2018年09月24日

四条畷から野崎へヘロヘロウォーキング

飯盛山城跡を踏破したのち、四条畷神社へと下っていく激斜面を降りていった。
四条畷神社で小休止したのち、神社に参拝、つぎの城攻め先となる三箇城跡へと向かった。電車に乗るのも中途半端、南北朝時代、四条畷合戦で高師直と激戦を演じ討死した楠木正行の墓所を経由、深北緑地を縦断して三箇城跡へとひた歩いた。

42432929_2262450950492076_663415474767265792_n.jpg

42460486_2262450647158773_4257832295794212864_n.jpg

かつて飯盛山の西麓一帯は沼地で、三箇城跡はそこに浮かぶ水城を呈していたという。いまは治水工事が進められたこともあって、往時の姿は想像するしかないが、台風の直撃などを受けると洪水になることも少なくない。

42527239_2262451167158721_6743336501418917888_n.jpg

42406291_2262451393825365_3939298172295184384_n.jpg

陽の照りつける道を喘ぎながらたどり着いた三箇城跡は菅原神社が鎮座し、三箇城跡の石碑が城跡であったことを示すばかりだ。城跡から西方を見ると飯盛山の山並みが大和国との境を呈している。三箇城が飯盛山の出城として機能していたことは、なんとなく感じられたことだった。
三箇城主の三箇氏はキリシタン武将で、ちょうど、飯盛山を挟んだ東方に位置する田原城主・田原氏らとともにルイス・フロイスの残した『日本史』に記録されている。戦国時代における動向が知られる武家でありながら、城跡はともかくその歴史は忘れられつつあるようだ。
さて、野崎駅を九時半に出発し、野崎城から取り付いて飯盛山城、四条畷神社、楠木正行の墓所、三箇城跡を踏破、野崎駅に戻りついたのは16時。すべて約13キロの城攻め・町歩きとなった。いや〜!ちかれた!

さて、城攻めのあとは恒例の懇親会、京橋まで移動して、まずはビールで乾杯。ちかれた身体に浸み込むビールの美味いこと、大阪のソウルフード「二度付けはダメよ」の串カツを頬張りながら雑談に時間を費やす。もう一軒、はしごをしたところで、田中組は中座させてもらい、丹波へと帰還していった。

posted by うさくま at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184536025

この記事へのトラックバック