2018年07月16日

黒井城界隈の墓めぐりに汗を流す

かんかん照りの暑さに身の危険を感じて黒井城跡を上り下りしたあと、
赤井氏の菩提寺であった千丈寺に再訪、室町時代のものという
伝赤井一族の宝篋印塔、一石五輪塔、石仏などを拝見した。
千丈寺は千丈寺山砦の西南麓にあり、参道傍らの廃屋、
無住から来る寂寥感などが相まってやや荒廃した空気を漂わせていた。

20180715_image1.jpeg
平主神社より黒井城を見る
a-37214922_2127889923948180_5073132511526125568_n.jpg
長谷山千丈寺、赤井家の菩提寺という曹洞宗寺院
b-37229517_2127890680614771_3371571309002620928_n.jpg
赤井家墓所

聞けば、かつて墓所にあった姿のいい宝篋印塔二基は
赤井直正夫妻のものとして下屋形跡という興禅寺に移設されたという
もっとも、のちの調査で時代があわないことが判明したとのこと。
かつて一帯を支配した赤井氏ゆかりの寺院、石造物群でこれである
戦国時代がブームといっても実態はこのようなものなのかも知れない。

千丈寺近くには駐車場ががなく、村墓地の一角に車を置いてお寺への道を往来したのだが、墓地の墓石に目を向けると久下さんと小野さんの墓がズラリと並んでいる。これまで、氷上郡の墓地をめぐってきたが、この村墓地は見落としていた。

e-37345058_2127892113947961_8480548363450712064_n.jpg
久下さんの株墓地、すべて「一番」紋

早速、久下さんの墓石を拝見すると、すべて「一番の角字」紋である!家紋の世界では知られた存在の久下氏の「一番」紋と出会えるとは思わぬ拾い物であった。ただ、すべての墓石が新しく、古い墓石に家紋はない、はたして中世以来用い続けられたものなのか?そこが知りたいと思いつつ、人影の見えない小さな村をあとにした

次は、九尺藤で知られる白毫寺を訪問。目的は、かつて春日部荘であった黒井城北部一帯を支配した赤松貞範の供養塔。貞範は赤松円心の次男であったが、弟則祐に惣領職を譲る形となり、赤松春日部家の祖となった武将である。

37295139_2127891237281382_3234033124606214144_n.jpg
白毫寺本堂
37279877_2127891570614682_5206171292478210048_n.jpg ドッシリとした風格。

貞範の供養塔は白毫寺本堂の手前にあり、姿のいい宝篋印塔である。建立年と貞範のことが銘にあること、当時の姿をよく伝えていることから県の重文指定を受けた文化財である。実際、そのドッシリとした佇まいは、見ていて惚れ惚れしてしまった。

20180715_image2.jpeg


ところで、久しぶりに来た白毫寺、七福神の真新しい石像があったり、墓地分譲のカンバンがあったりして、妙に俗臭が濃くなっているような。分譲墓地を拝見すると新しい墓地がズラリと並んでいる。なるほど、車が長蛇の列を為す九尺藤の観光収入、墓地分譲からの収入で、ずいぶんと潤われたのだなと経営手腕に感じ入ったことであった。

豊源で遅い昼食を摂ったが、その量の多いこと、そして、お店のお姉さんの大胆な服装、さすが台湾(?)というべきか。
腹を満たしたあと、さて帰ろうと「春日―栗柄線」へと車を向けた

春日の町から東方を見れば三尾山城が、いつも前面に屹立している。三尾山城は黒井城主赤井直正の弟、刑部幸家の居城であり、北西麓にあたる国領に幸家の屋形跡と墓所が残っているのを思い出した。ネットで調べるとすぐ近くの流泉寺が屋形跡で、墓所、そして土塁、堀跡も残っているとのこと、早速、お邪魔した。

a-37254302_2127978433939329_1473725960703442944_n.jpg
屋形跡の流泉寺さん
b-37219255_2127979340605905_9159254149425004544_n.jpg
赤井幸家の墓所、戒名が詩的。

お寺は微高地を占め、境内にお邪魔すると南西部に土塁跡が明確に残り、その一角に幸家の墓所があり「孤舶釣月居士」の戒名が彫ってある。篠山市の弘誓寺にも営まれている幸家の墓所に比べると小振りなもので、戒名も院殿号のないあっさりとしたものであった。西方にまわって見ると堀跡であろう遺構も確認できた。

c-37158386_2127979283939244_7010655493555224576_n.jpg
土塁跡、向うに詰め城のある三尾山
d-37173083_2127980460605793_3208317162540236800_n.jpg
流泉寺西側に残る堀跡

お寺の境内と周囲を歩いた限り、近くに位置する野村構などと比べて規模そのものは大きくない。おそらく幸家は赤井氏の本拠である後屋にも屋形を構え、国領館は三尾山城とのつなぎの館城として構えられたのかもしれない。
とはいえ、屋形の立地は多紀郡から氷上郡に越えてくる佐中峠、瓶割峠、栗柄峠の道を押えている。氷上郡を押える赤井氏にとって、押えておきたい場所である。赤井氏は後屋城をコアとして、黒井城、三尾山城、そして、高見山城をトライアングルに配置した領国防衛体制を敷いていたことが実感された。

e-37255320_2127980397272466_6646829604185047040_n.jpg
屋形跡を遠望、微高地になっている
f-37198269_2127980910605748_4020223400625569792_n.jpg
屋形跡切岸と三尾山城跡、溝は堀の名残か?

溶けるような暑さのなかの黒井城攻め、その無謀さに思いいたり予定を変更したことで赤井一族の墓所、春日部荘を領した赤松貞範の供養塔、赤井幸家の館跡と墓所を探訪することができた。しかし、その暑かったこと、城攻めは夜明け前の朝駆けに限るな〜と学んだことだった。
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183929734

この記事へのトラックバック