2018年07月02日

引き続いて、ペン立て作りに励む

先週の月曜日、篠山市城下町の東部にある
王地山陶器所が受注した「王地山焼筆立」づくりの
手伝いに悪戦苦闘した。一週間経った今日、
だいにかいめのお手伝い作業に出っ張った。

前回、作ったもののうち、約 1/3 にヒビ割れが生じた
と聞いただけに悪戦苦闘は必至と意気消沈しながら
陶器所に行ったところ主任陶工氏が
これなら上手くいくという道具立てをしてはって
作業を進めたところ何と形も揃い作業も捗るではないか!

3904955A-6759-4142-9534-C3654ACB020A.jpeg

ということで夕方まで黙々と筆立づくりに励み
想定ノルマとしていた100個を軽くクリアした。

AE647C91-2E1B-44C4-B9DB-0ACEE97DA6D3.jpeg

さて、のちに生じるかも知れない割れが心配だが
今日の道具立て、流石!と感じ入ったことだった。

王地山焼の筆立づくり、目標数はは700個
盆ごろには数を作って、素焼き、そして釉薬をかけ焼成となる。
悪戦苦闘は、これからもボチボチと続くのである。
posted by うさくま at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183743943

この記事へのトラックバック