2018年06月10日

青垣町で梅花藻、家紋ウォッチ

昨日の地元紙に「梅花藻」の開花情報が掲載されていた。
梅花藻は「バイカモ」は「鴨」の一種かと思っていたのだが
静岡県にある柿田川に行ったとき「藻」の一種であることを知った。
いわゆる「知らぬが恥」を地でいったことが思い出される。

さて、新聞に掲載された梅花藻は丹波市青垣町にある
古刹、高源寺すぐのところにある清水川に咲いているという。
早速、行ってみようと、高源寺へと出っ張った。
どこかな?と探したが見つからない、地図を見ると
高源寺すぐのところに梅花藻自生地があるではないか。

20180610_image1.jpeg

小さな小川に梅花藻の白い花がポツリポツリと揺れている。
花の盛りはチョッと過ぎていたようだったが、
かわいい花を見ることができた。が、新聞に出ている場所とは
違っていたようだった。来年は、そちらの群生地を探してみよう。

34776563_1453822344723823_3381738222441725952_n.jpg

20180610_image2.jpeg

高源寺は紅葉の寺として知られるところで、鎌倉時代のはじめ、
青垣に西遷してきた関東御家人足立氏ゆかりの寺でもある。

せっかくなので、近くに散在する墓地にお邪魔して
墓紋ウォッチをすると流石にというべきか足立さんだらけ! 

34984734_1453822388057152_335342237493755904_n.jpg 正覚寺境内墓地

35050057_1453849934721064_3298563805637771264_n.jpg 34840500_1453850171387707_7659179337454714880_n.jpg
「五本骨扇」紋の足立さん絶対多数のなか、「三つ扇」紋の足立さんも

六ヶ所の墓地をめぐって300以上の墓石を拝見したが、
その約半分が足立さんの墓所、そして約七割が「五本骨扇」紋。
また、異姓でも「五本骨扇」紋を用いる家が多かった。

35076530_1453850288054362_4867757586432131072_n.jpg 34963228_1453850358054355_7845688850629263360_n.jpg
「重ね扇」紋の足立さんが一軒
青垣町西部は但馬との国境、朝倉姓が何軒かあり全て「三つ盛横木瓜」紋

昨年の秋にも青垣町から福知山西部の墓地をめぐり
「足立」姓と「五本骨扇」紋の多さに驚かされた。
今日、丹波青垣町を訪ねて、改めて青垣は「足立」さんと
「五本骨扇」紋のメッカであるな〜という事を実感した。

20180610_graff.png

posted by うさくま at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183518808

この記事へのトラックバック