2017年09月11日

映画撮影の立会に臨む

篠山城跡より周囲を見回すと山と田圃ばかりという田舎ぶり。
その環境を立地とした大書院と篠山城跡は
時代映画ロケの最適地として映画撮影に利用されることが多い。

image4.JPG

image5.JPG

これまでも映画「火天の城」「超高速参勤交代」や
テレビ時代劇「女信長」「信長のシェフ」などなどのロケ地となった。
そんな篠山城大書院で新しい映画の撮影が行われ
館管理・事務方スタッフの一人として撮影の立会いに任じた。
ミッションは無垢材を多用した建物、襖や屏風などに描かれた絵画を
撮影中の不注意などによる損傷から守ること。

image6.JPG

映画の内容は守秘義務もあって明かせないが
監督はじめスタッフの皆さんは行儀のよい方ばかりで
予定されていた時間内に撮影終了、ミッションも無事終えることができた。
あとで、調べてみると来年封切りされる話題作のようで
今日の撮影シーンがどのように映画の中で生きるのか、楽しみだ。
posted by うさくま at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180991133

この記事へのトラックバック