2018年07月16日

黒井城跡、未踏の龍ヶ鼻砦、百間馬場を目指す

黒井城跡に登山。
前から気になっていた龍ヶ鼻砦と百間馬場の踏破が目的、
朝早くに出かけるつもりだったが、昨晩の懇親会の影響を受けて
寝過ごしてしまった。すでに陽は天空高くにあり
天気予報では「今日も高気温、熱中症に注意」とのこと。
さて、「どうしたものか?」と悩んだが予定通りに出かけていった

a-37278957_1652414654857107_7987133840357326848_n.jpg

いつもの駐車場はすでに満車状態、隅っこに車を停め、
あの階段を登る急坂コースから「えいや!」と主郭部を目指した。
三段曲輪を越えたあたりで汗だく、足も上がらない
へろへろ状態になった身体に鞭打って、なんとか足踏の段へ。

b--37174857_2127699947300511_6305596359483326464_n.jpg
三段曲輪の切岸と柵平地
c-37079253_2127700230633816_3345454918545702912_n.jpg
足踏の段

足踏の段からの展望を楽しみながら大休止、
一息ついたところで、主郭に続く山道を登っていった。
山上に近づくほどに樹木が伐採され、文字通りの天日干し状態に!
上りついた主郭部曲輪群は石垣と階段状の曲輪が陽に晒されている

d37344192_1652414761523763_2735680531583729664_n.jpg
三の丸の石垣
e-37220777_2127700833967089_4468206318007615488_n.jpg
主郭、南面の石垣
f-37574201_1652414791523760_6361575988261814272_n.jpg
城址石標、向うに見えるのは千丈寺砦

カンカン照りの下、360度のパノラマ風景を楽しんだが
とにかく暑い!小さな木陰に倒れこみ吹き抜ける緑風に癒される。

IMG_8660.JPG
龍ヶ鼻砦と百間馬場のある尾根を見る

さて、主郭より龍ヶ鼻砦と百間馬場のある北方の尾根を眺め
まずは分岐となる西の出丸方面へと踏み出した。
西尾根も樹木が伐採され夏の陽ざしを遮るものはない。

g-37245562_1652414871523752_389288001689092096_n.jpg
主郭西の腰曲輪
h-37202730_2127701590633680_4640076323484598272_n.jpg
城下を見下ろす
h-37293841_1652414924857080_7023650144742539264_n.jpg
主郭の石積

時計を見れば午前十時半、暑さはこれからがピークとなる。
さすがに身の危険を感じ相方と相談、これ以上の山歩きは「危ない!」
「山は逃げない身体が一番!」と決定、無理せず下山することとした。

i-37265235_1652414938190412_6051236211391987712_n.jpg
石垣腰に小富士山城跡を見る
j-37370399_1652414991523740_5217738562824306688_n.jpg 汗だくになって下山

下りはやや覚束ない足元ながらサクサクとゆるやかコースを
休み休みしながらノンビリと下っていった。
今日の目的は達成できなかったが、相方が新しく買った山靴、
ザックの慣らし登山にはなったようではあった。
酷暑の山城攻めは夜明けとともに山に取りつき、陽が登る頃には
的達成をして暑さが本格化する時間には下山する。ということで、
近々、龍ヶ鼻砦と百間馬場の踏破にリトライをする予定である。
posted by うさくま at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183929726

この記事へのトラックバック