2018年07月09日

倉庫工事着工、荷物の整理は?

かつて、大阪から奈良、奈良から篠山、
篠山から横浜、横浜内の移動、さらに横浜から京都
とどのつまりが京都から篠山と
まるで枯葉が舞うように引越しを繰り返した。

面倒くだいことではあったが
引越しは否応なく様々な荷物を整理することになり
一時はやった「断捨離」を知らず知らず行っていたのだった。
篠山に越して十年、その間、荷物はたまる一方なうえに娘が荷物を置いていくということもあったりして、屋根裏はもとより押入などの収納スペースは一杯となってしまった。
もとより小さな家のうえに少ない部屋数、そんな部屋毎に収まりきらない荷物が置かれ、このままでは地震がくれば家は倒壊してしまう?という不安が頭をよぎるようになったのだった。

それでは倉庫でも建てるか、といっても敷地も狭い。そのようなものを新たに設ける場所などない。やいのやいの!と悩んだ結果、北側の猫の額ほどの果樹園もどきを更地にして倉庫を建てることになった。
切られてしまう枇杷、無花果、山椒の木などがなくなってしまう・・・、なんとなく寂しくなるな〜の気持ちをぬぐえないが、小さな庭付きの一戸建てでは、諦めるしかない。

20180709_image3.jpeg

そなことで、存知よりの工務店に依頼して、打ち合わせること数度。決まったプランは平屋の六畳に満たない広さのものでり、現状の荷物だらけ状態がいかほど解消されるのか?ま、出来あがればないよりはましだろうと発注。今日、工事着工となった。いざ、工事が始まると、どのようなものが仕上がるのか、何となく楽しみではある。
posted by うさくま at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183852291

この記事へのトラックバック