2018年08月04日

春日町は黒井城跡東方で墓地紋探索

赤井直正の居城・黒井城跡の東方の集落小多利、多利から
先週廻った野上野にある墓地を巡ってきた。
これで4週連続の春日町遠征、今日も相変らぬ酷暑
目的は家紋採取とはいえ、無謀な行動ではある。

さて、一番目の小多利の墓地は黒井城を攻めた
明智光秀が本陣を布いたという小富士山の東麓。
遮るもののない墓地は噎せ返る暑さ、綾部に多い由良家の
墓石が多く、家紋は綾部と同じく全て「三つ引両」紋。
目にとまったのは高橋家、よく言われる竹笠紋ではなく
「酢漿草に二つ引両」紋、三村家の「折敷に三文字」紋は
信濃三村氏との共通性が感じられ心に残った。
次の村墓地は高見姓が多数派で「桔梗」紋
ここでも三村氏の墓石は挙って「折敷に三文字」紋が印象的、
ほか伴中氏の「」、大江氏の「一文字三つ引両」など。

春日町は舞鶴自動車道の建設により墓地移転を
強いられた所が多い。次の墓地も石碑に移転の由来が書かれ
高見氏「桔梗」、畑氏「二つ引」、足立氏「酢漿草」らの
株墓地が行儀よく区画ごとに墓石が並んでいた。

ついで天台宗寺院の蓮華寺にお邪魔して山麓の境内墓地へ。
舟川姓の墓石、家紋はすべて「丸に地紙」紋、
名字、家紋ともに丹波では少数派、おそらく寺院開創、
運営を担ってきた一族であろうと思われたが、詳細は不詳。

小多利、多利界隈からは黒井城跡が視野に入ってくる。
墓地に眠る人々の先祖は赤井氏に属して明智の丹波攻めに
抗したのだろうか? なにやら気になるところであった。

多利の南端に位置する墓所で、六地蔵を撮影。
墓地の入り口ではお馴染みの六地蔵だが、それぞれ六道の能化、
錫杖、宝珠など持ち物も違うらしいが、よく分からない。
この墓地も移転したようで、畑家の株墓地の石標にその経緯が、
墓石の家紋は「菊一文字」だが、紋型はバラバラであった。

先週お邪魔した野上野地区、北山家の「菊輪に二つ引」紋、
能勢家「並び矢」紋、小田家「笹竜胆」紋、株墓地らしく
名字と家紋がピッタリ統一されている。

続く墓地は上山家「竹笹」紋、義積家「九曜」紋を刻んだ
墓石がずらり並んでいる。墓地の一隅にはお地蔵さんと
戦国以前のもと思われる古い五輪塔、宝篋印塔が祀られ、
この墓地に祀られている家々の歴史の古さも偲ばれた。

次の墓地は近藤家「鹿角」紋、野花家「二つ引」紋、
山本家が「根笹」「笹竜胆」紋が用いられていた。

昔ながらの村墓地を訪ねると、紋形の微妙な相違、古い墓石に彫られた紋の稚拙さ、よくあるのが二つ引の引両が丸に付く付かない、酢漿草の剣の有無などなど、昔の人たちの家紋の図柄に対する無頓着さを実感する。また、鷹羽紋と矢羽紋との混同も多い。ここの山本家では「笹」という共通項で、紋の図柄が別物になっている。田舎の古い墓石を見ると、分譲墓地のように型にはまっていない自由さが実に面白いおもしろいのである。現代、古い墓石が整理されたり、新たに墓所が整備されたりすることが多い。しかたのないことだが、味気ない墓石、墓所が増えていくのは何とも残念というしかない。
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184383297

この記事へのトラックバック