2016年10月30日

長水まつりと五十波構、墓地をたどりつつ帰丹

昨晩、田舎に一泊し、朝から長水城まつりの会場に出かけた。
事前の情報で戦国倶楽部仲間のFさんが武者行列に参加するらしい、できればその勇姿を見てみようと思ったのだが会うことはできなかった。

IMG_8406.JPG

1030_tyozui02.jpg

まつりの会場は長水城主・宇野氏の五十波構の一角で、かねてより訪ねてみたかったところであった。

構跡に遺構を探してみたが、宍粟福祉法人さつき園の建物が一帯を占め、わずかに構跡の石碑が立つばかりであった。せっかくなので周囲を歩いてみると、後方の山上に長水城跡を控えた台地は天然の要害を感じさせる地勢であり、仔細に見ると曲輪状の平坦地も見えたような。

1030_tyozui01.jpg

1030_tyozui03.jpg

長水城まつりは今日が第一回目といい、全体に地域のまつりという感を否めない荒削りなものであった。正直、長水城の歴史、赤松宇野氏のことなどもチョッと薄いな〜と思わざるをえなかった。これから回を重ねていくのだろうが長水城と赤松宇野氏の歴史がもっともっと世に知られる「地域の戦国まつり」に育っていてほしいと願う。

相方が金谷集落に寄りたいところがあると言い、五十年前に通っていた山碕南小学校(当時は城原中学校)後方に位置する金谷集落に。相方が求めた家は臨んだところではなかったようで、すぐ近くにあった金谷山部l古墳に寄ってみると村墓地と同居していた。そこで、墓紋ウォッチをすると片山「三つ巴」、鶴崎「桔梗」、竹沢「違い矢羽根」、光岡「剣カタバミ」、大前「五三桐」、高井「三つ巴」など中学校の同級生だった彼ら彼女らの名字と家紋がズラリ、そうかこういう家紋だったんだ〜と、なんといおうか懐かしい気持ちを味わったことだった。

IMG_2123.jpg

IMG_2127.jpg

丹波へは高速は使わず地道を利用、道々に見つけた墓地に寄り道をする。夢前前之庄、ついで福崎大貫の墓地にお邪魔した。大貫では河島家の「三つ重ね鷹羽」、吉識家の「四方木瓜に巴」「三つ巴」「抱き沢瀉」、埴岡家の「三つ重ね鷹羽」「九曜」「五瓜に唐花」などの家紋、家々がなんとなく微妙な縁で重なり合っているような印象を受けたのであった。

IMG_2143.JPG

IMG_2149.JPG

篠山にたどり着いたところで、この前、チョッと立ち寄った未調査の墓地で家紋探索。園田株の墓地では定番の「三つ巴」、そして、波多野家の墓石には「丸に出十字」紋が刻まれていた。大沢集落の村墓地では、藤田家「三つ柏」、小林家「カタバミ」、岡本家「剣カタバミ」、そして源家がズバリ「笹竜胆」紋であった。

こうして、一泊二日の帰省の旅は、ほぼ墓地からみで終わった。お付き合いいただいた相方には相済まないことであった
posted by うさくま at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181129296

この記事へのトラックバック