2018年03月03日

清滝山で山城探索

戦国同人の三宅さんのお誘いで、城郭談話会の高橋さん発案の清滝山にあるという山城探索に出かけた。
清滝山の山頂は遠目に見て、いかにも何かがあったと思わせる形をしている。実際、中世以前において寺院があり、いまもその名残であろう清滝観音堂が山腹に祀られている。
以前、篠山の山に散在する三角点を歩き回っているとき、清滝山の三等三角点も小立より踏破した。そのときの印象では、山城かな?と思わせる地形に見えなくもなかった。その後、県守よりの参拝道であったと思われるルートで再登山、山城遺構はないかと歩き回ったが、確信をえないまま日が過ぎていった。

0303_IMG_4748.jpg

そして、何年かぶりの清滝山登山。今日は観音堂の後方に清滝東山城、そして山上に清滝山城があるという情報(縄張図)をわれわれの目と足で確認しようということになった。

kiyotaki_0303.jpg

清滝山の東南山麓に位置する垂水集落、新設された砂防堰堤近くに車を停め、堰堤の傍を登っていくルートより観音堂を目指した。古くからあった山道を整備されたようで、尾根の切り通しなどに年季が感じられた。
垂水ルートはやがて小立ルートに合流、よく踏み込まれた山道を登っていくと斜面に平坦地が数段あらわれ、かつての規模のほどが想像された。

0303_IMG_4691.jpg

28378578_1918127544924420_3072860259299154667_n.jpg

そして、虎口状の地形を登ると観音堂、おりから地元の方々が木々の伐採作業を行われていて観音堂がいまも大事にされていることがうかがわれた。しかし、かつて籠堂であったろう建物は崩れ落ち、はたして信仰が継承されていくのか心許ないことではあった。

image1.JPG

さて、一つ目の清滝東山城。
観音堂左手の急斜面に取り付き、ぬかるみに足をとられながら登った尾根は倒木と潅木に前途を遮られている。がむしゃらに進んでいくと薄い堀切があらわれ、さらに登っていくと帯曲輪であろう平坦地と切岸が確認できた。しかし、一面の潅木と倒木である。高橋さんが用意されてきた縄張り図を見ながら、尾根を探索すると確かに城跡であろうと思われ、樹木に遮られているが県守の集落から細工所城方面が一望であった。

28379774_1918127561591085_5351576973438033495_n.jpg

とはいえ、ほとんどが自然地形で主郭もない、敵に対峙するであろう尾根先に若干の普請を行っただけというものであった。観音堂に関わるものとも思われるが、おそらく戦う城というより村人が隠れるために作ったものではないかというのが三人の結論となった。

二つ目の清滝山山上の城。
東山城より斜面を下り、尾根を二つ登り降りすれば、三等三角点の鎮座する清滝山山頂の平坦地だ。こちらは、以前に登ったときには木々が茂っていたと覚えているのだが、木々は伐採され三角点もオープンな状態である。

0303_IMG_4726.jpg

image3.JPG

IMG_0444.JPG
2010年5月21日当時の三角点、木々が生い茂っていた

山上は、三角点のあるピークを主郭に、西方に二の曲輪、南側に薄い土塁と浅い横堀、そして北側に虎口を開き主郭まで薄っすらと城道であろう浅い横堀が確認できた。まず山城と認めて間違いないだろうということになった。しかし、全体的には大味で、「山城、発見!」というほどの感動はなかった。とはいえ、先に登った東山城に比べると山城らしさは格段であり、おそらく時代も下る城跡であろうと思われた。では、どのような勢力が築いたものか?

28576686_1918127558257752_7938261821654458645_n.jpg

image2.JPG

かつて存在していた清滝山の寺院の奥の院が営まれ、のちに城として改修されたものであろうかと誰何された。また、清滝山城の虎口からは北方山麓の山田集落へと降りていく気配がある。山田といえば大芋に多い山田姓との関係が思われ、ひょっとして山田氏の詰めの城だったのか?などと妄想を広げたが、裏付ける何かがあるわけではなく謎というしかなかった。

清滝山からの下山は、むかし登った谷筋ルート(相当、谷が削られたようこで、なかなか険しい)を降った。谷筋を降ると平坦地があり、山道が観音堂の後方へと続いていた。清滝山には観音堂を中心に、相当、規模の大きな寺院が営まれていたようだ。そして、御嶽と小金ヶ嶽を主体とする三岳修験に関わりがあったとみて間違いないだろう。

0303_IMG_4730.jpg

今日の清滝山登山、昨年末に病気再発以来、二ヶ月半ぶりの山城攻めだけに、山歩きの最中にめまいを感じるということもあった。まだまだ、体調は万全ではないようだった。
山城そのものは明確な遺構はなく「おおおっ!」ということはなかった。ただ、清滝山観音堂を中心に広がる山岳寺院であったろう歴史が、おおいに気になった。山は荒れ気味となっていたが、観音堂への信仰が継承されていくことを願ってやまない。

・・・・・
高橋さんと別れたあと、もう一つ山城ということになったが、ガッツリと登るには時間がない。では、車で山上まで登れる飛の山城(岡屋城)に。

0303_IMG_4755.jpg

むかし、水道施設(いまはない)の建設時に山上は大きく改変され、山城の範囲を特定するのは難しい状態。南斜面側に曲輪と切岸と思しき地形があり、山麓にある御堂は館跡ともいわれるが、城主であった渋谷氏の勢力を思えば小さな城であったことは間違いない。いまとなっては、模糊としたものというしかない。 

posted by うさくま at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182605983

この記事へのトラックバック