2018年06月30日

淀山城整備作業に久しぶり出動

昨日から今朝にかけての雨があがり
予定通り、辻歴史を知ろう歩こう会の皆さんが
続けられている山城跡整備作業に出動した。
今日のターゲットは淀山城跡。

36345313_2096808387056334_8600037025095090176_n.jpg
道路の向こうに八上城跡

先日、戦国倶楽部のミニオフ会で登った時、
かねて整備作業を行った城跡には草木が繁り、
要所に設置された看板類は腐食し、主郭の説明板も倒れている
なんとも残念な状態になっていた。

せっかく整備をしても、ほんの三年とチョッとで荒れ気味となる。
山城整備は一度始めたら、厄介で面倒、地味で地道な作業を
腹を括って、倦まず弛まず続けるしかないのである。
早速、整備に取り組まれている地元の知友に報告
今日から再整備作業がスタートとなった。

36327592_2096809873722852_4212465548384010240_n.jpg
今日のヘルメット

今日の作業参加者は7人、いっときに比べると少なくなった
振り返れば、はじめて参加したのが十年近く前のこと
参加者の高齢化も着実に進んでいる。その間、
若い人の参加者は数えるほどしかなかった。歴史会の
メンバーの方々もいつかリタイアされる日がくることは必定。

36371294_2096808807056292_7875032479512395776_n.jpg
神社のあった曲輪
36398133_2096808953722944_165429598937415680_n.jpg
チョッとキレイになった

このままでは、地元の歴史を語る山城跡を
後世に伝えようという取り組みとその成果も
元の木阿弥になる日も遠くないということか?
なんとも寂しいことだが、それが現実なんだな〜と考えつつ
主郭部を主体に整備作業に汗を流したことだった。

36389677_2096809463722893_2286675721222881280_n.jpg
主郭、倒れていた看板を立て直す
36425282_2096809613722878_2809937453819887616_n.jpg
神社曲輪、南の腰曲輪
36416177_2096809837056189_3532231866448871424_n.jpg
チョッとキレイになった

雨上がりということもあったとはいえ、淀山城跡の湿度の
高さは半端なかった。主郭まで登るだけで一汗、
作業を始めると汗だくのヘロヘロ、ほとんど熱中症状態に。
夏の山城整備作業はロートル集団には命懸け、
大幅に時間を切り上げて作業を終えたのだった。
posted by うさくま at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183694927

この記事へのトラックバック