2017年12月19日

丹波ささやま おもしろ ゼミナール

今日は、篠山市公民館主催になる丹波ささやま おもしろ ゼミナール 最終講座「篠山中世武家と家紋めぐり」のガイド役で出動。
心配な天気はまずまず、篠山の歴史好きのみなさんと篠山西部に散在する中世武家ゆかりの地を訪ね歩いた。

25550120_1440290612736180_1763048410858752771_n.jpg


昨年の東部編が終わったのち、合間を見て篠山西部の中世武家、細見氏、中澤氏、酒井氏などの歴史、史跡を訪ね、いろいろな人に取材を重ねてきた。講師を務めるのは大変といえばキツイが、そこに至るまでの間、あれこれ調べたり、歴史に通じた方々の話を聞くのは実に楽しい。

hasedera.jpg

hongo.jpg

ということで、藤坂の中馬氏から本郷の細見氏、光秀が敗れた鼓峠古戦場、波多野氏が多紀郡の覇権を掌握した福徳貴寺合戦跡などをめぐったところで昼食、にわかに雪がちらつく寒さとなった。

25398690_1440536906044884_7475720553417029248_n.jpg

弁当を使ったあと、大山の中澤氏に関わる館跡、大山荘の地、中澤家旧居、中澤氏が明智光秀軍を迎え撃った大山城を巡る。

kyokan.jpg

itiindani.jpg


touno.jpg

その途中、雨が降り出したが、予定通りに酒井氏ゆかりの初田館跡、高仙寺、そして、当野に残る酒井一族の祖にあたる政親のものと伝わる五輪塔を訪ねたところで予定を恙無く終了。降り出した雨も晴れとなり、まずまずガイド役を果たすことができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさんと別れて帰宅すると
家系図学会の会誌が届いていた。みれば、はや18号。

25498469_1440542506044324_8923144905917179306_n.jpg

何をすることもないままに年月の経つのは「光陰矢の如し」、振り返れば「日暮れて道遠し」を実感することである。人生、自分の思い描くようにはいきません 。
posted by うさくま at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182388980

この記事へのトラックバック