2018年08月25日

朝、辻淀山城跡整備作業に参加

台風の名残であろう小雨がパラつき湿気がまといつくなか
二ヶ月ぶりに淀山城跡整備作業(前回、雨で中止)に参加。

今日の参加者は、子ども一人を含む八人
予定されている作業は東南に位置する井戸曲輪の上部に
設けられた帯曲輪と城址西方の帯曲輪南部とを結ぶ道開け。
本来なら城道はないところだが、秋の見学会を踏まえて
参加者が移動できるコースを開こうというものだ。

39989491_2212420022161836_9045759625743302656_n.jpg

40012754_2212420232161815_6545303913111748608_n.jpg

城跡はとんでもない湿気で、作業前にすでに汗だく
道開けといっても斜面に茂った灌木を伐採するだけ
道開け作業はあっさりと終了。その勢いで
かつて整備作業を行なった西帯曲輪に茂る木々を伐採
倒木を片付け、北の大堀切までを再整備した。
途中、マムシが出てくるということもあったが
10時半、初期の予定プラスの作業を無事に終了した。

40051391_2212420308828474_1424553004685590528_n.jpg

40034265_2212420432161795_1741235739582005248_n.jpg

予定は11時までだったが、湿気の多さと暑さを考慮して
今日の作業は、ここまでとなった。気分的には
潅木に覆われつつある井戸曲輪に手を入れたかったが
勝手な行動も大人気ないと、淀山城跡を後にした。
posted by うさくま at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184383360

この記事へのトラックバック