2018年05月24日

手づくり甲冑の贈呈式

篠山市内で甲冑製作をつづけていらっしゃる時本昭男氏が
篠山藩主・青山家の家紋「無文銭」をモチーフとした甲冑を製作、
青山家ゆかりの篠山城大書院に贈呈された。
その贈呈式が、篠山城大書院虎の間でプレスを呼んで行われた。

DSC_0017.jpg

DSC_0022.jpg 新しい甲冑

時本氏は、毎年秋に篠山城大書院で行われる「戦国祭」にも
甲冑の展示、甲冑着付けなどで活躍されている。
かつて市民センターで行われた「手づくり甲冑教室」の
講師も勤められ私も生徒の一人として甲冑づくりを教わった。

DSC_0030.jpg
甲冑について話される時本氏
DSC_0056.jpg

今日の贈呈式において時本氏が甲冑づくりを本格的に
はじめられたのは六十歳を過ぎてからと聞いて、驚いた。
いまでは、テレビの歴史番組のバックにも使用され
篠山市内のいろいろなイベントに甲冑を提供されている。

DSC_0060.jpg
孔雀の間に常設展示

伊能忠敬ではないが、老境に入ってからの第二の人生を
甲冑づくりに見出された時本氏。会社人を卒業した
世の男性諸氏にエールを送る存在といえそうだ。
ともあれ、今日の甲冑贈呈で篠山城大書院に
新しい名物が登場したことは間違いない。
posted by うさくま at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183320387

この記事へのトラックバック