2016年11月12日

駅からハイキングのガイドに出役

篠山観光協会がJRと連携して実施されている「丹波篠山 駅からハイキング」のガイドの一人として出役。
今日のハイキングは篠山北西部に位置する大山の里がフィールドとなる。
篠山口駅で参加者のみなさんをピックアップして、明治・昭和・平成の三世代のトンネルがある鐘が坂にバスで移動。地元の歴史グループの方お二人を道案内の先導役として明治のトンネルよりハイキングをスタート。

1112_WALK01.jpg
鐘ヶ坂、明治のトンネル
1112_WALK02.jpg

普段は鍵の掛かっているトンネルは氷上側の協力を得て、篠山から氷上までをウォーク。通り抜けたことで、このトンネルが篠山と氷上をつなぐ掛け替えのないルートだったことが実感される。
鐘が坂は氷上の柏原へ下る峠だが、ハイキングはすぐ東どなりに春日方面に下る亀割峠へと分け入った。山道はシッカリとしていて峠まで迷うことなく到着、峠にはこの山道の改修に力を尽くした人たちの名前を刻んだ石碑が残っている。この峠を下っていけば春日・国領温泉へ通じているそうだが氷上春日側には道らしきものは見えない。機会を見つけて、篠山側から春日側まで歩いてみたいものだがチョッと不安材料ではある。

1112_WALK03.jpg
亀割峠を登る
1112_WALK04.jpg

峠で思い思いに弁当を使ったのち、ゴールとなる高蔵寺へとハイキングというよりは山歩きを開始。高蔵寺への道は、案内役もしていただいている地元の皆さんが地元の村おこし活動で切り開かれたそうだ。たしかに、山道としては未成熟な状態で、気を抜けば滑り落ちそうな所もあった。

1112_WALK05.jpg
高蔵寺への新たなルート
1112_WALK06.jpg
高蔵寺の旧跡

これから、多くの人が利用されれれば山道としてシッカリしていくのだろうが、このコースを歩く人は少ないのではなかろうか。そんなことを考えつつ黒頭峰の中腹を過ぎ、夏栗山へのルートを経て、高蔵山の旧跡であろう数段の平坦地で一休み。そこから高蔵山までは細尾根を下っていくことになったが、こちらも山道としては分かりにくい状態にあった。
ドキドキするところもあったが、無事、高蔵寺の登り口に到着できた。振り返ってみて高蔵寺側からのルートは初心者には分かりにくいのではなかろうか。ハイキングコースとするには、要所にカンバン設置が必須と思われた。

1112_WALK08.jpg
おりから紅葉が真っ盛り
1112_WALK09.jpg

ともあれ、鐘が坂から踏破してきた高蔵寺は折りから紅葉が真っ盛り、境内では紅葉祭りが行われていた。紅葉と祭りを楽しんだのち、参加者の皆さんはバスで帰っていかれ、今日のハイキングは無事に終了した。
今日のハイキングコース、悪くない山道だが、山歩きを楽しむにはチョッとリスキーなところも少なくなかった。今後、整備作業などが進められるのであれば参加させていただきたい。 

IMG_2363.JPG
天台宗のユルキャラくんと記念撮影


posted by うさくま at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181126610

この記事へのトラックバック