2017年03月18日

早春の丹波金山城に同僚と登る

今日は快晴。かねて予定していた職場の仲間と丹波金山城に登山。
朝、TY子さんが家族ともども迎えに来てくれはり、柏原から参加するSY子さんとの待ち合わせ場所大山の追手神社に向かった。追手神社は山野草の撮影ポイントとしって知られたところで、境内を散策したところユキワリイチゲが、わずかに咲き残っていた。

さて、全員そろったところで、追入神社側の登り口より金山を目指して登山をスタート。まず、誰が付けたのか「パワーツリー」を撫でなでし、赤坂観音で行程の無事を祈って、尾根筋に通じる山道を登っていった。

0318_IMG_7606.jpg

尾根筋からは緩やかな登りとなり、途中、地元の方の手入れになるビュースポットより大山の里から遠く八上城の眺望を楽しむ。山腹のお寺跡で一服し、金山城跡へと踏み込んだ。思えば、金山城跡は、もう何回めの登山だろう?

0318_07.jpg

今日のメンバーは山歩きが目的だが、山城である金山跡のガイドをやらせていただきながら、名勝・鬼の架橋に到着。ここで、記念撮影をし、岩山に登ったりして、いよいよ山頂に残る金山城跡に攻め込んだ。おりから天気がよいこともあって、北に黒井城跡、東に夏栗山・黒頭峰・三尾山、その向うに御岳が見える。南には篠山盆地と八上城が一望であった。

0318_IMG_7630.jpg

0318_04.jpg

0318_03.jpg

眺望を楽しんだのち、ワイワイがやがやと弁当を使う。一休みしたのち、せっかくなので城址を案内。石垣跡をじかに見い、虎口や切岸といった曲輪のことなどを話したが、面白かったかどうかは分からない。

0318_01.jpg

0318_05.jpg

下りは大乗寺コースを休みやすみしながらたどり、全員、怪我することもなく無事下山できた。いつも、山城登りはせわしなく展開するが、こういう緩〜い山城登山(山登りだが)も悪くない。

posted by うさくま at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181059830

この記事へのトラックバック