2018年02月25日

綾部、由良川南岸で家紋探索

一週間の経つのは早い!あっという間の日曜日だ。
今日は、先日、訪問した大山の西尾家で拝見した「大山六景」を、一緒に訪問したKGさんが翻刻され、その最終版を預かった。
善は急げ!で、早速、プリントアウトしたものを西尾家に届けさせていただいた。

今日は相方と次女・孫ウーも一緒だったので長居はご遠慮し、はやばやと辞去した。とはいえ、せっかくでてきたのだから、綾部の和木町に行こうと無理を言って墓紋ウォッチ。

wagi_map.png

和木町は昨年の歴史イベントののち、和久氏の歴史、家紋などを尋ねたところ。
そのおりは、同行KTさんの骨折りで和久氏祖霊社、和久氏の墓地、和久氏本家の旧宅地という高台などを地元の和久さんに案内してもらったことが思い出される。
今回、改めて和木町を訪ねたのは、もっと和久さんの家紋を採取、和木町に多いという白波瀬さんの家紋を探索したかったのだった。あらかじめ調べておいた墓地を目当てに随岸寺をめざした。

IMG_2002.jpg

墓地を探し当てるのに手間取ったが、和久家「三つ引」、久後家「抱き茗荷」、荻野家「扇に日の丸」などの家紋を採取・ついで和戸成の白波瀬家の株墓地ではそろって「三つ引き」、松原の墓地では和久家「並び矢」、田中家「田の丸字」紋を採取した。

a28168310_1354838997955492_4653897418058867471_n.jpg b28276408_1354839117955480_895296812930103678_n.jpg
和久家: 隋岸寺近くの墓地は三つ引   松原で見つけたものは並び矢羽根

c28379141_1354839234622135_7343593076758444358_n.jpg d28167681_1354839657955426_5652420703104719527_n.jpg
白波瀬家はこぞって三つ引         松原の田中さんは田の丸字

想定していたように和久家の家紋を採取できなかったが、帰路につき、道々見つけた墓地にお邪魔した。
和木町となりの野田の東では、由良家「下り藤」、諏訪家「亀甲に梶葉」紋を採取、由良家は綾部を流れる由良川に由来するのであろう綾部地域に多い名字だ。これまでも諸所で出会ったが、藤紋は初見であった。

e28471585_1354840214622037_3009072723999600220_n.jpg f28276796_1354840197955372_7963609826664278172_n.jpg
由良家:下り藤、そのなかで軸が二股のものが一つ


つぎの墓地では白波瀬家「三つ引き」、朝子家「三つ柏」紋、朝子家は綾部市野田が発祥地といい、いわゆるドンピシャなものであったが、家紋はオーソドックスであった。

g28377655_1354840211288704_7361733507308486733_n.jpg h28168584_1354840287955363_2998587880579798209_n.jpg
朝子家 アサコさんと読むそうな。こぞって三つ柏紋、古墓は蕊が三本

まだまだ、道々に墓地めぐりをしたいところだが、同行者もいることだし、なにやら身体も重い。ここは欲張らず、まっすぐ自宅への道を急いだのだった。

IMG_2069.jpg

posted by うさくま at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182540942

この記事へのトラックバック