2018年09月05日

王地山陶器所でペン立て作り

久しぶりに王地山陶器所に出かけて
夏以来、ズッと作業を続けているペン立て作りに勤しんだ。
前回に引き続いて、素焼の表面を水洗いして釉薬工程、
プツプツできた穴を筆に付けた釉薬で埋める。

IMG_6568.JPG 焼きあがったペン立て

IMG_6569.JPG
素焼きのペン立てを釉薬に浸す

こねて、型に入れて、模様を捺して、素焼き
そして、拭いて釉薬に付ける、穴を埋める
その後に本焼きとなる。
たかがペン立てにこのプロセス、
手作業のモノづくりは骨の折れることである。
posted by うさくま at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184383407

この記事へのトラックバック