2017年11月03日

綾部市山家で山城 & 家紋 歩き

快晴の朝、綾部市山家に遠征。かねてより綾部在住のKG氏からのお誘いを受けていたイベント「和久氏の山城登山会」への参加だ。
山家一万石の藩主・谷家の陣屋跡にある山家歴史資料館の新しい看板設置セレモニーにかかるイベントとして、甲ケ峰城跡登山と陣屋跡見学会が催されたのだ。

KG氏からは甲ケ峰城跡の簡単な城ガイドを求められていたのだったが、地元の方々の活躍もあってほとんど出る幕はなかった。その分、じっくり城跡をウォッチできた。城跡は先の台風の被害もなく、今日の見学会のため城跡整備された山家歴史の会を中心とした地元の皆様には感謝である。

23132014_1753868368017006_7613075478229233497_n.jpg

23167825_1753868361350340_116458936311976280_n.jpg

23131954_1753868548016988_8104597280089789493_n.jpg
主郭から西の腰曲輪を見る
23167595_1753868544683655_6848068004413065724_n.jpg
南帯曲輪を見る
23130576_1753868688016974_4317936284689109416_n.jpg
主郭を区画する段構え
23131966_1753868708016972_8874045163761083682_n.jpg
主郭と尾根を遮断する堀切
23172674_1753868711350305_7718185251248906630_n.jpg

照福寺跡へ移動

23172671_1753868794683630_565208966566565862_n.jpg
虎口
23130568_1753868814683628_5310543558193649245_n.jpg
東の土塁
23032394_1753868901350286_6969964023487664704_n.jpg
登り口に帰着

下山したのちは山家歴史資料館、いろいろな事情があるようで展示資料は貧弱感を否めない。寛政譜から転載したという谷家系譜、そこに記された綾部山家藩主・谷家の家紋、揚羽蝶は信長から、桐は秀吉からという豪華さ。本紋は佐々木氏流という家伝から四つ目結というが、圓餅(石持)がそもそもの家紋だったかも。なんだか、同じく佐々木氏流を称する黒田氏と似ているような。

23032328_1252728241499902_4850710037568783629_n.jpg

23032367_1252728128166580_381236649414101703_n.jpg

ついで、山家谷氏の菩提寺・覚応寺を訪問。かつて住職らの不祥事があって現在は無住だが、後方山麓に谷家歴代の墓所が残っている。いずれもそのままの自然岩、法号も事跡も全く書かれていない。まさに「空」であった。覚応寺は荒涼感が漂っているが、いまも谷家とは縁が続いているようで新しい谷家の墓が建立され「揚羽蝶」紋が打たれているのだった。

23031358_1252728291499897_6830536531901733163_n.jpg
谷家代々の墓、自然石に文字もない
23130860_1252728394833220_2413745631748662142_n.jpg
台座に揚羽蝶紋が彫られる

引きつづいて、明智光秀の討伐から逃れた甲ケ峰城主・和久左衛門佐の後裔を称する和久一族が暮らす谷を訪問、車一台がやっと通れる山道、隠れ谷といった佇まいの集落。和久一族(株内という)が祭祀を続ける祖霊社を訪ね、本流という和久氏の墓所で「丸に並び矢」紋を実見。

23131568_1252728424833217_4143175947662226685_n.jpg
夕闇の和久祖霊社
23031283_1252728601499866_4073847756457206735_n.jpg
和久氏の並び矢紋!
22894514_1252728634833196_5211221229911909691_n.jpg
和久氏本家があったという高台
23130769_1252728708166522_5293374218377652697_n.jpg
月が昇ってきた

さらに、和久本家の屋敷跡を訪ねたが雑草と夕暮れで探索終了。改めて出直し、ジックリ探索したいところだ。
posted by うさくま at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181477929

この記事へのトラックバック