多いらしい。
ありがたい講話、法話を聴いたあと、
鐘ケ坂トンネル篠山側入口に移動、雨が激しくなるなか
カッパを羽織り、雨傘をさして明治のトンネルへ。

image2.jpeg

柏原側に出ると、雨足は激しさを増しているが
ガイドさんの解説を聴きながら昭和のトンネルまで下る。

image3.jpeg

42627927_1749333625165209_2071745095190708224_n.jpg

明治のトンネルは昭和のトンネルが開通する
昭和42まで多紀郡と氷上郡を結んでいた。当然、
路線バスも往来していたわけで、そのアクロバチックというか
デンジャラスな峠越えは下手なアトラクションより
怖すぎると言うしかない。クルマ社会にふさわしく
建設された昭和トンネルだったが、より安全性を求めて
平成トンネルが開通すると、アッサリとその使命を終えた。

42710876_1749333841831854_189544405785378816_n.jpg

image4.jpeg

丹波に引っ越した頃、昭和のトンネルを利用したものだが
転勤人生を終えて丹波に戻ってきたときは封鎖され、
今日のトンネルウォークで何十年ぶりかに柏原から
篠山まで、徒歩ではあるが昭和トンネルを通過したことだった。

image5.jpeg

昭和のトンネルを篠山側に出たところで、ひとまず解散。
弁当組は大山上の公民館に移動して昼ごはん、
金山城跡登山こそ中止になったが雨中のウォーキング
それはそれで楽しかったような・・・。
主催者の案内によれば、金山城跡登山は来年の春に
リトライされるとのこと。その前に、正月明けに実施される
大河ドラマを視野に入れた講演会がある。あれやこれや、
ビジョン委員会さんとのお付き合いは続きそうである。
posted by うさくま at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184556532

この記事へのトラックバック